ヒューマンドラマ ラブストーリー

恋愛浪費症【7話ネタバレ】水面下で動く元カノの策略!?

恋愛浪費症

ほの香先生が漫画「恋愛浪費症」最新話となる第7話が到着。

今回は向井翔太の元カノであるアカネが今カノであるカンナを陥れる為に水面下で動いている事が描かれていきます。

SNSを上手く利用して翔太がカンナの事を嫌いになるように仕向けようとしていくアカネ。

果たして彼女の作戦は上手くいくのか…。このままアカネの思う壺になってしまうのか…。早速、最新話の内容を見ていきましょう。

まずは試し読み!

恋愛浪費症

漫画「恋愛浪費症」は電子書籍ストア「BookLive」で先行取扱い・試し読みあり!

漫画「恋愛浪費症」を今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「恋愛浪費症」と入力する事で作品を絞り込んで探しやすくなります。

恋愛浪費症
恋愛浪費症【6話ネタバレ】元彼を奪うため暗躍する元カノ!

ほの香先生が描くヒューマンラブストーリー漫画「恋愛浪費症」最新話となる第6話をご紹介。 向井君の今カノであるカンナから彼を奪い取る決心を固めていくアカネ。カンナを疑心暗鬼に追い込む為、飲み会を利用して ...

恋愛浪費症【7話ネタバレ】

アカネの策略によってカンナは彼氏である翔太が「あの女(アカネのこと)」と一緒にいたと勘違いをしていく事へ。

真相を確かめたいカンナ。

スマホのパスコードが指紋認証だったので寝ている翔太に近づき、スマホのロックを解除しようと試みます。

すると寝ぼけ眼状態で起き上がる翔太。スマホを持っているカンナがアカネに見えてしまい過去のトラウマがフラッシュバック。

『頼むもうやめてくれ!勝手に人のスマホを見るのは…!』

今まで見せた事のない翔太の顔に驚くカンナ。一方、目が覚めた翔太はハッと我に返って寝ぼけていた事を謝罪。

昔の事を思い出してしまったと告げる翔太。一方、カンナは翔太のスマホを充電しようと思ったと上手く回避。

翔太は安心してカンナを抱きしめていきます。

同時に先程の翔太の反応から推測するカンナ。『あれって前に誰かからスマホを見られてたってこと?』カンナの脳裏に浮かぶ人物は只一人、アカネでした。

翔太と愛を確かめ合いながら翔太からアカネに近付く事はないと確信を得ていくカンナ。ひとまず様子を見ていく事へ。

元カノの彼氏奪還作戦が開始されていく!?

翌日、会社で自分の不甲斐なさを反省していく翔太。

カンナの為にも翔太はアカネとは会わない方が良いといった結論に達していきます。彼女の為に飲み会やグループチャットも辞める決意を固めていく翔太。

そんな考えがあるとは知らずに翔太の事ばかりを思い浮かべていくアカネ。

『あなたに触れたい…あの頃みたいに…』

翔太と交際していた当時の余韻に浸るアカネ。そんな時、カンナからメッセージが届きます。それはアカネをブロックする旨が記載されたシステムメッセージでした。

カンナにブロックされる形となったアカネ。しかし、彼女にとってカンナの情報を調べるのに十分な時間であった事が明かされます。

『カンナさん、ブロッグ遅すぎ…』

カンナと相互フォローになった事で見えてきた彼女の交友関係や生活。彼女を陥れるには十分な情報がアカネのもとに集まっていたのです。

複数アカウントを利用して今カノを陥れていく!?

場面転換。
通う大学に気合いの入ったファッションで訪れるカンナ。友人達からは絶賛。皆が彼女と一緒に写真を撮ってSNSへ投稿していきます。

同時にカンナと関わりがある人間に同じアイコンで名前だけ変えたアカウントが出現してカンナの友人達をフォロー。

大学の友人、読モ仲間、元彼、パパ活相手など多方面にフォロー。

そのアカウントの運用者はアカネだったのです。複数のアカウントを利用してカンナと関わりがある人間全員に近づいていくアカネ。

『SNSって私みたいな地味で無力な女には最強の魔法』

アカネの目的は翔太がカンナの事を嫌いになるよう仕向ける事でした。ここで第7話は終了。

恋愛浪費症【7話の感想】

恋愛浪費症

水面下で行われる女同士の小競り合い。
意外とアカネとの交際が翔太のトラウマになっている感じがあるので、本当に振り向かす事ができるのか…。

また、このままカンナがやられっぱなしになるとは思えないので彼女の反撃もこれから見所になっていくと思いますね。

恋愛感情を無駄遣いする女達の恋愛マウンティングストーリー漫画。興味が出た人は是非、以下からチェックしてみてください☆彡

この漫画をチェック!

恋愛浪費症

漫画「恋愛浪費症」は電子書籍ストア「BookLive」にて先行取扱い・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「恋愛浪費症」と入力する事で作品を絞り込んで探しやすくなります。

-ヒューマンドラマ, ラブストーリー

© 2020 スマ漫