ヒューマンドラマ

恋愛浪費症【3話ネタバレ】弱味を握ったはずが握り返されて逆マウンティングへ!?

恋愛浪費症

ほの香先生が描く新作漫画「恋愛浪費症」最新話となる第3話。元カノと今カノのマウント合戦が繰り広げられていく注目の作品。1話〜2話ではヒロインであるアカネが向井の今カノである柑夏を追い詰めていく状況になりましたが、今回は柑夏がアカネを追い詰めていく反撃を開始。

パパ活していて男にだらしない柑夏がどうしても向井に本気になったのか…彼女の心情なども明かされる注目の内容。

一人の男性を取り合う為、水面下で陰湿な攻防を繰り広げていく女2人。最終的にどちらに軍配があがっていくのか…今後の展開も期待で一杯の漫画。SNS系漫画が好きならチェックしておいて損はありません!

まずは試し読み!

漫画「恋愛浪費症」は電子書籍ストア「BookLive」で先行取扱い・試し読みあり!

漫画「恋愛浪費症」を今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「恋愛浪費症」と入力する事で作品を絞り込んで探しやすくなります。

恋愛浪費症
恋愛浪費症【1話〜2話ネタバレ】恋愛感情を無駄遣いする女のマウンティングストーリー!

漫画「恋愛浪費症」はほの香先生が描く作品。ほの香先生と言えば「SNSに凍てつく女たち」「SNSに暴かれる女たち」などで短編エピソードも描く実力派の漫画家さん。 今回の新作である「恋愛浪費症」もお得意の ...

恋愛浪費症【3話ネタバレ】

パパ活に勤しんでいる柑夏が何故、向井に本気の恋愛感情を示しているのか…その背景が明かされていきます。冒頭から柑夏と向井の出会いの回想シーンへ。

書店に足を運んでいた柑夏。
おばちゃんに本を探していた向井を書店員だと勘違いした柑夏は向井に欲しい本を探して欲しいと懇願。洋書扱いされており、お目当ての書籍を購入するのに20分も用いていました。

その後、書店から去ろうとすると柑夏は衝撃的事実を目の当たりにします。

レジ前に向井が本を購入しようと並んでいました。ここで自分の勘違いに気づく柑夏。向井は書店員ではなく、一般のお客さんだったのです。柑夏が見ている事に気がついた向井。

『本見つかって良かったですね』

ニッコリと彼女へ微笑んでいきます。そんな柑夏の向井との出会いが明かされていきます。今までの見せかけだけの薄っぺらい男とは違う本当に優しい男性であった向井に惚れ込んでいく柑夏。

人生で初めて自分から告白して交際に発展した事が明かされていきます。パパ活していても気持ちは向井にあって、彼の事が本当に好きな柑夏。心の中で「絶対別れたくない…」そんな気持ちが強く芽生えていきます。

そして脳裏に浮かぶアカネの表情。

『あの女…絶対に許さない!』

今カノからの反撃スタート!?

一方、柑夏の秘密を掴んで弱味を握って脅して気分は上々なアカネ。

いつもの日常通りにSNSで向井のアカウントをチェック。一人分のご飯の投稿しかしていなかったのでニッコリ。さらに最近は柑夏と出会っていない事も掴んでいるアカネ。

嬉々としていきます。

そんな中、営業の川本といった男性社員から会社のスマホをクライアント先に忘れてしまったので取りに行って欲しいとお願いされるアカネ。仕方なく取りに行き、会社へ帰路につくなか、思い出深い並木道に差し掛かっていきます。

『ここは向井君の家のすぐ近くだ…』

近づくのはダメだと思いながらも向井と交際していた当時の記憶が蘇って向井のマンション前まで来てしまうアカネ。そして向井との思い出が色濃く脳内再生。

『やっぱりあなたともう一度やり直したい…』

彼への気持ちが溢れ出る中、一通のメッセージを受け取るアカネ。相手は柑夏でした。そして指定されたお店へ到着。対面していく今カノと元カノ。

マウントを取り合うジャブを仕掛けていく柑夏。呼応してジャブで返していくアカネ。ピリピリとした雰囲気が醸し出されていきます。そしてはっきりと向井との関係に対して口火を切っていくアカネ。

『ハッキリ言って向井君にはあなたみたいな女相応しくないの』

ペラペラと嫌味を放っていくアカネ。
呆然とアカネの話を聞きつつ、クスっと笑う仕草をする柑夏。この態度が気に食わなかったアカネ。声を大きくしてさらに柑夏に対して口撃していきます。

どんどん熱くなって声を荒げていくアカネ。
周りがざわつく程、アカネは他人の迷惑になっていました。レストランはアカネを白い目で見る空気に…。ここで嘘泣きしていた柑夏が本性を見せていく事へ。

『上田さんみたいな地味女とキレイな私…世間のみんなはどちらを信じれるでしょうね?』

鞄からスマホを取り出して、アカネの会話を全て録音していた柑夏。脅し文句を向井に聞かせると逆にアカネを脅していく事へ。彼女に嵌められた事を察知するアカネ。

そして最後にアカネの心をへし折ろうとする言葉が放たれていきます。

『翔太は別れた女のことはなんとも思っていない…』

『でも上田さんは違うでしょ…翔太に愛されていないのに嫌われたくないんでしょ…本当、めんどくさい女』

アカネに辛辣な言葉を投げかけていく柑夏。一夜にした対等…いや、それ以上のマウント返しに成功していく柑夏。ここで第3話は終了。次巻へ続きます。

恋愛浪費症【3話の感想】

恋愛浪費症

弱味を握られている状況から一転、彼女を誘い込んで逆に彼女のボロを出して弱味を握る事に成功していく柑夏。これで対等な立場に立たれてしまったアカネ。

対等と言うより、現彼女の方が信用も信頼も上だろうから、完全なマウント返しされた状態になりましたね(笑)

2人の恋愛マウンティングストーリーはどちらに軍配があがるのか…。今後の展開も楽しみで追いかけていきたい漫画。恋愛×SNS×マウンティングの要素があり、ピンと来た人は絶対にハマれる作品です。是非☆彡

この漫画をチェック!

恋愛浪費症

漫画「恋愛浪費症」は電子書籍ストア「BookLive」にて先行取扱い・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「恋愛浪費症」と入力する事で作品を絞り込んで探しやすくなります。

-ヒューマンドラマ

Copyright© スマ漫 , 2020 All Rights Reserved.