ラブストーリー

ホームルーム【7巻ネタバレ】変貌を遂げるサイコ女&逃げるサイコ男!

ホームルーム(7巻)

千代先生の描く人気漫画「ホームルーム」最新刊となる第7巻。なんと次巻の第8巻で遂にラブリンと幸子のサイコラブサスペンスに結末が訪れるとのこと。

多くの漫画で完結巻の前となるのは結末に向けての布石が多いですが、ホームルール・第7巻では勢い衰える事なく衝撃の連続を与えてくれます。

ラブリンは愛する幸子に不法侵入や全裸で身体を弄んでいる場面を目撃されていたり…。幸子は椎名先生へマウント攻撃。さらに自分自身の魅力を上げる為に不良グループへ弟子入り。7巻の終盤でウブな幸子が大きく変貌。垢抜けた幸子へと大変身する一幕も…。

勢いが衰える事なく本当に突っ走る漫画といった印象で非常に面白いのでまだ読んでいない人はイチ推しできる漫画なので是非!

電子書籍ストア「eBookJapan」にて配信中!試し読みも可能です。

漫画「ホームルーム」今すぐ試し読みする

ホームルーム(6巻)
ホームルーム【6巻ネタバレ】困惑と波乱に満ちたラブサスペンスが展開!

千代先生の描く究極のサイコラブサスペンス漫画『ホームルーム』に最新刊となる第6巻が登場。もう波乱である。幸子は母親の都合で引越し&転校を言い渡され…、愛田先生ことラブリンは化けの皮を剥がそうと不良グル ...

ホームルーム【7巻ネタバレ】

第7巻では65話〜75話までが収録。各話ごとに内容をご紹介していきます。

65話ネタバレ

幸子ママをスタンガンで気絶させた矢作。同じ現場に現れた竹ノ内と共に幸子ママを車に積んで拉致。

車での移動最中、矢作は一体誰に何をしたのか自問自答していきます。まずスタンガンで気絶させた幸子ママ。矢作はこの目の前にいるおばさんが誰なのか見当すらついていませんでした。

そして自分に指示を出してくるヒーローと名乗る人物。矢作は竹ノ内が「ヒーロー」ではないかと疑いの目をかけていきます。一方の竹ノ内も何故、矢作が幸子ママを狙っていたのか脳内で考察。

矢作も幸子の転校を阻止しようとしているのではないかと解釈。目的が同じだと踏んだ竹ノ内は今回の出来事を秘密にして共有しようと持ちかけます。

そんな時に気絶が目覚めていく幸子ママ。運転中の竹ノ内に襲いかかっていきます。

66話ネタバレ

幸子ママに襲われつつも間一髪で事故を回避した竹ノ内。しかし、幸子ママの怒りが二人を襲っていきます。マルの言う通りに幸子ママをコントロールできないと判断した竹ノ内。勝負に出る事へ。

『桜井の転校をやめてくれませんか?』

正直に目的を幸子ママに伝えていきます。
何も知らない矢作はここで把握します。目の前にいるおばさんが幸子の母親であると…。

一方、幸子ママは竹ノ内にある選択を委ねていきます。幸子を選ぶのか…マルを選ぶのか…。幸子ママの勘違いを利用して幸子の転校を阻止しようとしていく竹ノ内。

彼は幸子を選ぶと伝える事へ。
ようやく話の筋が見えてきた矢作は竹ノ内の言葉にショックを受ける事へ。

67話ネタバレ

矢作は竹ノ内が幸子の彼氏だと勘違い。負けたと思い込む、矢作は1人涙を浮かべながら戦線離脱。

一方、邪魔者が消えて幸子宅に全裸で不法侵入して、幸子の身体を弄ぼうとする愛田先生ことラブリン。この時、幸子は起きており、ラブリンの行動を終始、観察していきます。

68話ネタバレ

場面は翌日へ。
昨夜の出来事が一体何だったのか解釈しようとしていく幸子。

本来なら犯罪行為をしているラブリンですが、幸子は嬉しさ半面と同時にもっとラブリンの事を知りたい欲求に駆られていきます。

そんな時に幸子へ声をかけるマル。
喧嘩中の二人でしたが、マルが仲直りしたいと一言。二人は涙を浮かべながら関係が修復されていきます。

屋上では矢作が放心状態。

69話ネタバレ

矢作は幸子ママを拉致した事で負い目を感じていました。屋上にはサボっていた竹ノ内もいて、矢作が去った後の出来事を語っていきます。

警察に連れて行かれそうになっていた竹ノ内。
そこで竹ノ内は金で幸子ママを誘惑。結果的に幸子ママは竹ノ内へなびくことへ。幸子の転校は取りやめとなっていきます。

幸子宅に仕掛けた盗聴器にて転校がなくなった事を知るラブリン。

70話ネタバレ

転校がなくなった事で安心を得ていたラブリンでしたが、盗聴で知り得た「ハンサム」といった人物に敵対心を燃やしていきます。ちなみにハンサムは幸子ママが竹ノ内につけたあだ名です。

一方、昨夜の出来事に自分なりの解釈を見出した幸子。

これは「禁断の恋」だと解釈。
幸子はルンルン気分で保健室へ足を向けていきます。目的は椎名先生へのマウント。幸子は椎名にラブリンと「シた」事を報告していきます。かなり見下した感じで(笑)

71話ネタバレ

幸子の発言を冗談だと捉えてマウント返ししていく椎名先生。

『私はハッキリとみました。ラブリンが果てる姿を…』

こんなニュアンスの事を伝えていく幸子。
今までのラブリンとの体験を思い返す椎名。彼女はラブリンの果てた姿を見ていませんでした。どんな表情をしていたのか幸子に尋ねてしまう椎名。

聞き逃さなかった幸子。椎名のマウント返しをさらにマウントで覆いかぶせていきます。

椎名に完全勝利した幸子。余裕の表情で保健室を立ち去っていく事へ。一方、幸子に負けた椎名。焦りの表情を浮かべていきます。

72話ネタバレ

幸子の言葉が本当か探りたい椎名。
ラブリンを呼び出して探りを入れていく事へ。しかし、プライベートな質問を大胆不敵に聞いてくる椎名にラブリンは『気持ち悪い』と一喝。

再び幸子の前に姿を現した椎名。
自分がラブリンに言われた言葉を言伝と偽って幸子に伝えていきます。

そんなはずはないと解釈する幸子。
今夜またラブリンが来たら自分からアプローチする覚悟を決意していきます。

73話ネタバレ

そして深夜。
ラブリンは全裸で幸子宅に不法侵入していました。もちろん、幸子は寝たフリ。ラブリンが幸子へキス。幸子の感情も爆発してラブリンへ抱きつく事へ。

咄嗟に幸子から離れて全裸で逃げていくラブリン。

翌日、人生が終わったような表情で1日を過ごすラブリン。幸子と目を合わせることが出来ません。一方の幸子は自分に魅力がないから昨日は逃げた…目も合わせてくれないと解釈。

変わる決意を固めていきます。

74話ネタバレ

学校の屋上。
不良グループがラブリンを陥れる作戦会議。計画は幸子を利用してラブリンの秘密や弱味を握ろうと企てていきます。

この時、不良グループで幸子に好意を抱く乾が計画に反対していきます。仲間同士で一悶着。そんな時に屋上の扉が開きます。

『ごめんください』

現れたのは幸子でした。

75話ネタバレ

幸子は好きな人がいるから綺麗になりたいと伝えていきます。

今しがた幸子を利用しようと企てていた不良グループ。しかし、幸子を見たサラが幸子改造計画を買って出ます。この子は素材がいいから大変身できると…。

幸子を美容室に連れて行くサラ。
変貌を遂げた幸子が出てきます。髪を染めてメイクした幸子は別人。不良グループも驚くほど…。ここで7巻はfin。終了となります。

ホームルーム【7巻の感想】

ホームルーム(7巻)

結末前なのに目まぐるしい展開を見せていくホームルーム。取り敢えず結末は想像を超えるラストのようですが、まったく検討がつきません(笑)

非現実的なラブストーリーですが、それが本当に面白くて、この漫画の魅力の一つ。

サイコサスペンス、サイコラブなんて漫画のジャンルが好きな人は絶対に読んでおいて損しない作品です。次巻の第8巻で完結。気になった人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡

ホームルーム

ホームルーム

漫画「ホームルーム」は電子書籍ストア「eBookJapan」で無料試し読み可能!ヒロイン・幸子の異常性も片鱗が現れてきました!

漫画「ホームルーム」を今すぐ試し読みする

-ラブストーリー

Copyright© スマ漫 , 2020 All Rights Reserved.