スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

ヒューマンドラマ

漫画「フリマアプリ地獄」ネタバレ!フリマアプリで稼ぐ女の結末が悲惨…

更新日:

フリマアプリ地獄

SNS地獄、整形復讐女の原作を務めるとらふぐ先生の新作「フリマアプリ地獄」が電子書籍ストアで配信スタート。こちらは電子限定のプチコミックになっています。常に話題の題材をテーマに裏側を暴いていく内容が面白い著者の作品。

今回はメ◯カリでしょうかね。
フリマアプリを題材にトラブルに巻き込まれる女性を描いていきます。

某有名フリマアプリであるメル◯リとか、フリマアプリに興味ある人はチェック必須の漫画です。それにしても女性はチヤホヤされたり、思い通りに事が進むと有頂天になって、やる事なす事がエスカレートしていきますね(笑)

漫画「フリマアプリ地獄」は電子書籍ストア「BookLive!」にて無料試し読み可能!話題のフリマアプリで低評価が付く出品をしていた女の末路を描いています!

漫画「フリマアプリ地獄」今すぐ試し読みする

漫画「フリマアプリ地獄」ネタバレ

主人公は彼氏との結婚資金を稼ごうとフリマアプリの魅力にハマってしまうマユミといった女性。出品した物が売れる程に有頂天となり、自身を破滅の道へ追い詰めていきます。

きっかけは友人の結婚…

マユミがフリマアプリにハマるキッカケを作ったのは友人であるユリ。結婚が決まり、結婚式に必要な細々したアイテムをフリマアプリで格安で揃えたとマユミに伝えます。

ついでにフリマではエコー写真が出品されているから、彼氏に嘘の妊娠報告をして、結婚へその気にさせればと提案。

その言葉を信じてフリマアプリに手を出すマユミ。買うだけでは物足らず、結婚資金や部屋のガラクタを一掃するために出品者となりフリマを利用し始めます。

出品すれば売れる…フリマアプリの虜に…

クッションから始まり、洋服、食器類、使用済み歯磨き粉、彼氏の大切なプラモデル、道端に落ちていた石…などなど、あらゆる物を出品するマユミ。

それでも売れちゃうから働くのが馬鹿らしい…。

フリマアプリの魅力にハマったマユミでしたが、怪しげな商品を出品する内に不穏な出来事が起こり始めてしまいます。

なんで…!? 自分の所有物が勝手に出品中…

価値のない怪しげな商品を出品し出すとマユミにはクレームの嵐が…。同時に出品した覚えがない物がフリマアプリで出品されている事に気が付きます。

通勤で利用する自転車、植木鉢、靴下などなど。

誰かが勝手にマユミの所有物をフリマアプリに出品しています。追い打ちをかけたのがマユミ本人が1万円で出品されていること。しかも「SOLD OUT」といったお買上げ状態になっていました。

魔の手がマユミに襲いかかる…

誰が何のために勝手に所有物を出品するのか…ましてや人間まで出品される始末。恐怖を覚えたマユミの元へ「ピンポーン」とインターホンが鳴ります。

相手はマユミ本人を購入した男性。
商品を引き取りに来たと語ります。玄関ドアを強烈にノックしてくる男に体が竦み、震え上がるマユミ。

絶体絶命のピンチだと思った時に光が差し込みます。

それはマユミの彼氏であるトオルが出張から帰ってきたことでした。それによってマユミを引き取りに来た男は逃走。マユミも一連の事情をトオルに語り、許しを請うことに。

漫画「フリマアプリ地獄」感想

フリマアプリ地獄

今回も旬な話題をテーマに繰り広げられる天国から地獄の非サクセスストーリー。出品者の立場にたった怖い体験が漫画を通して体験できました(笑)

実際、このフリマアプリは多くのトラブルがあるようで、

  • 新品だと偽った中古品
  • 送料込みのはずが着払い
  • 偽ブランドやコピーブランド品
  • フリマアプリでの脅迫
  • モラル違反の横行

様々な不安要素を抱えています。
いつ、フリマアプリ地獄のような事件が起こるとも限りません。個人的に興味もあって利用してみようと思っていましたが、フリマアプリ地獄を読んだ機に色々と調べてみると便利な反面、潜む恐怖もありました。

漫画として読む分にはかなり面白いですが、実際に利用してみようとなると少し躊躇してしまいますね☆彡

フリマアプリの利用について少し考えさせられる場面もあった漫画「フリマアプリ地獄」 お勧めの一冊です。是非!

フリマアプリ地獄

フリマアプリ地獄

漫画「フリマアプリ地獄」は電子書籍ストア「BookLive!」で無料試し読み可能!興味が出た方、冒頭を読んでみたい方は以下から試し読み!

漫画「フリマアプリ地獄」を今すぐ試し読みする

※作品が見つけられない方へ
移動先の電子書籍ストア内にある検索窓に「フリマアプリ地獄」と入力して検索すれば作品を絞り込んで表示してくれます。

-ヒューマンドラマ

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.