ヒューマンドラマ

足掻く【5巻ネタバレ】謎だった二人組のベールが明かされていく!?

足掻く(5巻)

菊池直恵先生が描くヒューマンドラマ漫画「足掻く」最新刊となる第5巻が登場。今回は1巻~4巻でメインキャラであった山中ミワを助けた謎の二人組の男にスポットライトが当たっていきます。

漫画「足掻く」はこの謎の男二人組から見た貧困、苦学生などを描き出す作品。

今回でベールに包まれていた二人の年齢や能力などが明らかになっていきます。何やら意味深過ぎる言葉の連続。二人の男は何を背負っているのか…。

より作品にハマってしまう展開の連続となっていますよ☆彡

まずは試し読み!

漫画「足掻く」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・試し読みあり!

漫画「足掻く」を今すぐ試し読みする

足搔く(4巻)
足掻く【4巻ネタバレ】露わになる最愛彼氏のクズゲスな人間の本性!?

菊池直恵先生が描く漫画「足掻く」第4話。 今回でミワをメインにした物語に一つの終止符が打たれる形になる。最愛の彼氏であるリョースケにウリを見られてしまったミワ。絶望の中、彼女を救ったのは謎の二人組であ ...

足掻く【5巻ネタバレ】

足掻く(5巻)

ある中学校での一幕。
先生達は急いで救急車へ連絡。事情を説明していく。学校の屋上から人が飛び降りていた。そして飛び降りた人間の下敷きになったのが学校の生徒だと説明する一人の教師。

場面転換されていく。
パチンコ店から出てくる一人の男。以降はこの男をパチンカス男と名付けていく。

『おかしい…こんなはずじゃなかった…今日こそ勝てるはずだったのに…』

青ざめた表情をするパチンカス男。あと千円あれば絶対に勝てていた…などと一人呟いていく。そして彼の悲惨な現状が明らかになる。

親とは縁を切っている。友達は皆無。どこからいくら借りているのかわからない状態。冷静になって自分の立場を察したパチンカス男。

『ヤバイ…ヤバイ…ヤバイ…ヤバイ!』

この状況でも男の脳内ではパチンコで買ってお金を取り返すといった事しか浮かんでこなかった。そして自宅に帰って探せば千円くらいは見つかるはず。

そう考えて自宅へ戻るが外には借金取りらしき二人組の男が家の前で待ち伏せしていた。

『もうダメだ…終わった…俺の人生…』

自分の人生を振り返っていくパチンカス男。すると中学校が目に止まる。中学校時代の事を思い出していくパチンカス男。

今の人生になった要因は中学校にあると振り返っていく。全部、中学校のせいだ…そう決めつけた男。脳内で学生に巻き添えを食らわせる考えが浮かんでいく。

自殺してグチャグチャになった死体を見たヤツはショックで学校に来れなくなるはず…。そんな馬鹿な事を考えて実行しようとするパチンカス男。

『あの、これ落としましたよ』

男の前に現れたのは帽子を深く被った男。帽子男である。彼はロト7の抽選券をパチンカス男に渡そうとするが最初は宝くじの抽選券だとは知らず、自分のではないと否定するパチンカス男。

しかし、ロト7だと知った瞬間に食らいつく。
そして自分が落とした抽選券だと偽って帽子男から券を奪っていく。

ひと仕事終えた…そんな具合で深呼吸する帽子男。目を見遣る方向にいいねサインを出していく。その先には帽子男の相棒である背の低い男性がいた。彼が中学生であった事が判明する。

そして午後3時過ぎ。
下校時間となってアパートの一室に辿り着く少年。部屋に入ると帽子男が待ち構えていた。パチンカス男の件でお礼を述べる少年。

帽子男は授業をサボってパチンカス男と対峙したのだから、彼を助けた理由を教えて欲しいと伝える帽子男。

パチンカス男はあのままだと屋上から飛び降りていたと明かす少年。さらに飛び降りてもパチンカス男は死ななかったと説明。同じ学校の生徒が下敷きになって死ぬ運命だった事を明かす。

『この前の女の人みたいに見たくもないのに勝手にお前の頭に飛び込んでくるのは周り起こる死なんだろ?』

少年には人の死が見える予知能力があった。まだ名前が判明しないので予知少年と名付けていく。

予知少年はパチンカス男を助けた理由を2つ明かしていく。

1つは彼が飛び降りる事で屋上への出入りが自由に出来なくなってしまう。そして「あの人」なる人物に死なれたら困ると意味深な言葉を放つ予知少年。

取り敢えずパチンカス男を助けた理由に納得した帽子男。一度解散する事へ。帰る間際に週末の競馬で当たる万馬券を買っておいて欲しいとメモを渡す予知少年。

『他人に興味のないあいつが意図的に誰かを助けるなんて…しかもあの人なんて言い方…そいつがキーパーソンなのか?』

帽子男の方も何やら意味深な言葉を放っていく。そして部屋で一人佇む予知少年。

『いつになったら俺の前で取るのかな…帽子』

見えてきたようで見えない二人の不思議な関係性。ここで第5巻は終了。次巻へ続いていく。

足掻く【5巻の感想】

足掻く(5巻)

予知少年はまだ中学生。帽子男は馬券が買えるので二十歳以上。授業をサボった発言もあったので大学生である事は明白。

何故、中学生と大学生がつるんで死の間際の人間達に手を差し伸べていくのか…。何やら深い闇がありそうな二人。貧困や苦学生をテーマにした漫画「足掻く」である。

彼らも何かしらの問題を抱えているのか…。二人のストーリーラインも見え隠れしてより濃厚な漫画になってきました。今後、どんな人間が二人を待ち構えているのか…。

そして二人の目的、キーパーソンとは一体何なのか…これからも期待しかない漫画です。興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡

この漫画をチェック!

足掻く(1巻)

漫画「足掻く」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストア検索窓にて「足掻く」と入力して絞り込み検索すると素早く作品を表示して見つけやすいです。

-ヒューマンドラマ

© 2020 スマ漫