サスペンス

娘の友達【3巻ネタバレ】同級生との恋がバレて娘と修羅場へ!?

娘の友達(3巻)

萩原あさ美先生が描く人気漫画「娘の友達」待望となる第3巻が配信スタート。今回は第18話〜第26話まで収録されています。3巻から新キャラも二人登場して晃介や美也に新たな恋模様が見え隠れする状況へ。

また古都に翻弄されていく晃介。
イレギュラーな彼女の登場によって自身を困らそうとしてくる古都に怒りをぶつけてしまう場面も…。

そして3巻、最大の見所は娘である美也に古都との関係がバレてしまう事態へ。友達の同級生と恋愛関係にある父親を知ってしまった娘。父親と娘の本音が飛び交う一幕もあり!

ドキドキ、ハラハラしてしまうラブストーリーなんだけどサスペンス感も味わえる作品。取り敢えず中年男性は間違いなくヒロインである古都に心を持っていかれるので是非、読んでみて下さい☆彡

漫画「娘の友達」は電子書籍ストア「eBookJapan」で配信中!少数ページですが無料試し読みも可能なので興味が出た人はチェックしてみて下さい☆彡

漫画「娘の友達」を今すぐ試し読みする

娘の友達(2巻)
漫画「娘の友達」2巻ネタバレ!魔性の女子高生に揺れ動く中年サラリーマン!

萩原あさ美先生が描く『娘の友達』第2巻。第8話〜第17話までが収録されています。今回の大きな見所は古都が晃介に大胆なアクションを起こしていく場面が多数。 娘の友達であり、女子高生の古都に抱いてはいけな ...

娘の友達【3巻ネタバレ】

不登校から復帰した美也は学校で古都に探りを入れていく、自分の父親と何かあったりしないかと…。古都は否定していくが胸の靄やざわつきを感じてしまう美也。

また不登校から復帰したはいいものの、やはり教室の空気に馴染めずぼっちになってしまう美也。そんな彼女は学校の下階にある物置場で三崎といった男子生徒と出会うことへ。

答案を盗み、校内でタバコを蒸す三崎。問題児全開の男子生徒ですが、美也はそんな彼に好意を抱くようになっていきます。一方、物置場にいた美也を見つけた古都。

古都を見るなり、何やら彼女を見透かしていく三崎。

自宅に遊びに来てしまう娘の友達…!?

やはり古都と父親の関係が気になる美也。次は父親である晃介に探りを入れていきます。彼も否定しますが、どこか動揺した様子に怪しさを感じていく美也。

学校では教室に居場所がなくなると物置場に顔を出していきます。そこにはいつも三崎。そして彼は如月古都といった女が胡散臭い雰囲気がある事を美也に伝えていきます。

美也が疑心暗鬼の中、古都は美也の自宅に遊びに行きたいと提案。彼女のハイテンションで圧倒されてOKサインを出していく事へ。

一方、土曜日に古都が自宅に遊びに来ることをまだ知らない晃介は古都の働く喫茶店に顔を出していきます。『もっとドキドキしたいですよね…』などと意味深な言葉を伝えられる晃介。

翌日、美也は晃介に土曜日、古都が遊びに来ることを伝えようとしますが、一旦伝えるのをやめることへ。

会社では課長に昇進して新人の女性社員・本間の教育係をすることになっていく晃介。父親、会社の上司と上手く使い分けが出来るようになって精神のバランスも良くなっていく晃介。

会社帰り、古都とチャットのやり取りをしていると土曜日に古都が遊びに来ることを知っていきます。恋愛関係に近い娘の友達が自宅に遊びに来てしまう…。何か起きるのではないかと放心状態になってしまう晃介。

隙を見て接触してくる娘の友達…

自宅に帰ると美也からも土曜日に古都が遊びに来ることを伝えられる晃介。OKを出しつつ動揺。美也は再び晃介に何か隠し事をしていないか確認を取っていきます。

もちろん何もないと否定。
そして土曜日。古都は最初、母親と訪れます。晃介に挨拶をする母親ですが、その目はどこか晃介を査定するような怖い眼光。

自宅にあがってきた古都は美也と仲良く手作りクッキーを作っていきます。しかし、必要な材料を忘れてしまった古都。彼女の代わりに美也が買い出しへ行くことへ。

美也が戻ってくるまで約15分。
古都は晃介の部屋に顔を出して10分だけ晃介に甘えだしていくことへ。自宅で娘もいつ帰ってくるかわからない状況。さすがに不味いと感じた晃介。

珍しく古都へ怒りとちょっとした不満をぶつけていきます。

仲直り出来ぬまま、美也が帰宅。
二人は恋バナを展開。美也が古都に気になっている人はいないのかと尋ねると『いるよ』…その人はバイト先で私を助けてくれたと美也に明かしていきます。

この日、晃介と古都は気まずい空気を解消できないまま、自宅を後にしていくことへ。

娘にバレてしまう禁断の恋愛事情…!?

古都との関係で頭一杯な晃介。
帰り道に古都と一緒に猫の世話をした路地裏を通って帰路へ着くことへ。そこで晃介は古都から取り上げたインスタントカメラで路地裏の風景を撮影。

すると背後から声をかけられる事態。
相手は新人女性社員の本間。彼女に誘われて居酒屋に行くことへ。

晃介に好意を抱く本間。酔いも回ってプライベートな質問をぶつけていく。この日、晃介は本間の名前を古都と間違えて口に出してしまう失態をおかしていた。その事について探りを入れられる晃介。

彼女ではないが、それに近い存在だと認めていく晃介は本間に社内でこの話は内緒にしておいて欲しいと懇願。

しかし、酔いもあって悪ノリしていく本間は如月古都に会ってみたいと晃介にお願いをしていく。

一方の美也は晃介が帰ってこないので最寄りのコンビニへ夕飯の買い出し。そこで三崎と遭遇。彼は近所の姉の家に遊びに来ていた。そしてコンビニ駐車場にて美也は三崎に相談。

自分の父親が古都と会ってデートしている可能性があると…。

複雑な心境の美也は泣き出してしまう。そして三崎は以前、偶然にも古都のバイト先を見掛けており、今から確認してみようと提案。一方の晃介も本間の悪ノリを断れず、古都のバイト先に足を向けていた。

店内を覗く本間だったが古都を見つけられず…店内に入ってみようと誘うが断り、帰ろうとしていく晃介。すると美也と対面してしまう事態。疑心から確信に変わった美也。

父親である晃介を問い詰めていく。

古都のバイト先の入り口で親子喧嘩が勃発。本音をぶつけ合っていく二人。父親と課長といった自分自身のバランスを保っていた晃介だがここへ来て、再びプレッシャーに押しつぶされそうになっていく。

『父親でもない課長でもない俺はいちゃいけないのかよ…』

心境が言葉に出ると古都のバイト先の入り口が開く。古都が出てきて第3巻は終了。次巻へ続いていく。

娘の友達【3巻の感想】

娘の友達(3巻)

自分の娘である美也に古都との関係がバレてしまった晃介。また精神状態も不安定へ。親子の関係。古都との関係にどんな変化がこれから訪れるのか楽しみでしょうがないです!

ハラハラ、ドキドキの展開が堪らない漫画「娘の友達」特に中年男性はかなり晃介に共感できる部分があるのではないでしょうか。

そんな中で出会った天使のような、小悪魔のような女子高生・如月古都。二人の恋模様から目が離せない漫画です。是非☆彡

娘の友達

娘の友達

漫画「娘の友達」は電子書籍ストア「eBookJapan」で配信・無料試し読み可能!興味が出た方、冒頭を読んでみたい方は以下から試し読み!

漫画「娘の友達」を今すぐ試し読みする

-サスペンス

© 2020 スマ漫