ヒューマンドラマ

足掻く【2巻ネタバレ】真面目な苦学生が堕ちるまでの過程が生々しい!

足掻く(2巻)

菊池直恵先生が描く漫画「足掻く」2巻

真面目な苦学生かと思っていたヒロインのミワ。彼女は生活の為に売りをしている事が判明。2巻ではミワがそこに至るまでの内容が詳細に明かされていきます。

夢を持ち、上京してきたミワですが現実はそう甘くなかった…。生活破綻が目の前に迫っていると感じた時、ミワは稼ぐ為に水商売に手を出していきます。そこから徐々に堕ちていくミワ。

彼女の苦悩や葛藤が強く明かされていきます!

まずは試し読み!

漫画「足掻く」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・試し読みあり!

漫画「足掻く」を今すぐ試し読みする

足掻く(1巻)
足掻く【1巻ネタバレ】苦学生の闇が描かれる菊池直恵の最新作!

漫画「足掻く」は「堕ちる」を描いた菊池直恵先生の新作漫画。 前作がエリート検察官でありながら売春婦の顔を持つ女性が描かれた内容。そして今作は苦学生や隠れ貧困をテーマにした女子大生の苦悩や葛藤が描かれて ...

足掻く【2巻ネタバレ】

足掻く(2巻)

場面はミワの高校時代。
担任教師に進路希望を伝えていくミワ。将来は本に関わる仕事に就きたい彼女。東京の大学を希望していく。

『そうなると一人暮らしになるわね…大丈夫?』

『はい!』

イキイキした表情ではっきりと返事をするミワ。教師もミワの成績なら希望大学も問題ないだろうと伝えていく。

『ごめんね、ミワ…学費は出せない…大学が諦めて』

母親に進路について相談。意外な返答に硬直するミワ。父親はある程度、給料の良い会社に勤めていたはず…。理由を尋ねてみる。実は両親はミワに隠していた事があった。

父は2年前にトラブルを起こして給料の良かった会社を辞めていた。再就職はしているが良かった時の3分の1程度にまで収入は減っていた。そして弟の高校進学もあるのでミワの大学資金はないと伝える母親。

泣いて詫びる母。

『奨学金で行く!』

親に迷惑をかけない事を条件にミワは奨学金で現在の大学に通っていく。そして状況。バイトも始めて大学で勉強。空いた時間はバイト生活を繰り返すミワ。しかし、現実を知る。

授業以外できるだけアルバイトをしても生活があと5万円は足りないのだ…。このままで直ぐに通帳にある30万円の預金が無くなってしまうと感じたミワ。

何とか後、5万円を稼ぐ為にキャバクラでアルバイトをしていく事へ。これで何とか月15万円を稼いでギリギリの生活が出来るミワ。しかし、就活を始めたらバイト出来る時間はない…。預金していく事を決心するが…。

週末深夜までバイトして生活リズムを崩すと週明けは体調不良になってしまうミワ。自分に水商売は向いていないと判断。どうやれば稼げるのか考えていると…。

『大丈夫?具合悪そうだけど…』

リョースケがミワの顔色を心配して声をかけてくる。二人の出会いがこれがキッカケであった。起こしてくれた事に感謝するミワ。バイトが忙しい事を漏らすと…。

『君も奨学金もらってる?』

実は同じ境遇だった二人。
苦学生あるあるを話題にして会話が盛り上がっていく。リョースケは平日は塾講師。週末は警備員や深夜バイトをしてギリギリの生活をしていた。

周りには効率良く稼ぐ為に風俗やキャッチをやってトラブルに巻き込まれている人もいると苦学生の裏事情を明かしていくリョースケ。

そんなこんなで自己紹介もして親交を深めていく二人。同時にミワの中で新しいバイトのカテゴリが脳内に浮かんでいく。その後、お金の工面が必要なミワは全身マッサージの風俗バイトを始めていく。

預金も出来てお金にも余裕ができるがミワにとってマッサージバイトの仕事は『気持ち悪い』の一言であった。

その後も大学のキャンパスではリョースケと会って仲を深めるミワ。

マッサージバイトを続けていると1話で登場した眼鏡サラリーマンがミワのマッサージ店に訪れる。そして彼はマッサージ以上のお触りを強要。その分、お金の上乗せはすると伝えていく。

『…いくらくれますか?』

自分の体を売り物にしたミワ。
バイトが終わると声が聞きたくなったのでリョースケに連絡をする。その後、急いでリョースケがミワのもとに駆け付けてくる。バイトも休みを入れていた。

ミワを心配するリョースケ。
彼女は平静を装っているが涙と鼻水が流れ落ちていたのだ。そんなミワを見て抱きしめるリョースケ。

『好きな子が泣いているのにほっとけない』

これがキッカケで二人は愛し合って交際へと発展していく。

ただ、マッサージバイトは生活の為に辞める事ができないミワ。そんな中で眼鏡サラリーマンから提案が入る。お店ではなく個人的に会ってプレイをしたいと申し出る眼鏡リーマン。

月2回前後で1回4万。オプションつけたら+1万円を払うと言う眼鏡リーマン。

『どう、これはビジネスの話だよ?』

ミワは眼鏡リーマンに源氏名を告げていく。そして契約承諾。

ミワの心の中が解放されていく。

マッサージはやめられる。
時間に余裕も出来る。
預金も出来る。

お金の心配をしないで勉強できる…ここで第2話は終了。

足掻く【2巻の感想】

足掻く(2巻)

勉強と生活の中で苦しく足掻くミワが描かれる第2巻。彼女の裏の顔が出来るあがるまでの過程が妙に生々しくてドキドキしながら読み進めていきました。

彼女は今の生活で無事に大学を卒業できるのか…。リョースケにバレる事はないのか…。人間の他人に知られたくない黒い部分が見事に描かれていくお勧めの漫画。

興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡

この漫画をチェック!

足掻く(1巻)

漫画「足掻く」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストア検索窓にて「足掻く」と入力して絞り込み検索すると素早く作品を表示して見つけやすいです。

-ヒューマンドラマ

© 2020 スマ漫