ヒューマンドラマ

親友は悪女【7巻ネタバレ】悪女の本領発揮で状況に変化が訪れる!?

親友は悪女

和田依子先生の描く親友ラブヒューマンドラマ漫画「親友は悪女」最新刊となる第7巻。ヒロインである真奈の働く会社に派遣社員として入社してきた悪女・姫乃。

彼女の目的は真奈の彼氏であるハイステータス男性・東雲を奪うこと。

姫乃の策略によって部署を異動させられる事になる真奈。また会社では男癖が悪いといったデマ情報を拡散されてしまう事態へ。

そして今回、姫乃のさらなる策略によって徐々に東雲は姫乃の印象が変わっていく事へ。東雲も悪女に騙されて橋井の二の舞になってしまうのか…。悪女の本領発揮といった具合になる注目巻となっています。

まずは試し読み!

漫画「親友は悪女」は電子書籍ストア「eBookJapan」で取扱・試し読みあり!

漫画「親友は悪女」を今すぐ試し読みする

親友は悪女
親友は悪女【6巻ネタバレ】デマ情報拡散で純情娘を追い詰めていく悪女!?

和田依子先生が描く漫画「親友は悪女」マイクロ版の第6巻。真奈の勤める会社に派遣社員として現れた姫乃。彼女の毒牙がジワジワと真奈に向けられていきます。 自分の手を汚さず、周りに悪い噂を流しては真奈を追い ...

親友は悪女【7巻ネタバレ】

親友は悪女

真奈が新たに配属された部署は以前と違って桁違いの忙しさを見せていきます。周りの同僚もテキパキと仕事をこなして昼食時には周りに溶け込めず、ぼっち状態になってしまう真奈。

昼食中は教育係である渋沢から伝えられた意味深な言葉の意味を考えていきます。

慣れない部署ながら一生懸命に頑張っていく真奈。休み時間になると東雲から連絡。幸せ一杯の連絡にて仕事にも精が出ていく真奈。

そして夜。
東雲は仕事も一段落して真奈をデートに誘おうかと考えていると残業に付き合っていた姫乃が東雲にコーヒーを差し出していきます。あざとい彼女の東雲攻略。

真奈を持ち上げつつ、自分はまだまだ…そんな少し遠慮がちな女性を演じていく姫乃。彼女も彼女なりに頑張っているので少しだけ姫乃に対する警戒が解かれていく東雲。

同級生を見下し男を虜にしていく悪女のテクニック

その後も真奈の代わりを勤めようと仕事をこなしていく姫乃。

そんな中、高校時代の同級生である本田が姫乃に声をかけていきます。ちなみに本田は姫乃の本性を知っている人物。

『どういう魂胆なのよ…会社にまで乗り込んできて何を企んでんの?』

本田は外面を見繕っていても自分はアンタの本性を知っていると姫乃に突っかかっていきます。必死でディスってくる本田に対して辛辣な一言で全てを無に返す姫乃。

『ごめんね…なにさんだっけ?』

本田のことを負け犬と称して名前さえ覚えていないと彼女を見下していく姫乃。また姫乃にオトされる男性は馬鹿だと言ってきた本田に対して姫乃は心の中で思います。

『男の人オトすのってすっごい大変なんだよ』

ここから悪女・姫乃が同部署の男性陣をオトしていくテクニックが披露されていきます。姫乃の計算高いテクニックによって自分は特別視されていると勘違いしていく男性社員達。

同時に彼女の真奈に対する嫉妬も描かれていきます。

母性をくすぐる悪女テクニックで印象に変化!?

社内会議。
熱意はあるが、いつもぶつかり合う御堂と柴山の2人。この2人を落ち着かせたのが姫乃。そして出過ぎた真似をしたことをリーダーである東雲に謝罪する姫乃。

同時に彼女は食事をしていなかった東雲におにぎりを手渡していきます。その後も密かに差し入れをして東雲の健康を気遣う素振りを見せていく姫乃。

これによって東雲が持つ彼女の印象にちょっとした変化が訪れていきます。同時に姫乃の東雲に対する戦略は人事部長から教えてもらった東雲の家庭環境をもとにプロファイリングして計画されていました。

一方で部署の雰囲気が変わっている事に気づいていく橋井。

橋井の部署にいる男性社員は全員が姫乃にオトされている男性達。姫乃から特別視されていると勘違いしている男性陣は異様な空気に包まれていました。

雰囲気はいいけど、どこかギスギスした状況に心のモヤがかかっていく橋井。『この部署ってこういう感じだったっけか!?』いち早く部署の変化に気づいていきます。

スマホの充電が切れてしまう事に違和感…

姫乃が真奈のスマホに盗聴アプリを仕掛けていた事が明かされていきます。同時に仕事が忙しくてプライベートが充実できていない状態の真奈。

そんな彼女を見下していき、東雲を奪う為、徐々に彼に近づいている事が明かされます。

一方、真奈はふらふらになりながら仕事を終えて帰宅。教育係である渋沢…仕事をしっかりと行う彼女に含みを持たせた表情をします。

そして帰路につく中、東雲の声を聞こうと連絡する真奈でしたが、すぐに充電がなくなってしまう事態へ。最近、使っていないのにスマホの充電が直ぐ無くなってしまう事に違和感を覚えていく真奈。

ここで第7巻は終了。次巻へ続きます。

親友は悪女【7巻の感想】

親友は悪女

東雲は姫乃にオトされないだろう…そう思っていましたが状況的にわからなくなってきました。男性の母性をくすぐる母親タイプのキャラで東雲にアタックしていく姫乃。

東雲も彼女に対する印象に変化が訪れていきます。

橋井に続いて東雲も姫乃に奪わてしまうのか…。彼女の本性を暴く人物は現れないのか…。ヒロインである真奈に窮地が訪れそうな状態となり先行きが不安。

東雲、真奈の関係がどう変化していくのか目が離せない展開となっています。興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡

この漫画をチェック!

親友は悪女

漫画「親友は悪女」は電子書籍ストア「eBookJapan」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

-ヒューマンドラマ

© 2020 スマ漫