ラブストーリー サスペンス

狂愛ヤンデレラ【ネタバレ】危な過ぎる狂気の女が現れる!

狂愛ヤンデレラ

狂愛ヤンデレラは原作:沢市さとみ先生、作画:吉沢はたろう先生のタッグで描かれるラブサスペンス漫画。全6話で完結する狂気のラブサス物語が繰り広げられる作品となっています。

主人公は仕事は順調で出世株でもある麻生俊。しかし、彼の家庭環境は離婚寸前。妻である愛とは喧嘩が絶えず夫婦関係は完全に冷え切っている状態。そんな時、会社の美人新入社員である八見レイラと距離を近づけていく事になります。

レイラと出会ってから麻生は周辺で不可解な事件が巻き起こっている事を感知。レイラの狂愛に読者は衝撃と狂気を感じる事間違いなしのラブサスペンス漫画に仕上がっています。

まずは試し読み!

漫画「狂愛ヤンデレラ」は電子書籍ストア「eBookJapan」で取扱・試し読みあり!

漫画「狂愛ヤンデレラ」を今すぐ試し読みする

狂愛ヤンデレラ【ネタバレ】

狂愛ヤンデレラ

狂愛ヤンデレラ・電子単行本第1巻には1話〜3話が収録されています。

1話ネタバレ

急用なのか急いで社内の廊下や階段を駆け抜けていく八見レイラ。そんな彼女と階段で肩がぶつかり、さらに目の前で転んでいくレイラを眺めていく麻生。片方の靴が脱げてしまうも、そのままどこかへ走り去っていく。

麻生はレイラの靴を拾うも手渡す暇がなく持ち帰る事へ。

自宅では夫婦関係が悪化しており、妻と愛との夫婦生活は長くない事が印象付けられていく。

翌日、麻生のもとへ訪れてくるレイラ。彼女はアメorチョコを差し出していく。タイミングも良かったので昨日拾った靴を返していく麻生。しかし、靴など落としていないとすっとぼけをかましていくレイラ。

レイラが天然で面倒な相手だと判断した麻生。半ば無理やり拾った靴を彼女に履かせていく。ここでレイラは赤面。その後、何かと麻生と一緒に行動する事が増えていくレイラ。

コンビニでの一幕で麻生は彼女に得体の知れない恐怖を感じていく。

『私も見てみたいなぁ…麻生さんの子供、私も同じにしちゃいました、おにぎり。麻生さんと同じもの食べたくて…』

ある夜、麻生が住むマンションに男女4人のグループが出入りしていた。運ぶ黒いビニール袋の中からは切断されたような足が見え隠れしていく。そのグループに接触するレイラ。

『お困りですか?私にお手伝いさせてください。そのかわり私の事もちょこっとお手伝いしてほしいんです』

2話ネタバレ

休日出勤しているレイラから連絡を受ける麻生。会社でシステムトラブルが起きて助っ人要請である。無事に問題も解決して昼食へ出掛ける2人。

話題は夫婦関係へ。
麻生の妻、愛が家から出ていった事を知るとレイラは意味深な言葉を麻生に伝えていく。昼食後にレイラは調理器具を買いに行くと言って解散。

一方、麻生は自宅で荷物の片付けを本格的にスタートさせていく。そんな時に愛から連絡。彼女は刃物を持った女に襲われていたのだ。事情を麻生に説明していく愛。大切なカバンを投げつけて現場に置いてきてしまった事を後悔していく。

自宅に戻る2人。
部屋の様子がおかしい事に気がついていく。荷物をまとめていたダンボールが片付けられており、部屋の奥にあった離婚届もなくなっていた。

そして部屋の中には愛が襲われて無くしてしまった大切なカバンが発見されていく。不気味な現象に恐怖を得た2人。警察に通報して捜査をしてもらう事へ。

愛が襲われた事で亀裂の入っていた夫婦関係が少しだけ修復されていく2人。麻生に対しても素直になっていく愛。身の危険もある為、この日、2人は近くのホテルへ泊まる事へ。そして再び愛を確かめ合っていく。

一方で愛を襲った人物の特徴を知り得た麻生。
脳裏にうっすらレイラの姿が思い浮かび上がっていく。

3話ネタバレ

ホテルでの一夜で夫婦関係を修復した麻生と愛。2人の間に「離婚」の二文字は消え去っていた。麻生は出社。すると社内ではレイラのお見合い話が浮上しており盛り上がっていた。

仕事も終わり、帰宅しようとするも鞄の中に捨てようと思っていた離婚届けが無くなっている事に気づく麻生。その後、お掃除のおばちゃんから離婚届け&レイラのお見合い相手の写真がズタズタにされている状態のものが届けられていく。

胸騒ぎがしていく麻生。
すると携帯にメール。差出人不明で『わたしそのひときらいです』と記されていた。またメールが入ってくる。そこには『なにやってるんですか?』といったメッセージ。

恐怖を感じた麻生は急いで妻の愛が一時的にお世話になっている実家へと帰宅していく。

帰宅後、愛から話しがあると伝えられる麻生。妻の話は一年前まで友人であった「トモちゃん」の話。どうやら旦那と上手くいかずに精神的に病んでいる事を聞かされていく。

麻生も愛に話があると言って切り出そうとすると2人の携帯が鳴る。麻生にはメール。愛には無言電話であった。しかし、電話の奥から聞こえる擬音と麻生のメールで入ってきて動画はシンクロしていた。

愛に話す事を止めて、翌日…警察へ知っている事を全て話す決意をしていく麻生。事件の担当である遠山刑事に妻の友人もしくは会社の女性社員・レイラのどちらかが怪しい事を刑事に伝えていく麻生。

麻生の中でレイラが犯人ではないかといった気持ちが強くなっていく。そして抜き打ちでレイラへ連絡をしてみる事へ。明るい声で連絡に出るレイラ。思い過ごしかと思う麻生。同時に彼女は何者かの腕を包丁で捌いていた…。

翌朝、妻の愛がテレビを見て硬直していた。

ニュースでは警察署が火災に見舞われた事が報道。1名の死者が出ていました。その人物を見て驚愕する麻生。死んだ刑事は麻生達の担当であった遠山だったのです。

一方、犯人だったのが愛の友人であった「トモちゃん」でした。彼女は警察署に放火した後、河川敷で自殺を図っていました。ここで第1巻は終了。次巻へ続きます。

狂愛ヤンデレラ【感想】

狂愛ヤンデレラ

黒幕は八見レイラである事は間違いないですが、彼女がどうやって愛の友人であるトモちゃんに全ての罪を着せたのか…そのロジックなどは次巻で明かされていきます。

2巻で完結する漫画ですが、黒幕である八見レイラの動機がかなり狂気じみているので1巻を読んだ人は是非、完結まで読んで頂きたい漫画。そして結末も衝撃的な光景を迎えていきますよ!

この漫画をチェック!

狂愛ヤンデレラ

漫画「狂愛ヤンデレラ」は電子書籍ストア「eBookJapan」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

-ラブストーリー, サスペンス

© 2020 スマ漫