スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

ラブストーリー

漫画「これも全部あの夏のせい」12巻〜13巻ネタバレ!霧に包まれる真相を残したまま終わる沖縄旅行編!

更新日:

これも全部あの夏のせい

最新刊となる第12巻〜13巻が電子書籍ストア「まんが王国」にて先行配信された漫画『これも全部あの夏のせい』第12巻はビーチでの続きとスミレの秘密が明かされていく事へ。13巻では沖縄旅行の終了。そして大吾とスミレが復縁。スミレに誘われて大吾が一線を超えるチャンス到来といった出来事が巻き起こっていきます!

物静かなでクールな印象のあったスミレ。しかし、さゆりの知るスミレは愛情深く、裏切られた相手には容赦しない意外な一面がある事を語っていきます。

今まで明かされて来なかった意外な事実と共に波乱巻き起こりそうな展開へと流れていきます。ちょっぴりサスペンス色が出てきて非常に盛り上がってきましたよ!

漫画「これも全部あの夏のせい」最新刊となる第12巻〜13巻は電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信中!

漫画「これも全部あの夏のせい」12巻〜13巻を今すぐ試し読みする

これも全部あの夏のせい
漫画「これも全部あの夏のせい」11巻ネタバレ!地元男女と体を重ねた濃密な交友が開始!?

漫画「これも全部あの夏のせい」最新刊となる第11巻マイクロ版の配信がスタート。今回のメインは大吾とさゆり。そして10巻のラストで物陰から大吾達のお楽しみタイムを覗き見していたカップルとなります。 顔が ...

続きを見る

漫画「これも全部あの夏のせい」12巻〜13巻ネタバレ

沖縄のビーチで地元カップルとスワッピングに励む大吾達。地元女へ挿入を試みようとした時、地元男から『俺の女だ!』といった主張を受ける大吾。脳内解釈で『俺の女だからそれ以上はするな!』と理解する大吾でしたが、地元男はさゆりと合体、楽しんでいました。

自分だけ楽しんでこっちはお預け…。
納得いかない大吾は地元男の主張を無視。目の前で見ているにも関わらず地元女へ自慢の息子を挿入。快楽へ溺れていると背後からさゆりが首絞め。

触ってあげろとは言ったが最後まで楽しむ必要はないとヤキモチに似た感情を見せる場面も…。その後、地元女と大吾を離して大吾の上に跨がり楽しむさゆり。しかし、大吾の気持ちは完全に地元女へ。

見兼ねたさゆりは自身を体で満足させる事ができたら地元女ともヤッて良いと提案。ヤル気に満ち溢れた大吾。さゆりは骨抜きにされてしまい、大吾は地元女と続きを楽しんでいく事へ。

巨根で果てしない性欲を持つ大吾に勝ち目なしの地元男…敗北を悟る事へ。楽しむだけ楽しんだ二人はようやく瑛太とスミレが待つ別荘へ戻る事へ。

セフレが語る元カノの本性に衝撃!?

別荘への帰宅途中。
さゆりが過去、スミレが巻き起こした事件について大吾へ明かしていきます。さゆりはスミレが弁護を頼んだ事務所でアルバイトをしていた為、事件の全容を知っていたのです。

大吾と交際前のスミレは元担任教師と不倫関係。しかし、男は家庭に戻る事を決意してスミレ達は破局へ。その後、裏切られた恨みを持ったのか…スミレは教師から暴行を受けたと告訴していました。

その後も学校に押しかけて不倫教師の同僚である妻にも対面していたスミレ。何を語ったのかは不明ですが、それ以降、不倫相手の家庭は破滅へ導かれていました。

物静かなでクールなスミレが起こした事件とは思えない大吾。まったく信じようとしていきません。そんなスミレに未練も残る大吾を見たさゆりはある提案。

スミレと復縁して1ヶ月間、彼女がどんな人間か見極めてみろと主張。1ヶ月後にスミレとの交際関係が続いているようならその後の選択は大吾に委ね、もし1ヶ月以内に何か起こり、別れたなら自分の願いを無条件で受け入れる事を条件に付け加えていきます。

スミレに未練のあった大吾は即承諾。
別荘へ戻った夜、スミレを呼び出して浮気した事を謝罪。復縁を申し込むとあっさりと承諾される結果へ。ちなみにちなみに大吾とさゆりが海でお楽しみ中の時、瑛太とスミレの間で起こった出来事は描写されず…。

このまま沖縄旅行編は終了へ。

彼女から誘われてチャンス到来!?

沖縄旅行から帰ってきた両カップルは空港でお別れ。
そして、スミレを途中まで送って自宅へ帰宅しようとすると、スミレから『泊まっていかない?』といった珍しいお誘いを受ける事へ。

当然、脳内は『エロ』に埋め尽くされている大吾。断る理由もないので誘われるまま、スミレ宅にお泊りへ。

ベッドで抱き合う二人。
スミレは過去の出来事を思い出しながら大吾に今まで性欲を溜めさせていた事を謝罪。体を許してしまえば、そのうち捨てられると思い怖かったと語っていきます。

そして、遂にスミレが覚悟を決めたのか…
『今日は全部好きなようにしていいわ』大吾へお許しを告げるスミレ。ここで13巻は幕引きへ。

漫画「これも全部あの夏のせい」12巻〜13巻の感想

これも全部あの夏のせい

クールビューティーといった言葉が似合うスミレの意外な過去が明かされていく今回。さゆりが言うように本性は非常に嫉妬深く、裏切ると危険な女なのでしょうか…。

ちなみに今回、作中でさゆりはスミレの事をソシオパスであると発言しています。

ソシオパスは自分にしか興味がなく、他人への興味は皆無の精神病の一種と言われています。自分が誰かに愛されていたいから、大吾を利用していると告げたさゆり。

この言葉の信憑性は果たして当たっているのか…。大吾とスミレの関係性に大きな進展や波乱が巻き起こっていくのか…今後の展開が楽しみな流れとなってきました!

この漫画、大吾の心理は描写されますが、瑛太やさゆり、スミレの心理や真意が未だ明かされて来ないので謎が深まるばかり。エロ要素だけでない人間関係や根底にある背景も魅力で楽しめる作品となっています。

興味が出た人は是非☆彡

これも全部あの夏のせい

これも全部あの夏のせい

漫画「これも全部あの夏のせい」最新刊となる第12巻〜13巻は電子書籍ストア「まんが王国」にて先行配信中です!

漫画「これも全部あの夏のせい」12巻〜13巻を今すぐ試し読みする

-ラブストーリー

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.