サスペンス

サイソウフレンズ【3話〜4話ネタバレ】惚れてた男の真意に気づく壮絶な過去編!

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描く戦慄のタイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ」第3話〜4話の内容をご紹介していきます。

3話、4話の見所は高校時代、薊に懐いていた親友的男子生徒である自由太。彼の真意に気づいていきます。彼が薊に懐いていた理由…実は薊の嫌がらせ、苛めから黒井雪を守ろうとしていたのです。

薊にとっては多くの新事実を目の当たりにしていく高校時代編。今回も胸がざわつく衝撃の展開だらけで目を離す隙がありませんよ!

漫画「サイソウフレンズ」は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信中・無料試し読みも可能となっています。

漫画「サイソウフレンズ」今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「サイソウフレンズ」と入力する事で作品を絞り込んで探しやすくなります。

サイソウフレンズ
サイソウフレンズ【1話〜2話ネタバレ】過去に戻り自分自身と対決していく!?

漫画「サイソウフレンズ」は江唯みじ子先生が描く過去と現在を行き来するタイムリープサスペンス。メインキャラクターは武藤薊。そして黒井雪といった二人の女性。 高校時代に確執のあった二人。 社会人となって同 ...

サイソウフレンズ【3話〜4話ネタバレ】

3話ネタバレ

高校時代の自分自身から逃げ切った先で自由太と対面を果たす薊。彼女の中で鼓動が雷のように響いていきます。自由太は目の前にいる黒井雪を見るなり、ノーリアクション。

そして薊が登場。
自由太が薊に居場所を明かしてしまうと不安に駆られますが、自由太は薊と黒井雪を遠ざけていく対応。

自由太の真意を考察しつつ、自分が過去…黒井にしてきた嫌がらせの数々を思いだしていくと高校時代の薊(自分自身)に見つかってしまう事態へ。

身柄を確保されて、仲間を呼ぶ薊。
このままでは何をされるのかわからない。黒井雪に転生している薊はある言葉を投げかけていきます。

『私に名前を間違えられた事、悔しかったんでしょ』

高校時代の薊が何故、執拗までに黒井雪に執着して嫌がらせをするのか背景が明かされていきます。理由は当時、黒井雪が薊の名字を間違えたから…。

友人の前で恥をかかされた為、薊は黒井雪を嫌いになっていました。過去の自分に懺悔しつつ、薊から逃げる事に成功。取り敢えず下校時刻まで隠れる事を決意。

そして下校の時間。
帰宅する薊達を目に捉えていきます。薊はスマホを忘れたようで荷物を置いてロッカーへ。ノリコ達の様子を物陰から見ていた黒井は衝撃的な光景を目にしていきます。

薊の鞄からペットボトルを取り出すノリコ。そしてペットボトルの中に唾を吐き捨てていきます。戻ってきた薊はそんな事を知らず、喉が乾いたと唾入りのペットボトルをゴクゴクと飲み干す事へ。

薊の見ていない所でハイタッチするノリコともう1人の友人。この自分を取り巻く環境を目にした同時に薊は現代の元の身体へ戻ってきます。目の前に倒れている自由太は一旦放置して同級会の開かれている居酒屋に向かう薊。

薊は居酒屋でヘラヘラ笑っていたノリコに襲いかかっていきます。

4話ネタバレ

高校時代、友人だと思っていたノリコが自分のペットボトルに唾を入れて飲ませていた事を知る薊。現代へ戻った彼女は真っ先に同級会が続いている居酒屋へ向かい、ノリコに襲いかかっていきます。

薊の怒りは暴力となってノリコへ。
ノリコは仲間に警察を呼ぶように指示。自由太の件もあるので咄嗟に逃げ出してしまう薊。雨の中、走っていると足元が歪んで飲み込まれ、再び高校時代へタイムリープする事になる薊。

またしても黒井雪の身体に転生していきます。

黒井雪が自殺をするのは今冬。もしかして元の時代に戻れなかったら黒井として死ぬ運命になるのか…。そんな事を考えると脳裏に黒井雪が自殺した日の事を思い出していく。

そして高校時代の自分自身に目を向けると鋭い眼光でこちらを睨んでいた。

休み時間になると教室から離れて薊達と距離を置こうとするも、クラスメイト達は黒井雪を苛める為、黒井探しをしていた。見つかりそうになった時、目の前に自由太が憚ってくれてクラスメイトを他の方向へ誘導。

そして自由太からお叱りを受ける事になる黒井雪。
彼は黒井雪を心配していたのです。自由太が珍しく感情的になる中、薊が登場。鋭い眼光で黒井雪を睨む薊。彼女は自由太に『昨日この人にひどい事言われちゃったんだよね〜』とわざとらしく語りかけていきます。

薊の言葉を聞いて黒井雪へ向かっていく自由太。
鞄を取り上げると同時に黒井雪にぼそっと『ごめん』とだけ告げていく自由太。

鞄は投げ捨てられてしまいますが、植木の上に落ちており、中身は問題ない状態。黒井雪に転生した薊はここで自由太が何故、高校時代…自分自身に懐いていたのか真意に気づいていきます。

自由太は黒井雪を守る為に私をおだてて、機嫌を取って、信頼させて何かあった時にすぐに黒井を助けられる場所にいた…。

高校時代、自分は慕われ女王だと勘違いしていた薊。第三者目線で自分を見ていくと本当に周りから嫌われており、取り巻く環境を何を知らなかったと惨めになっていきます。

自分自身に腹が立っていき、鞄に八つ当たりしていく薊。すると『ひどい…私のカバン…なぜこんな事するの』黒井雪に転生した薊の前に本物の黒井雪が現れてきます。

ここで4話は終了。次巻へ続きます。

サイソウフレンズ【3話〜4話の感想】

サイソウフレンズ

3話〜4話では主人公である薊が高校時代にどういった状況に陥っていたのか如実に描かれる内容でした。黒井雪を苛める傍ら、自分自身も周りから嫌われており、苛めを受けていた薊。

また親友男子で大人になってからの再会で好意まで抱いていた自由太の真意を知って絶望していく事になる薊。

過去編では黒井雪の亡霊も現れてきました。彼女は転生した薊に何を語っていくのか…。今後も期待の作品です。是非、興味が出た人はチェックしてみてください☆彡

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ

漫画「サイソウフレンズ」は以下から無料試し読みが可能!

漫画「サイソウフレンズ」を今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「サイソウフレンズ」と入力する事で作品を絞り込んで探しやすくなります。

サイソウフレンズ
サイソウフレンズ【5話〜6話ネタバレ】浮上する新たな疑惑と謎…!?

江唯みじ子先生が描く極上のタイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ」第5話〜6話の内容をご紹介!今回は黒井雪に転生した薊が高校時代の自分自身に一泡吹かせる行動を起こしていきます。 同時に黒井雪の死 ...

↓↓↓サイソウフレンズのネタバレまとめてます↓↓↓
>>サイソウフレンズ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで網羅!

-サスペンス

© 2020 スマ漫