ヒューマンドラマ ラブストーリー

わるいあね【2巻ネタバレ】全てを捨てた2人に迫る悪しき影…!?

わるいあね(2巻)

禁断の兄弟愛を描く三輪まこと先生の漫画「わるいあね」第2巻

お互いの気持ちを確かめあった2人は全てを捨てて同棲を開始する事へ。しかし、日向子を忘れられない狂気の人間・滝沢が本格的に動き出していきます。7年前の事件をリアルタイムで知っていた滝沢。

彼のおもちゃにされていく姉弟妹。
そして滝沢への怒りが増幅していく夏樹はある決意を胸に秘めていきます。禁断の愛は人を壊してしまうのか…大注目の2巻。内容をご紹介していきます。

まずは試し読み!

漫画「わるいあね」は電子書籍ストア「eBookJapan」で取扱・試し読みあり!

漫画「わるいあね」を今すぐ試し読みする

わるいあね(1巻)
わるいあね【ネタバレ】血縁関係にある姉弟の禁断の恋模様が描かれる!

三輪まこと先生が描く禁断の愛を描く漫画「わるいあね」第1巻。 ヒロインである日向子は過去に実の弟を誘拐していた。その後、家族は離散。そして7年後。姉と弟は再び再会を果たしていく。世間的には禁忌とされる ...

わるいあね【2巻ネタバレ】

わるいあね(2巻)

7話ネタバレ

自身も夏樹の事が忘れられず、好きだと明かしていく日向子。自ら後にに引けない状況を作り出していく。同時に7年前と同じ過ちは繰り返させいと判断した日向子。今後のことについて提案をしていく。

自分達は今までと変わらない生活を続けていく。

植物館で働いていて彼氏のいる普通の女を演じる日向子。妹と同居している普通の大学生を演じる夏樹。この「普通」を隠れ蓑にして人に少ない郊外や田舎でこれからは会いましょうと伝えていく。

想いを確かめあった2人。次に会う約束をして離れていく。そして日向子のもとに滝沢が戻ってくる。数日後、夏樹はユキとカフェデート。しかし、心ここにあらず状態。

ユキからデート時の夏樹の状態を聞きつつ、連絡を受ける瑞樹。何やら険しい表情を浮かべていく。

そして夏樹と日向子が出会う日へ。
2人は登山デートを楽しもうとした矢先、日向子の背後に現れる瑞樹を捉える夏樹。

瑞樹はカッターを手にしており、姉である日向子を切りつけていく。

8話ネタバレ

さらに日向子へ攻撃を仕掛けようとしていく瑞樹。夏樹がそれを制止していく。左腕に深い切り傷を負った日向子。

『その女が害虫なんだよ!』

瑞樹の姉に対する怒りが弾けていく。怒りの収まらない瑞樹に向かっていく日向子。彼女の耳元にて何かを呟く。膝から崩れ落ちる瑞樹。何を伝えたのか不明だが日向子が妹に対抗しうる唯一の手段だった模様。

何かは明かされないが姉弟妹に関する最も有毒な秘密らしい。

そして半年が経過。
瑞樹が2人の居場所を特定した種明かし。彼女は探偵を使って日向子と夏樹を嗅ぎ回っていたのだ。しかし、半年経過した今では料金滞納状態だった瑞樹。夏樹は瑞樹に対する失望の言葉を漏らしていき、2人が住んでいたアパートを一人で出ていく。

夏樹が向かった先は田舎の賃貸一軒家。
そこには既に日向子が暮らしていた。これから2人が住む為の場所であった。2人の覚悟が伝えられていく。日向子と夏樹は姉弟として新しい土地で一緒に生きていく事を選んだのだ。

必要以上に触れ合わず、寝る部屋も別々。本当の姉弟として生活をしていくと…。

一方、日向子に逃げられた滝沢。嬢を日向子に見立てて手荒にしていく。

9話ネタバレ

2人の新しい生活がスタートしていく。
順調に見えた新生活だが日向子は思う部分があった。本心を偽って気を遣って生きていく事が正しい選択なのか…。葛藤していた。

一方、滝沢。
日向子が以前住んでいたアパートの部屋前でひたすらノックしていく。隣人からお叱りを受ける滝沢。彼は合鍵を持っていた。

日向子の中に夏樹との関係に葛藤はあったが上手く姉弟らしい生活をしていき、幸せを見出していく。そんなある日、日向子宛ての郵便物が前住所から転送されて届く。

封筒に入っていたのは滝沢に撮られた卑猥な写真の数々だった…。

10話ネタバレ

滝沢からの脅しで調子を狂わせてしまう日向子。
彼がここまで自分に固執している事が計算外だった日向子。彼との出会いを思い出していく。

滝沢のサディスティックな面は熟知していたが、消えれば対象を別の人に移すだろうと考えていた日向子。しかし、それが未だに自分へ向けられていく事に恐怖を覚えていく。

一方、瑞樹。
バイトも休んでおり、心配してユキが訪れてくる。事情は説明しないがユキに愚痴をこぼす瑞樹。夏樹に色目を使う女がいることだけは理解するユキ。

日向子は生花店のバイト面接に合格。
面接終わりに店前へ夏樹が迎えに来てくれていた。寄り道していく2人。高台の上から街を見下ろしていく。

少しだけ夏樹に甘えて、元気を注入していく日向子。活力が戻る。同時に夏樹の携帯にユキから連絡が入る。瑞樹の事について相談したいと…。

11話ネタバレ

ユキの相談に乗る事にする夏樹。
瑞樹が弱っている事を知る。夏樹は当面は瑞樹と会わない事を伝え、現在は姉と住んでいる事をユキに伝えていく。

ユキの中で夏樹の姉が彼を誘惑しているのか…瑞樹の言葉も思い出して疑うが姉弟愛はないだろうと考えていく。しかし、瑞樹に連絡しようか迷うユキ。

一方、瑞樹の自宅に滝沢が訪れてくる。
消耗しきった顔で日向子と連絡が取れない…心配だと訴える滝沢。人の目もあったので部屋にあげる瑞樹。

皮を被った滝沢の話を聞く瑞樹。
日向子はクズ女だから忘れた方が身の為だと伝えていく。

『そんなハズはない…彼女はそんな尻軽ではない…だって彼女は…実の弟しか愛する事のできない女だから』

本性を見せていく滝沢。
彼は7年半前からずっと姉弟妹のファンである事を伝えていく。3人の事情を把握している滝沢。日向子の居場所を聞くと共に瑞樹を脅していく。

屈服していく瑞樹の姿を見て滝沢。瑞樹に衣服を全部脱ぐように指示。

『君にも俺のお人形さんになってもらうよ…日向子を見つけるまではね』

12話ネタバレ

瑞樹の卑猥な写真を撮っていく滝沢。
彼がどうして日向子に執着するのか明かしていく。それは7年半前の事件。ある掲示板では夏樹と日向子のことで盛り上がっていた。それをリアルタイムで見ていた滝沢。

ネット上で日向子が断罪されていく姿に興奮を覚えていた滝沢。

そんな彼が植物館にやってきた日向子と遭遇。憧れていた女性が目の前にやってきて、精神的に壊れていて思い通りに動かせていた滝沢…その興奮がやめられないと語っていく。

さらに滝沢は7年前より面白い状態を作り上げようとしていた。その為に利用価値があると判断される瑞樹。

一方、夏樹。
自宅に帰ると転送されてきた郵便物を受け取る。自身の名前もあった為、封を開けてみると姉の卑猥な写真。そして滝沢からの手紙を目にしていく。

新居へ帰ってくる日向子。
滝沢からの郵便物がテーブルに置かれていた。さらに彼の手紙を読んで困惑する日向子。

夏樹はまともな人間のすることじゃない。脅迫だと声を大にしていく。日向子はそれを否定。自分が最低の人間だから弄ばれてもしょうがないと語る。その理由に怒りを見せていく夏樹。

荒れて物に八つ当たりしていく夏樹を落ち着かせる日向子。夏樹の中で一つの答えが出る。

『殺すわ…こいつ俺が殺してやるよ…』

ここで第2巻は終了。

わるいあね【2巻の感想】

わるいあね(2巻)

弟・夏樹の滝沢に対する怒りが爆発。
このまま突き進んだら最悪の事態に…。滝沢を含む4人の関係に大きな亀裂や流れが今後出てきそうですね。

そして気になったのが瑞樹を落ち着かせる為に放った日向子の禁断の言葉。姉弟妹にはどんな秘密が隠されているのか…。サスペンス色も色濃くなってきた「わるいあね」…滝沢は気持ち悪くて叩き潰されて欲しいですが…夏樹と日向子は幸せになってほしい…。

結末が非常に気になる作品です。今後の展開も期待している漫画なので是非、チェックしてみて欲しいです☆彡

この漫画をチェック!

わるいあね(1巻)

漫画「わるいあね」は電子書籍ストア「eBookJapan」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

-ヒューマンドラマ, ラブストーリー

Copyright© スマ漫 , 2020 All Rights Reserved.