スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

サスペンス

漫画「いじめるヤバイ奴」2巻ネタバレ!狂った権利対決&もう一人のヤバイ女登場!

投稿日:

いじめるヤバイ奴(2)

中村なん先生が描く問題作「いじめるヤバイ奴」最新刊となる第2巻の配信が開始。今回の見所は白咲さんのいじめる権利を争奪し合う加藤とのいじめバトル。そして仲島の前に突如として現れるぶっ壊れキャラの青山さん。

読み進めていくと主人公である仲島が非常に可哀想に思えてくる作品。

仲島は理由は不明だがヒロインとなっている白咲さんから虐めする事の強要をされている。もし白咲さんが満足いかない虐めであれば彼はお仕置き(命の危険を伴う)されてしまうのだ。

かなり尖った作品である事は間違いないが想像以上に濃いキャラも続々と登場してきて益々面白くなってきた作品。気になる人は是非、チェックしてみてください☆彡

漫画「いじめるヤバイ奴」は電子書籍ストア「eBookJapan」で無料試し読みが可能!

漫画「いじめるヤバイ奴」を今すぐ試し読みする

いじめるヤバイ奴
漫画「いじめるヤバイ奴」ネタバレ!狂気の虐めの真実は強要されていた!?

漫画「いじめるヤバイ奴」は中村なん先生が描く「虐め」をテーマにしながら新しい切り口で仕立て上げられた加害者の苦悩などを描いていく作品。 漫画のあらすじを読めばすぐに物語の内容を把握できるので全容をネタ ...

続きを見る

漫画「いじめるヤバイ奴」2巻ネタバレ

1巻の終盤で突如として現れた影のある転校生である加藤。面倒を起こされる前に自分の支配下に置きたい仲島は加藤の前で極悪非道に白咲を虐める事へ。

しかし、加藤はまったく微動だにせず。
逆に仲島に詰め寄っていき彼をワンパン。もしかして正義のヒーローを気取る田中のような存在ではないかと脅威を感じる仲島であったが想像の斜め上をいく展開を見せていく事へ。

生粋のいじめっ子と直接対決へ!

仲島を殴り、白咲さんに近づいていく加藤。
優しさを見せるのかと思いきや、彼は白咲さんの制服を剥ぎ取って躊躇なく顔面パンチ。加藤は中学時代から有名な生粋のいじめっ子であったのだ。

彼は仲島に宣戦布告。
白咲さんは自分の玩具だから勝手に遊ばないでくれと仲島に詰め寄っていくのだ。

そんな中、お互いの目的が合致している二人がいるのだから自分がもう白咲さんを虐める必要はないのではないか…と考えるようになる仲島。今後は自分の役目は加藤がやれば良い…そう思った仲島は白咲さんにメールで聞いてみる事に…。

しかし、白咲さんの返答は仲島を解放するものではなかった。

『私のいじめっ子はお前だけ』

加藤では駄目だったのだ。
結局、白咲さんの強要から逃れる事のできない仲島。ましてや加藤のせいで今後の虐めが失敗に終わると自分の身に危険が訪れると感じた仲島は白咲さんを虐める権利を争奪し合う対決を加藤に持ち込んでいきます。

いじめる権利を賭けた死闘開始!

そして加藤と白咲さんをいじめる権利を賭けた勝負が勃発。勝負方法は簡単。まずお互いが白咲さんを虐めてどちらがより悍ましかったか…クラスの無記名投票で決めてもらうのだ。

そして順番決めへ。
この勝負は後攻側が有利。しかし、仲島は先攻になってしまう事へ。そして権利を賭けた壮絶な虐めが始まっていく。

簡単に結果を書くと勝利したのは仲島。
彼が先攻を選んだのにも理由があり、遊びと本気の違いを見せていくのだ。狂った仲島の虐め方によって戦意喪失となり勝負を降りる事になる加藤。

しかし、本物のいじめっ子である加藤は偽物のいじめっ子である仲島にある疑惑を持つ事へ。

偽物だとバレてしまう…!?

勝負に負けた加藤であったが放課後に白咲さんを呼び出して仲島に感じた疑惑を確信にしようと100個の質問を投げかけていきます。まったくボロを出すことなく模範的な回答をする白咲さん。

しかし、最後の質問で収穫を得ると同時に白咲さんに得たいの知れない恐怖を感じる事になる加藤。

そして加藤が掴んだ収穫。
それは仲島は白咲さん以外を虐めた事がない事であった。これが彼の疑惑を確信に変えるヒントになるではないかと感じた加藤。翌日、彼は無名女子生徒を虐めており、仲島にも無名女子生徒を虐めてみろと挑発。

基本的に虐めなどしたくない仲島。
白咲さんに強要されているからやっているのであって、今回の加藤の件で心に葛藤が生まれていきます。

しかし、ここでボロを出せば偽物だとバレてしまう。そうなると白咲さんに殺されるかもしれない仲島は自分も本物のいじめっ子である知らしめる為、無名女子生徒に虐めを仕掛けようとしていきます。

ここで予想外の事態へ。
仲島が無名女子生徒に手を出そうとした時、それを止めたのが白咲さんだったのです。丁度良く先生も来て加藤の検証はここで一旦白紙へ。

ヤバイ奴がもう一人登場!

本物のいじめっ子にならずに済んだ仲島。
学校屋上で白咲さんと二人きりになり、お礼と共に本性剥き出しでやり取りをする白咲さん。

しかし、屋上にはもう一人、女子生徒がおり二人のやり取りを聞いていたのだ。

屋上から白咲さんが去った後、女子生徒・青山は仲島の前に現れて二人の話を全部聞いていた。関係性も理解したと語り、仲島を抱きしめて白咲さんから救ってあげると言い出すのだ。

ようやく自分を理解してくれる人が現れた事で安堵する仲島。青山と一緒に社会的に白咲さんを裁こうと訴える仲島であったが青山さんの考えは違っていた。

彼女は白咲さんを社会的に抹殺するのではなく…物理的に抹殺する事を考えていたのだ。さらに青山は仲島に告白。自分を運命の人だとか言って彼女を理解する事ができない仲島。

青山は女神なのか…悪魔なのか…この時点で判断できない仲島は彼女を知る為に学校帰りに尾行。どんな人物なのか見極める事へ。しかし、尾行していたはずなのに一瞬で背後に回られてしまう仲島。

次の瞬間、血が滲む描写と共に2巻は幕引きとなります。

漫画「いじめるヤバイ奴」2巻の感想

いじめるヤバイ奴(2)

とにかく登場してくるキャラが濃い!
そして仲島を巡る三角関係的な展開へ発展!この漫画は白咲さんの思惑がまったく不明で不気味なのですが、もしかして仲島が好きで独占したいから虐めの強要をしている可能性が微レ存かも…。

波乱の展開に満ちてきたので次巻も期待!

題材やタイトルがややディープなので敬遠する人もいるかもしれませんが、過激でどこかミステリアスな漫画が好きな人は楽しめるかも。かなりの衝撃作である事は間違いなし!

気になった人は是非、チェックしてみて下さい☆彡

いじめるヤバイ奴

いじめるヤバイ奴

漫画「いじめるヤバイ奴」は以下から無料試し読み可能!興味が出た方、冒頭を読んでみたい方は以下から試し読み!

漫画「いじめるヤバイ奴」を今すぐ試し読みする

-サスペンス

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.