ラブストーリー サスペンス

狂愛ヤンデレラ【2巻ネタバレ】ヒロインの尖りまくった愛情がヤバ過ぎた!

狂愛ヤンデレラ(2巻)

沢市さとみ先生、吉沢はたろう先生のタッグで描かれるラブサス漫画「狂愛ヤンデレラ」結末を迎える第2巻。

2巻の収録は第4話〜6話。
そして八見レイラがどうして犯罪に手を染めてまで麻生と愛の夫婦関係を修復しようとしたのか…。また犯罪に手を染めるに至った驚愕の動機などが明かされていきます。

まさにタイトル通り狂った愛情が拝める内容になっています。正直、ヒロインの動機や目的を聞くと衝撃です。尖りまくった異常な愛情を是非、漫画で体験してみてください☆彡

まずは試し読み!

漫画「狂愛ヤンデレラ」は電子書籍ストア「eBookJapan」で取扱・試し読みあり!

漫画「狂愛ヤンデレラ」を今すぐ試し読みする

狂愛ヤンデレラ
狂愛ヤンデレラ【ネタバレ】危な過ぎる狂気の女が現れる!

狂愛ヤンデレラは原作:沢市さとみ先生、作画:吉沢はたろう先生のタッグで描かれるラブサスペンス漫画。全6話で完結する狂気のラブサス物語が繰り広げられる作品となっています。 主人公は仕事は順調で出世株でも ...

狂愛ヤンデレラ【2巻ネタバレ】

狂愛ヤンデレラ(2巻)

4話ネタバレ

自身の周辺で巻き起こる不可解な出来事について状況を整理していく麻生。

  • 妻・愛が通り魔にあう
  • 家に不審者が入る
  • 担当刑事が死ぬ
  • その全ての犯人が妻の友人であったトモちゃん

短期間に色々な事が起こりすぎて疲れてしまう麻生。するとレイラがやってきて、いつものように「お疲れ様チョコ」を手渡していく。チョコを食べた麻生は異様な眠気に襲われて眠ってしまう。

目が覚めると夜の9時過ぎ。
以前住んでいたマンションに荷物取りへ急いで向かう麻生。

マンションでは以前に死体を運んでいた男女4人グループがエントランスにたむろしていた。そんな中、妻である愛から連絡を受ける麻生。なんと愛は妊娠した事を告げていく。

その後、妊娠してから2人の周辺に起こっていた不穏さは消えていく。同時にレイラも会社を休むようになっていく。同僚から訳を聞くと相手は不明だが、レイラも妊娠しているとの事だった。

そんなある日、女刑事である服部に声をかけられる麻生。詳しい話を聞くと警察署に火災があった日、彼女は勝谷知美こと「トモちゃん」に会っていたと語る。

しかし、ニュースで報道された写真の勝谷知美と自分が会っていた勝谷知美はまったく顔が違かった事を麻生に打ち明けていく。さらに火災で死んだ遠山刑事は焼死する前に何者かに頭部を殴られている事が判明。

その傷は勝谷知美が河川敷で自殺を図った後の傷である事を明かしていく。つまり、火災の前に遠山は何者かに既に殺されていたと打ち明ける服部。

そして彼女が犯人ではないかと目星をつけていたのが八見レイラであった。

その後、会社の飲み会で久しくレイラとも再会していく麻生。特にレイラの様子に変わりなく。同僚の女性社員・舞に絡み酒されていく麻生。そんなウザ絡みする舞を介抱するのかと思い近づいていくレイラ…しかし、彼女は麻生に絡み酒している舞をボコボコにしていく。

その後、舞は入院。レイラはその日から会社へ来なくなる。何事もなく過ぎていく日常。麻生家には愛の友人から妊娠祝いだろうか…肉や野菜などが届けられてくる。

5話ネタバレ

以前に死体を運んでいた男女4人グループの背景や状況が明かされていく。4人はマンションの住人で大家が大金を隠している噂を聞いて金を奪おうとしていたのだ。

最初は4人グループの紅一点。女が大家を誘惑して金の在り処を聞き出そうとしたが、女は大家を殺してしまう。そして解体して処分する。その場面が1巻で記されていた一幕であった。

そして現在。
マンションで金を探している仲間から金銭が発見された事が伝えられるグループのリーダー的存在の男・優一。

マンションの探索班にはメガネ男と坊主のおっさん。
ここで坊主おっさんが裏切りをかましていく。金を独り占めする為にメガネ男に凶器を向けていく。ちなみにグループの女は既に殺したらしい。

場面は暗転。
反撃を受けてメガネ男に殺される事になる坊主おっさん。メガネ男は優一を呼び出して金と死体の処理を進めようとしていく。そんなマンションに丁度よく捜査に訪れていたのが服部。管理人室から血が流れてきているのを察知して現場を抑えようとしていく。

しかし、遅れてやってきた優一に捕獲される服部刑事。

入れ違いで麻生がマンションへ到着。部屋に向かっていく。優一達は服部刑事を殺害。その際、服部がレイラの写真を持っていた事に驚愕する。一方、麻生。借りている部屋の照明がついており、部屋にあがるとレイラが料理を作って待っていた。

レイラが全ての犯人だと確信を得ていく麻生。
認めた上で動機を明かしていくレイラ。彼女の殺害の動機は全て麻生や愛にあった。2人を侮辱したり、不愉快にさせた人間を殺していたのだ。

レイラに自主をしろと促す麻生。
しかし、レイラはまだやる事があるといって拒絶。一方、優一とメガネ男。どうやら優一は後でレイラと合流する予定の模様。その時にレイラも殺ってしまおうと計画していく。

6話ネタバレ

麻生をねじ伏せてどこかへ向かっていくレイラ。
屋上へ向かうレイラであったが屋上は閉じられていた。再び追いついて自主を促していく麻生。しかし、レイラはお腹が痛くて限界であると体をよろめかせていく。

彼女が妊娠している事を同僚から聞いていた麻生。

同情して気を緩めてしまう。その隙に麻生の携帯を奪って破壊するレイラ。次に彼女は麻生にキスをしていく。そして彼の前から姿を消していく。

レイラの向かった場所は優一達がいる管理人室。

『最後のお願いきいてほしいの…私を殺して』

数ヶ月が経過。
無事に麻生と愛の子供が産まれていく。その様子を監視していたメガネ男。優一へ連絡をかけていく。麻生はマンションへ戻ると一つのダンボールを見つける。

中身は黒いビニールと一冊のノート。
ノートにはレイラから麻生に向けてのメッセージが記されていた。ここに彼女の計画が全て記されており、衝撃を受けていく麻生。レイラの目的は…。

『私があなたの子供になって愛される事』であった。

意味がわからないと思うが、レイラは相当頭のネジが飛んでいる(笑)実は愛の友人として送られてきた野菜ジュースやお肉は自分の血と体の肉である事が記されていた。

それを愛が食べればお腹の子の栄養になる=お腹の子はレイラ自身になる…と訳のわからない解釈をしていた生前のレイラ。

普通であれば気味悪がるはずだが、涙を流していく麻生。黒いビニール袋にはレイラの片足が入っていた。そして愛に連絡をして生まれた子供の名前を命名していく麻生。

場面は数年後。
公園で優一に絡む一人の少女。その少女は『パパはレイラの王子様なの』と優一に告げていく。その姿はレイラそっくりの少女であった。これにて狂愛ヤンデレラは終わりとなる。

狂愛ヤンデレラ【2巻の感想】

狂愛ヤンデレラ(2巻)

荒削りでツッコミどころ満載な部分もあるが狂愛といった狂った愛情の怖さを痛感する事は出来た作品。とにかくヒロインである八見レイラが狂気である。

好きな人に世界で一番愛される為に好きな人の子供として転生する事がレイラの目的であった今作。その為に子を産む母親には自身の血や肉を食わせるといった狂気である。

漫画の設定だからこそ笑えるがリアルでレイラのような人間がいたら…衝撃で口が塞がらない状態になるであろう(笑)

是非、一人の女性の狂った愛情によるラブサスペンスを楽しみたい人は読んでもらいたい漫画。2巻完結なのでサクサクと読めるのも魅力になっています☆彡

この漫画をチェック!

狂愛ヤンデレラ

漫画「狂愛ヤンデレラ」は電子書籍ストア「eBookJapan」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

-ラブストーリー, サスペンス

© 2020 スマ漫