ラブストーリー ラブコメ

よふかしのうた【1巻ネタバレ】中学生が吸血鬼に恋する物語!

よふかしのうた

漫画「よふかしのうた」は「だがしかし」を描いたコトヤマ先生の新作漫画。中学2年生の夜守コウと吸血鬼である七草ナズナの恋模様を描く作品だ。

あらすじにある通り、眠れない夜を過ごす全ての人に読んでほしい真夜中系ボーイミーツガール物語!

読んでいて夜の気持ちよさが伝わって来る。そして夜ふかしの楽しさを再認識させられる漫画。吸血鬼との夜遊びを体験したいと本当に思ってしまう自分がいました!

ラブストーリー系漫画好きなら読んでおいて損しない究極のラブストーリー開幕です!

まずは試し読み!

漫画「よふかしのうた」は電子書籍ストア「BookLive」で取り扱い・試し読みあり!

漫画「よふかしのうた」を今すぐ試し読みする

よふかしのうた【1巻ネタバレ】

よふかしのうた

主人公である中学2年生の夜守コウは初めて夜に誰にも言わずに外に出ていく。誰もいない気持ちの良い夜に興奮していくコウ。彼の眠れなくなった原因が明かされていく。

表面上は全て良好だったコウ。
ある日、女子生徒から告白される。恋愛に興味のなかったコウは振る。その後、女子の友人達からよくある『なんでフッたの?泣いてたよ』攻撃を受けていくコウ。

翌日を境に何もかもが嫌になって彼は学校に行くことを辞め、夜も眠れなくなっていた。

夜の街を歩くと自販機と遭遇。ジュースを買うつもりが指先は好奇心でお酒に向かっていく。

『あ、お酒買ってる、いいなぁ…あれぇ、君いくつ?』

背後から謎の女性が現れる。
名前は後々判明していくがこの女性がヒロインとなる七草ナズナである。

お酒を飲んだ訳でもないが深夜に中学生が一人歩いている事に罪悪感を感じたのか…ナズナに声をかけられてヤバいと感じて逃げていくコウ。逃さないナズナ。

『お前…眠れないんじゃないか?』

助けてやろうと語るナズナ。夜の街を練り歩き、酔っぱらいとフレンドリーになりながら夜だ、自由の時間だ、自分を解放させろと伝えていく。コウも少し自分を解放していく。

そしてナズナから自宅に誘われていく。
雑居ビルの704号室に辿り着く二人。ここがナズナの部屋であった。あがるとリビングに布団が一枚。上着を脱ぐと水着のような格好をしているナズナ。

今から一緒に寝ようと伝えていく。
中学生がいきなり大人の女性と布団で二人きりである。ドキドキして今までにない気持ちを感じていくコウ。取り敢えず寝たフリをしてみる。

ナズナが本性を現していく。
コウの首元を噛んで血を吸うナズナ。

『な…なんだこいつ…めちゃくちゃ美味い…』

起き上がってナズナの行動の真意を尋ねるコウ。

吸血鬼に恋しようと企む中学生!?

色々と端折るがナズナは人間ではなかった吸血鬼だったのだ。

で、コウは素朴な疑問をナズナに聞いていく。吸血鬼に噛まれたから吸血鬼にならないのかと…。吸血鬼あるあるだ。しかし、コウは吸血鬼になっていなかった。

吸血鬼の事情を語っていくナズナ。

吸血は食事であり、その度に家族が増えるようなシステムではないときっぱり。ただ、人が吸血鬼になる方法はあると伝えていくナズナ。

それは人が吸血鬼に恋することなのだ。

初めての夜、初めての体験で価値観が壊されていくコウ。ナズナの言葉が身に沁みていく。そして彼は決心する。

『頼みがあります…俺を吸血鬼にしてください』

コウはナズナに恋できるように頑張ると伝えていく。一方、ナズナもコウにお願いをしていく。血をまた吸わせて欲しいと。どうやらコウの血は本当に絶品らしい。

初めての夜はここでお開き。目標ができて清々しい表情で自宅に帰っていくコウ。

主人公唯一の友達登場!?

ナズナと出会ってから夜、外に出ては合流して夜を満喫していくコウ。

ビルからスカイダイブしたり、腕時計型トランシーバーでナズナと一緒に夜遊びを謳歌していく。そんなトランシーバー遊びをしていて朝4時。

コウの名前を呼ぶ人物が現れる。
朝井アキラである。コウの幼馴染的存在の女子高生だ。彼女は訳あってコウのトランシーバーを一台持っていた。色々な勘違いが重なりつつ、朝4時に再会を果たす二人。

アキラはずっとコウを心配していたと語る。理由は友達だからである。コウはアキラを友達と認識していなかったがアキラはコウを友達と認識。ややこしい人間模様だが仲を深めていく二人。

ちなみにアキラが朝4時に制服で外にいるのは理由があった。

彼女の朝4時は朝なのだ。そして朝4時に家を出て散歩しながら学校へ向かうのが彼女の日課であった。『明日もこの時間に会える?』アキラから誘われるコウ。

その後、ナズナに今回の出来事を伝えていく。

『俺…友達がいたみたいです…一人』

『………すっくな…』

そんなやり取りをしつつ、翌日…ナズナ、アキラ、コウの3人は朝から喫茶店へ。ここに来る前にナズナは自分の正体を暴露していた。喫茶店での会話は学校の話になっていく。

『夜守…私と一緒に学校行こうよ』

ナズナはアキラにも興味を持ち始めていく。同時に怒ったような風合いでコウ達を置いて先に喫茶店を出ていくナズナ。コウも喫茶店を出てナズナを追いかける。

『気が乗らねーや、今日は帰る』

怒ってる、怒ってないで口論していく二人。しびれを切らしたナズナは超身体能力を見せつけてコウから離れていく。何に怒っているのか聞き出したいコウ。ナズナを追いかけていく。

行けども見つからず、トランシーバーで連絡を取るコウ。普通に応答してくれるナズナ。コウは何故怒っているのか尋ねていく。

『俺…あんまり人と喧嘩とかしたことないから本当にわからないんだ…なんで怒ってるのか』

コウの前に姿を現すナズナ。
怒っているのではなく、ムカついていると伝える。その理由はアキラが『学校行こう』と誘ってきたのに即答できなかったコウにムカついていた。

あの時、即答できず言い淀んでいた理由を明かすコウ。ようやく納得するナズナ。そしてコウが口の中を切っている事に気づく。

『あらら…いっぱい出たね♡』

そういってナズナはコウにキスしながら口の中の血を吸い上げていく。『また明日、友達』去っていくナズナ。震えるコウ。友達は…チューとかしませんけど…とボヤく。

ここで1巻は終了である。

よふかしのうた【1巻の感想】

よふかしのうた

個人的に凄く雰囲気が好きな漫画である。初めて夜の外に出た時の気持ち良さ、開放感と言うのは共感できたポイントである。懐かしさを感じた。

簡単に言えばこの漫画は主人公である夜守コウが吸血鬼である七草ナズナに恋をする物語である。恋愛感情の起伏が乏しいコウだが、吸血鬼になる為にナズナに恋する事が出来るのか…。

コウの感じる「夜」が凄く共感できてしまうのでグイグイと引き込まれた漫画である。学生や眠れいない夜、夜ふかししたい時に読んでもらたい漫画。

読んでいるだけでドキドキと懐かしい感覚を思い出させてくれました☆彡興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね!

この漫画をチェック!

よふかしのうた

漫画「よふかしのうた」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱い有りです!

今すぐ試し読みする

-ラブストーリー, ラブコメ

© 2020 スマ漫