ヒューマンドラマ

言えないことをしたのは誰?【5話ネタバレ】家庭訪問で波乱の幕開け!?

言えないことをしたのは誰?

さいきまこ先生が描く漫画「言えないことをしたのは誰?第5話の内容をご紹介。今回、梨生は紗月の母親、そして担任である岸先生に紗月へわいせつ行為をする教師を周知させていきます。

梨生の行動は職員室にも波乱を招き、自身の立場も悪くしていく事へ。

また被害者にとって被害を口にする事の難しさが想像以上に難しい事が本当に伝わってくる内容。早速、5話の内容を見ていきましょう!

まずは試し読み!

漫画「言えないことをしたのは誰?」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱い・試し読みあり!

漫画「言えないことをしたのは誰?」を今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「言えないことをしたのは誰?」と入力する事で作品を絞り込んで探しやすくなります。

言えないことをしたのは誰?
言えないことをしたのは誰?【3話ネタバレ】少女達を貶めた本当の犯人が明らかになる!

さいきまこ先生が描く漫画「言えないことをしたのは誰?」第3話の内容をご紹介していきます。この3話で円城遥、小松川紗月に性暴力を振るう犯人が明らかになっていきます。 自身の見立てとは違う人物が犯人である ...

続きを見る

言えないことをしたのは誰?【5話ネタバレ】

言えないことをしたのは誰?

円城遥からの電話でスクールセクハラを行っている教師が「杉崎先生」である事を知った梨生。早朝に向けて会議も終了して帰路につこうとする教師一同。

すると職員室へ一本の電話が鳴り響く。

相手は紗月の母親で娘が帰ってきたとの連絡であった。電話を変わって紗月の声を聞かせて欲しいと訴える梨生。

電話の中で梨生は彼女を苦しめている人間を遠回しに小声で聞いていく。

『この前言ってたことだけど…あれは顧問のこと…?』

『なんでわかったの?』

梨生は紗月に自分を責めるようなことはしないで欲しいと訴えていく。一方、梨生の奥から担任教師である岸が横槍を入れていく。梨生は甘やかしすぎであると…。

電話越しで二人のやり取りを聞いていた紗月。電話を切っていく。そして岸先生に紗月宅の家庭訪問に同行するように訴えていく梨生。

『小松川さんは性暴力被害を受けている可能性があります』

それでも岸先生は動かない。紗月は虚言癖があると一蹴。さらに紗月に手を出すような男がいるとは思えないと言葉を発していく。

同時に反応を示すのが教頭先生。もし本当なら大問題であると捉えて梨生に詳しい話を尋ねていく。

『この学校の教師から…性暴力を受けてるんです』

ピリっとする職員室。
教頭は証拠があるのか尋ねていく。しかし、証拠など何もない梨生。逆に教頭から忠告されてしまう事態へ。証拠もないのに我が子くの教師のわいせつ行為を決めつけるなら侮辱だと…。

それでも粘る梨生。
だからこそ、紗月の話をしっかりと聞いて判断するべきだと訴えていきます。教頭も梨生の主張に納得。担任である岸先生に家庭訪問を許可する指示を出していく。

『神尾先生、今の発言は相応の責任が伴いますのでお忘れなく…』

あとに引けない状態となった梨生。強気な態度を取っていたが緊張の糸がほぐれると体がガタガタと震えていく。

一方、職員室では波紋が広がっていく。どちらかと言うと梨生に批難が集まっていくような状況。

そして学校を後にした梨生は急いで円城がいつもいたコンビニへ足を運んでいく。しかし、円城の姿はどこにもなかった。さらにモノローグでこの夜を最後に円城がコンビニに姿を見せる事はなかった事が明かされる。

彼女の安否だけを心配する梨生。

そして場面転換。
紗月の自宅へ家庭訪問する梨生と担任の岸先生。

梨生は母親に娘の梨生が性暴力を受けている可能性がある事を伝えていく。母親もまさか…といった状態で半信半疑。さらに面倒事はさっさと終わらせたい岸先生。

『何もなかったというならそれでいいんです』

神尾先生が暴走している事を匂わせて、さっさとこの件を片付けたい雰囲気を醸し出していく。岸先生の圧力が紗月に向けられていく。

紗月は梨生の方を見遣って口を動かす…『む…り…』紗月が自身で言えない事を理解した梨生。代わりに説明していく。そして母親へ本校の教師が紗月にわいせつ行為をしている可能性がある事を伝えていく。

本当に面倒事をさっさと終わらせたい岸先生。梨生にも噛み付いていく。

『誰がやったっていうの?本当だっていうなら名前を出せば?』

脳裏で杉崎先生の顔が浮かぶ梨生。
ここで名前を出すべきか否か、葛藤が生まれていく。すると母親が騒ぎ出す。紗月が呆然として動かない状態になってしまうのだ。

梨生は円城と同じく紗月にも解離が行っていると考えていく。そして決心する梨生。

『性暴力をふるっているのは紗月さんの部活顧問の杉崎先生です…!』

校長室で教頭と校長のやり取りが描かれる。

教頭は教師の名前が挙がればすぐに事情聴取する意向を伝えていく。校長は対象教師が肯定すると思うか尋ねていく。

『少なくとも私は証拠もないのに罪を認める人間など聞いた事がありません』

ここで第5話は終了である。

言えないことをしたのは誰?【5話の感想】

言えないことをしたのは誰?

いよいよ杉崎先生との全面対決を覚悟する梨生。学校側はまだ中立といった立場だろうか。そして紗月の担任である岸先生に至っては本当に面倒事のようで件を終わらせたい雰囲気をプンプンと醸し出した状態(笑)

名前も挙がったことで教頭から事情聴取を受ける事になると思うが杉崎先生はどう対処していくのか…。

リアルでシリアス。
スクールセクハラを題材にした作品。内容も被害者の気持ちがリアルだと評判の作品です。興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡

この漫画をチェック!

言えないことをしたのは誰?

漫画「言えないことをしたのは誰?」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱い・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「言えないことをしたのは誰?」と入力する事で作品を絞り込んで探しやすくなります。

言えないことをしたのは誰?
言えないことをしたのは誰?【6話ネタバレ】孤立してしまう正義…勝機はあるのか!?

さいきまこ先生の漫画「言えないことをしたのは誰?」第6話をご紹介。 紗月も円城も守る事が出来ない梨生。 そんな状態で彼氏から今後を考えていこうと「結婚」を匂わせる発言。全てを捨てて結婚へ逃げて守られた ...

↓↓↓言えないことをしたのは誰?のネタバレまとめてます↓↓↓
>>言えないことをしたのは誰?【ネタバレまとめ】最新話から結末まで網羅!

-ヒューマンドラマ

© 2020 スマ漫