ヒューマンドラマ ラブストーリー

エッジ〜彼氏の女友達〜【10巻ネタバレ】恋愛サイコパス彼氏に別れを告げる!?

エッジ〜彼氏の女友達〜

青咲るそう先生が描く人気ラブストーリー漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」最新刊となる第10巻

今回は展開が大きく動きます。勇樹の本性を知った真波。彼女が遂に勇樹との関係に終止符を打つため対峙。露わになっていく勇樹の本性に呆れていき、最後は別れを強く切り出していく事へ。

まさに恋愛の修羅場が描かれてく今回。
今までにない強い気持ちを持った真波の姿も描かれていく必見の内容です!

まずは試し読み!

漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」は電子書籍ストア「BookLive」で先行配信中!

漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」を今すぐ試し読みする

エッジ〜彼氏の女友達〜
エッジ〜彼氏の女友達〜【9巻ネタバレ】露わになる彼氏の本性がサイコパス過ぎる!?

青咲るそう先生が描く人気漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」最新話となる分冊版9巻(9話)。 今回は聖華から彼氏・勇樹の全てを聞いた真波が彼と対峙。彼との関係に終止符を打つ決意を固めていきます。その過程で今 ...

エッジ〜彼氏の女友達〜【10巻ネタバレ】

母親と連絡して話を聞いて勇樹との関係に覚悟を決めた真波。彼の待つ自宅に帰宅していきます。

『おかえり真波、晩飯用意したよ』

笑顔で出迎えてくる勇樹。
そんな彼の手には乗らないといった様子、気持ちを見せていく真波。

『やっぱり俺たちがこんな風に拗れたのは聖華のせいだよ…』

ヘラヘラした表情で悪者を聖華としてなすりつけていく勇樹。

『アイツのおかげで逆に俺の本性知れたって…そんなの知らされなきゃ気付かなかったクセに』

そして勇樹は真波に過去ばかり穿ってないで今までの気持ちや思いやりも考えて欲しいと伝えていきます。そして彼は真波の背後から抱きつき、真波が棚の奥にしまっていた婚約指輪を彼女の指にはめていきます。

ゾクッとする恐怖の今彼に終止符!?

『大丈夫、まだやり直せるよ』

真波を背後から抱きしめて薬指に婚約指輪をはめていく勇樹。そんな彼に対して身の毛がよだっていく真波。

『あなたと結婚したら後悔する…もう愛せない…別れてください』

意を決して別れの言葉を告げていく真波。
しかし、勇樹はもう周りに結婚する事を伝えている。みんなの期待を裏切るのかと心が痛む精神的ダメージを与えていく事へ。

それでも本当の幸せを応援してくれる人は必ずいると伝えていく真波でしたが、呆れた勇樹が言葉をかけていきます。

『イチから相手探して結婚までって考えるの疲れるでしょ…それに真波が捕まえられる優良物件そんなに残ってないよ』

勇樹の放った言葉に怒りを露わにしていく真波。
彼女は意思が固い事を告げていきます。すると目の前にあったテーブルを蹴り上げていく勇樹。

『フワフワ生きてきたクセに俺に恥かかすな!俺の人生馬鹿にすんなよ』

この自分よがりの言葉に真波は怯むことなく応戦。本気で怒る真波に対して後ずさりする勇樹。結婚に対する価値観を口に出していく2人。相手を都合のいい人形としか見ていない勇樹に呆れた真波。

『もう二度と顔も見たくない、さよなら勇樹』

人生の道を変えた彼女と再会!?

最後の別れの言葉を告げて家を出ていく真波。そんな彼女の必死で引き留めようとする勇樹…。

10巻のラストは真波の思いが再生されていきます。

聖華との出会いがなければ何も勇樹の事を知らないまま結婚していた…。聖華との出会いは最悪だと思っていたが実は救われたのかもしれない…。

そんな事を感じながら街中を走る真波。
すると歩行者と肩をぶつけてしまう事へ。その相手がなんと聖華だったのです。久し振りの再会を果たす2人。ここで第10巻(10話)は終了。

エッジ〜彼氏の女友達〜【10巻の感想】

エッジ〜彼氏の女友達〜

遂に本性の勇樹に呆れた真波…別れを切り出していきました!

これにて真波と勇樹の関係は完全に終わったように見えます。この後、聖華はフリーになった勇樹と復縁を目指すのか…それとも勇樹に対して何かしらの復讐をしようと企むのか…。

聖華との再会で何が起こるのかちょっと先が読めない展開。取り敢えず最低男である勇樹に制裁を加えて欲しいと思ってしまう筆者(笑)物語も佳境。次巻も楽しみですね!

歪なトライアングルラブストーリーが楽しめる漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」スリルとドロドロした人間関係が魅力の作品です。興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡

この漫画をチェック!

エッジ〜彼氏の女友達〜

漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」は電子書籍ストア「BookLive」にて先行配信中です!

今すぐ試し読みする

エッジ~彼氏の女友達~【各巻ネタバレ詳細】

-ヒューマンドラマ, ラブストーリー

© 2020 スマ漫