サスペンス

木元紀子の漫画「ブスが7億円もらったら〜リベンジ〜」1巻のあらすじ・ネタバレ感想

ブスが7億円もらったら

この漫画のあらすじ、感想はネタバレを含みます。少しでもネタバレなく漫画を読みたい。立ち読みしてみたい方はこの先を読み進めないようにしてください。

この漫画の無料立ち読みはこちらで可能

子供の頃、母親から目つきが気に食わないと言われてアイロンを顔に押し当てられて顔の右半分に大きな火傷を負った女性がこの漫画の主人公。

名前は入間ゆき。23歳の女性だ。
ゆきはその暗い性格や雰囲気から疫病神扱いされることも多かった。また顔の火傷で自分に自信をもてないでいる。

賃貸アパートの大家に邪険に扱われ、職場の先輩にも毎日いじめられる日々が続く。それでも耐える入間ゆき。

そんな中、ゆきのことを気にかける男性が一人いた。それは職場の工場長。何かとゆきに目を配り心配する様子を見せる。ある日、納期が迫ってきており仕事も忙しい。しかし、お得意から急ぎの仕事を頼まれる工場長は仕事終わり、ゆきに残業をお願いする。

いつも世話してくれる工場長の頼みなので断る意思を見せないゆき。急な仕事をやり終えて会社で寝てしまう。翌朝、会社のデスクで起きると完成して納品する状態に仕上げた製品がなくなっていた。

お得意に納品できなかったことで上司に叱咤を受ける工場長。

ゆきはすぐに工場長に謝る。いつも優しいはずの工場長だったがゆきを殴打して「つっかえねーな」の一言。ツバを履き、足で蹴りながらゆきのクビを宣告する。

職場を去る帰り際、ゆきは見てしまう。いつもいじめてくる職場の先輩である本山が納品するはずだった製品のダンボールを開けて踏み潰しているのだ。そして、ゆきは本山から多くの事実を知ることになる。

工場長はゆきの給料からピンハネして愛人に貢ぐ金にあてていた。その為、ゆきはフルで働いても手取り9万といった安月給であったのだ。そしてゆきのクビは住んでいるアパートの大家まで情報が知れ渡る。

仕事をなくしたゆきに家賃の支払う能力がないと判断してアパートを出て行けと通達する。いや、通達と言うよりゆきがアパートに着いた時には既に家財道具一式が外に出されていた。

家を追い出され、仕事を無くしたゆきは自分も憎み、虐げてきた人間も憎む。全ての人間が憎いと感じた時、ゆきの目の前に一人のおばあさんが現れる。復讐することを誓うなら7億円をやろう…とゆきに言う。

ブスが7億円もらったら〜リベンジ〜の感想

ゆきを虐げる人間がクズすぎて笑けてしまう。本当にクズ。実際にいたらヤバイ奴。ちょっと耐性がない人だと胸糞悪くなる可能性も否めない。それくらい序盤はクズ人間が自由奔放にゆきを虐げていく。

でも、1巻の中盤〜終盤にかけては7億円を手にしたゆきが今まで散々、自分をこけにしてきた人間に復讐を仕掛けていく。

漫画ながら入間ゆきといった女性を応援してしまう自分がいた。もう復讐が成功した時は本当に爽快感がある。もっと酷い仕返しをしてもいいのに〜と思ってしまう場面もあるが充分に復讐を果たせていると思う。

そして、この漫画の最大の敵が入間ゆきの母親となる。1巻でも登場するが本格的な復讐劇が始まるのは2巻からとなる。日頃からムシャクシャしており痛快かつ爽快感のある復讐劇を漫画で読みたい方におすすめだ。

木元紀子の漫画である「ブスが7億円もらったら」は全2巻で完結。読みやすく最終的はハッピーエンドで話しが完了するので読後感も非常に良いものとなっている。電子書籍ストアでも無料立ち読み可能。気になったら立ち読みから読んでみて欲しい。

-サスペンス

© 2020 スマ漫