ホラー

生者の行進リベンジ【6話ネタバレ】主人公の重い恋バナに涙腺崩壊!?

生者の行進リベンジ

生者の行進リベンジ第6話の配信がスタート。今回も前回同様に物語が大きく進展する内容ではありませんが、リカの視た黒いモヤの正体。省吾の過去の回想シーンなど物語のスパイスとなる要素が盛りだくさんで描かれていきます。

終盤では惺流をいじめていた生徒二人の訃報が省吾のもとへ流れる場面もあり、大きく物語が動き出す布石のもなっている第6話。

ではでは、生者の行進リベンジ…注目の第6話の内容をご紹介していきますね!

まずは試し読み!

漫画「生者の行進リベンジ」は電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信中!

漫画「生者の行進リベンジ」を今すぐ試し読みする

生者の行進リベンジ
生者の行進リベンジ【5話ネタバレ】新キャラ登場&少女に霊感が宿っていく!?

生者の行進リベンジ・最新話となる第5話が配信開始。 5話は特にストーリーが大きく動く訳ではありませんが、新キャラが登場したり、リカが視る世界に異変が出てきたり…。じっとりした恐怖が描かれていきます。 ...

生者の行進リベンジ【6話ネタバレ】

自身がお守りを落とした公園にて、お守りを拾った人物・惺流が現れるのを待つリカ。そんな中で彼女は公園に集うママ友達の井戸端会議で一人だけ顔に黒いモヤがかかっている女性を発見。

一体あれは何なんだろう…。
黒いモヤを纏う女性を凝視しているとモヤが離れて移動。モヤのかかっていた女性は至って普通の女性でした。

そしてモヤはリカに接近。
モヤは顔の表情を見せて、リカの前でニヤリと笑ってみせます。恐怖を感じたリカ…。モヤから離れようと逃げますが追いかけれられてしまう事態へ。

黒いモヤの正体は一体なに…!?

取り敢えず助けを求めたいリカは省吾へ連絡。しかし、繋がらず。逃げ惑っていると小学生の少女とすれ違うリカ。すると黒いモヤの幽霊はターゲットを小学生に変えて再び頭に憑いていきます。

その後、省吾から折り返しの連絡があり、合流するリカ。

体験した状況を省吾に説明していきます。省吾の見解としてリカの視た黒いモヤの幽霊は低俗な浮遊霊で人に悪さできる力を持った幽霊ではないので安心して大丈夫だと説明。

それよりもリカに多少の霊感が宿った事に少しばかりの懸念を示していきます。

重い恋バナに涙…!?

その後、公園の見張りを完全に忘れていたリカをからかう省吾。リカも仕返ししようと省吾に女性関係について訪ねていきます。

そんな流れから省吾は自身の過去と遥についてリカへ語っていきます。

幼少期から非常に霊感の強かった省吾。人間を視るだけで波動が見えていたと語り、自分の母親の波動が最も眩しく安心感があった事を明かします。しかし、そんな母も病気で死亡。

省吾の同級生であった佐倉遥は母親と似た波動を持つ女性で彼女に惹かれていった事も明かしていく省吾。

そして2年間の留学中に遥への気持ちが愛だとわかった省吾。帰国して彼女に想いを伝えようとすると遥には親の決めた婚約者がいた事を知って今に至っているとリカへ伝えていきます。

省吾の恋バナを聞いて涙を流すリカ。

『先生の恋バナ…軽い気持ちで聞いたのに…重い…』

ぼろぼろと涙を流すリカ(笑)
同時に省吾は遥が姿を消した理由は今追っている呪いのお守りが関わっている可能性が強い事もリカに告げていきます。

『アイツを連れ去った奴がおるなら俺の手でブチのめす』

真剣な表情の省吾を見て、想われている佐倉遥の事が羨ましくなるリカ。そして省吾に笹塚から連絡が入ってきます。

『省吾やられた…また未成年の死者が出た…今度は二人だ!』

再び呪いのお守りが関係するであろう事件の事情を説明されて困惑していく省吾。ここで第6話は終了となります。

生者の行進リベンジ【6話の感想】

生者の行進リベンジ

リカが視た黒いモヤの正体は大した事がなく低俗な浮遊霊であった事が判明。同時に今回は省吾の遥に対する詳細な想いが明かされていきました。

母親と同じ波動を持った佐倉遥。
確かに省吾が惚れるのもわかります。個人的には遥とリカって似たような雰囲気を持っていると感じているのですが、どうなのやら…。

あと今回、第6話で省吾は前作の主人公である泪(るい)の存在を匂わす発言をしようとする場面があります。これはもしかしたら泪の登場フラグの可能性が微レ存。

またリカの省吾に対する恋愛フラグも微妙に感じ取れる内容となっています!まだこれからの展開、先行きは不明ですが楽しみしかない作品。興味が出た人は是非、チェックしてみて下さいね☆彡

この漫画をチェック!

生者の行進リベンジ

漫画「生者の行進リベンジ」は電子書籍ストア「まんが王国」にて先行配信中です!

今すぐ試し読みする

生者の行進リベンジ・過去話

※スマホ閲覧の方はメニューの横移動で隠れているコンテンツが表示できます。

-ホラー

Copyright© スマ漫 , 2020 All Rights Reserved.