ラブストーリー サスペンス

処女仲介人【5巻ネタバレ】新しい依頼者登場…結衣の○○だった!?

処女仲介人~奪ってほしい女達

橋浦健太先生が描く大人のヒューマンラブストーリー「処女仲介人」第5巻。

今回は結衣と父親の問題が表面化していく。自分が処女ではない事を父親に告げると結衣は暴力を受ける事態へ。日に日に増える傷や痣。そんな彼女を心配する壱村や梅沢。

解決策が見当たらず、頭を悩ませていると蛍が新しい依頼者を連れてくる。その人物は結衣がよく知る意外な人物であった…。

まずは試し読み!

漫画「処女仲介人~奪ってほしい女達」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・試し読みあり!

漫画「処女仲介人~奪ってほしい女達」を今すぐ試し読みする

処女仲介人~奪ってほしい女達
処女仲介人~奪って欲しい女~【4巻ネタバレ】堅物部長を優しくコーディネート…バージンを奪う!

橋浦健太先生の描くエロティックヒューマンドラマ漫画「処女仲介人~奪ってほしい女達」4巻。 今回で壱村の女上司である梅沢貴子とのバージンコーディネーターの仕事が終止符。所謂、堅物な彼女を上手く和らげて男 ...

処女仲介人【5巻】ネタバレ

処女仲介人~奪ってほしい女達

結衣の家庭事情が描かれる。
実の父親に体を弄ばれる結衣。この日は特別な日であった。

『初めてをもらえるパパは嬉しいよ』

父親からバージンを奪われる日であった結衣。しかし、彼女は父親に伝えていく。

『私、初めてじゃないから』

その言葉を聞いて逆上する結衣の父親。彼女を軽蔑する言葉を並べ立てながら結衣は父親から暴力を受けていく。

場面転換。
蛍からの依頼を忠実にこなしていく壱村。仕事を終えて蛍と合流。彼は最近、結衣の様子がおかしい事を伝えていく。毎日、壱村の家を出入りして、体には多くの痣を作っていた。

自宅に帰ると結衣がお出迎え。
壱村は怪我の事について尋ねていく。素直に答える結衣。彼女は処女ではない事を知ってから父親の暴力をずっと受けていたのだ。

結衣は壱村の家に当分は居候したいと伝えていく。

場面は変わって壱村の女上司である梅沢。

彼女は街コンに参加していた。才色兼備の彼女。最初はチヤホヤされるが年齢を伝えると一気に男性陣は離れていく。街コンが終わってから何が悪かったのか分析していく梅沢。

そんな中で壱村との絡みを思い出していく。
彼を考えると体が疼く梅沢。上司と部下の立場でプライベートに立ち入るべきではないと考えていく。しかし、お土産を用意して壱村の自宅に足を向けてしまう梅沢であった。

『待て!やめてくれ!』

壱村の自宅から悲鳴が聞こえる。彼は結衣に馬乗りされていた。梅沢も来たことで3人で輪になって話し合い。梅沢は壱村と結衣が交際しているのか尋ねていく。彼女を発言を聞いて結衣は梅沢が嫉妬している事に気がつく。

顔を赤らめて否定しつつ、結衣がどうして壱村宅に居候しているのか尋ねる梅沢。

親の暴力を受けて家出してきた事実を知り、結衣の父親に怒りを隠せない梅沢であった。話を聞いてすぐに警察へ連絡をしようとする梅沢。

しかし、結衣は制止。
もう少しで高校を卒業。同時に家を出て行く決意をしていた結衣。それまでは我慢すると伝えていく。

壱村も梅沢に伝える。
警察へ連絡は問題解決に繋がるが父親が解雇などされれば結衣は進学も出来なくなると生活面での懸念材料を伝える。

壱村は自分が結衣の父親と対面して直接交渉をしようとしていた。しかし、それを聞いた梅沢。処女を奪った張本人が対峙するのは火に油を注ぐ形になると伝えていく。

ごもっともな梅沢の意見に頭を悩ませていく壱村。するとインターホンが鳴り響く。

尋ねてきたのは蛍であった。
さらに彼女は依頼を携えていた。新しい依頼者として紹介してきたのは「小野春恵」なんと結衣の母親だったのだ。諸般の事情は蛍から聞いていた春恵。

『壱村さん…私を抱いてください』

ここで第5巻は終了。

処女仲介人【5巻】感想

処女仲介人~奪ってほしい女達

壱村はあくまでバージンコーディネーターである。仕事は処女を奪うこと。しかし、結衣の母親である春恵の真意は一体何なのか…。もしかして処女なのか…。蛍の思惑も不明。

次巻が待ち遠しい内容である。
各々が持つ事情や人間模様も面白い漫画。また独特なタッチで描かれる女性陣も魅力的です。興味が出た人は是非、チェックしてみて下さいね☆彡

この漫画をチェック!

処女仲介人~奪ってほしい女達

漫画「処女仲介人~奪ってほしい女達」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストア検索窓にて「処女仲介人」と入力して絞り込み検索すると素早く作品を表示して見つけやすいです。

-ラブストーリー, サスペンス

© 2020 スマ漫