サスペンス ミステリー

実写映画化も予定されている桜井画門の漫画「亜人」1巻のあらすじ・ネタバレ感想

亜人(1)

人間とは何なのか…亜人とは一体…深く考えさせられる漫画でもある亜人。映画化も予定されておりホラー・サスペンス漫画としても完成度が高い漫画になります。

人間は亜人の研究の対象に…亜人は人間と変わりないのに迫害を受ける。謎も多い漫画ですが読み応えやハラハラ・ドキドキ感も味わえる良作。

亜人の無料立ち読み

亜人(1)

ここから先はネタバレを含みます。無料で試し読みしたい方は以下から。

漫画「亜人」を無料立ち読みする

亜人とは一度自分が死なないと亜人かどうかわからないといった特性を持っている。そう、亜人は死ぬことのできない体なのだ。医者を目指す優秀な少年がこの物語の主人公:永井圭。そんな彼は高校からの帰り道、トラックに引かれてしまう。通常であれば即死だ。体は真っ二つに引き裂かれている。

しかし、永井圭は起き上がる。自分の体を見て驚く。傷ついた体がみるみると再生されていく。同級生もそんな永井圭を見て亜人だと確信する。亜人は人間に利用される。迫害される立場。圭はその場から逃げ去るようにどこかへ向かう。

圭は亜人と認定されて1億円の懸賞金をかけられる。人間は圭を狙う存在へと変化する。

そんな圭に亜人だとか関係なく友達だから助けるといって現れるのが幼馴染でもある海といった少年。

圭と海はバイクに乗り、人がいない方、いない方へ向かっていく。

桜井画門の漫画「亜人」1巻その後の展開

既に圭の自宅前には多くの報道陣が詰めかけており全国ニュースで亜人として報道されていた。海が逃げ場所に目星をつけてあると言い、二人はバイクで逃げ回る。道中に1億円の懸賞金に目が眩んだ人間も複数登場する。しかし、逃げる。

圭は人間に襲われる間に亜人特有の特殊能力みたいなものが使えることに気づく。

なんとかピンチを切り抜けていく二人。

そして、同じく亜人である佐藤が不穏な動きを始め、永井圭に接触しようとする。途中には亜人同士のバトルも入り、普通の人間には見ることができない黒い包帯を巻く異型の生物が出て来る。亜人同士のバトルは非常に白熱して下手なバトル漫画よりも面白いかも。

圭はこれ以上、海を危険な目に合わすことができず、海が寝ている隙に1人で逃げる決意をする。そして亜人:佐藤からの連絡。

圭は危険を感じながらも佐藤との接触を試みる。

桜井画門の漫画「亜人」1巻の感想

これはかなり面白い。
第1巻を読んだら続け様に2巻を読みたくなってしまう。亜人って一体なんなの?亜人が出せる包帯人間は何?といった考察が捗るはずだ。

1巻を読んだ程度では人間とは何なのか…?といった哲学的な思考にはならないが臨場感のある描写でハラハラ・ドキドキ展開が待っている。

人外マンガが好き、ホラーやサスペンス、ミステリアスな漫画が好きな方にはドンピシャではないだろうか。現在、全10巻が発売されているが完結されていない漫画。実写化も予定されているのでこの機会に原作漫画を読んで一足先に亜人の世界観を堪能すると映画もより面白く観れるのではないだろうか。

亜人の無料立ち読み

亜人(1)

ここから先はネタバレを含みます。無料で試し読みしたい方は以下から。

漫画「亜人」を無料立ち読みする

-サスペンス, ミステリー

© 2020 スマ漫