ヒューマンドラマ ホラー サスペンス

失踪島【あらすじ・ネタバレ】妻と息子が突然失踪…陰湿な島での妻子を救出する潜入捜査開始!?

失踪島

漫画「失踪島」をご紹介!
この作品はカルトサスペンス的な要素を含む漫画。DMMブックスにて独占配信されており、現在は縦読み版が配信されています。気になった人は是非、DMMブックスをチェックして購入や無料試し読みをしてみて下さいね♪。

ここでは『失踪島』のあらすじ、ざっくりとした内容、感想などをお届けしていきます!

執筆時点では1話~3話まで無料版も配信されていますよ!

1話2話3話
4話5話6話
7話8話9話
10話11話12話
\\ DMMブックスでこの漫画を独占配信中! //

DMMブックス 公式へ

※『DMMブックス 公式へ』をタップする事でこの作品のサンプルを試し読みする事が可能です!

失踪島【あらすじ】

失踪島

主人公・京平と妻の美沙は、最愛の息子・純が原因不明の病気で余命いくばくもないという状況に苦しみながらも、希望を捨てずにいた。そんなある日、京平が仕事から帰宅すると自宅から妻子の姿が忽然と消えていた。

主人公は京平。
ある日、忽然として姿を消す妻の美沙と息子の純。京平は美沙の妹である優に相談。思い当たる節のあった優は美沙が純を連れて故郷の島に戻った事を京平に告げていき、物語が本格的に開始されていきます!

失踪島【ネタバレ】

失踪島

1話ネタバレ

息子である純の誕生日を祝う京平と妻の美沙。
純は原因不明の病気で年内を超えられるかどうか不明であった。

不安はありつつ純の為に看病も頑張る決意を見せる二人。そんな翌日…京平は仕事が終わって自宅へ戻ると純と美沙が忽然と姿を消していた。

電話も繋がらない状態。
京平は美沙の妹である優へ連絡。彼女は意味深な言葉を伝えて京平と合流する事へ。

実は昨日…姉さんから電話があったの…失踪島

優は美沙から逃げるように指示を伝えられていた。
電話で会話した状況を伝える優。美沙との電話で船に乗っているような音が聞こえたと告げる。

おそらく実家に帰ったと…実家のある島には昔から伝わる医術があり…それに純を託そうとしているのではないか…。そんな考えを伝える。

美沙達の実家はもう無くなっている事を聞いていた京平。しかし、重い口を開き…優は実家は仙台の沖にある新貝島にある事を告げる。同時にあの島に戻るともう外には出られないと。

つまり姉さんはここでの生活をなかったことにしたってわけ失踪島

そんな事が出来る訳がないと動揺する京平だったが…姉さんは二回目だからと出来ると意味深な言葉を京平に伝えていく。

2話ネタバレ

過去、新貝島にいた時の話を語る優。
美沙は自分を連れて一度島を捨てている事を明かす。そして今は純の治療の為に島へ戻ったんだと。

美沙が島を捨てた理由は尋ねる。

姉さんは島の男たちとセックスしなきゃいけない決まりだったみたい失踪島

あまりに意味不明過ぎる島の風習に動揺を見せる京平。
同時に美沙と純に戻ってきて欲しい京平。どうにか二人を連れ戻す方法はないか優に尋ねる。

部外者は島に入れないが家族だった年に一回開催される火祭りには参加が出来ると。そして優は京平が自分と婚約者になれば島に出入りが出来る事を伝える。

火祭りは来週。考えている時間はなかった京平。優の提案を飲み込み…二人は家族を装って新貝島へ向かう事へ。

島へ向かう船の中で日下部といった男と対面する京平。彼は電気工事士で島のインフラ整備へ向かう道中であった。

そして島へ到着。
携帯の電波は届かない状況。異様な島の雰囲気…誰かに見られているような状況に疑念を抱く京平であった。

3話ネタバレ

島へ到着。
辺りを見渡していると船で出会った日下部が意味深な追求。動揺するが優が声をかけてきてくれて難を逃れる事へ。

そして島の集会所に案内され…村の医者である宮城から島や儀式の説明を受ける。

ざっと説明を受け、村の住人である宿町の家が宿になること。さらに島の立ち入り禁止区域には絶対に入らない事を約束される。

携帯も没収されて外の世界と断絶される事になる京平。その後、祭りの間泊まる事になる宿町の家へ。歓迎されると同時に京平は早速、美沙と純の写真を見せていく。しかし、見たことがないと伝えられる始末。

部屋に案内されて既に布団も敷いてあった状態。

ねぇ…Hしようか失踪島

突然、優から誘惑される事になる。
夫婦である事を見せないと島から追い出されると冗談めいた言い方をする優であった。

先に風呂へ入ると出ていく優。
一方、京平は窓から外を覗く。すると仮面を被った女性が歩いていた。首元には三つ並んだホクロ。美沙の身体的な特徴であった。すぐに追いかけるが仮面を被った女性の姿はいなくなっていた。

4話ネタバレ

風呂から上がってきた優へ美沙を見つけた事を報告。どこか含みある雰囲気を見せる優であった。

そして翌日。
京平は火祭りで捧げる供物の解体の手伝いをする事へ。

供物は野生の熊。
腹を切ったりと精神的にもきつかったがやり遂げる事へ。そんな中、昨日はお面を被った女性と隣にいた男性が誰なのか尋ねてみる事へ。

美沙と一緒にいた男は司祭の加賀美といった男であった。一方、色々と探る印象のあった京平に含みある表情を見せる日下部。

その後、優と合流。
彼女に司祭である加賀美の事を知っているか尋ねる。島では有名で実質、島の一番偉い人である事を伝える優。

加賀美に直接会って話したいと訴える京平。優は祭りの料理を仕切っている女性が加賀美から直接指示を受けているので探ってみる事を約束。

村では着々と祭りの準備が進行。
そんな中、立入禁止の看板を前にして立っていた日下部を発見。気になったが丁度、優が来て二人で加賀美と対面出来る事へ。

いい?質問は私がする…疑われたら終わりだからね失踪島

加賀美と対面して姉である美沙を知らないか尋ねる優。加賀美は知っていた。それを聞いて暴走してしまう京平。美沙と純はどこにいると漏らしてしまう。当然、加賀美に怪しまれる事になる京平。

うちの姉が…この島の巫女になったって本当ですか?失踪島

すると優が衝撃の発言。
初耳だった京平。動揺を隠せなかった。

5話ネタバレ

島のリーダー的な存在である加賀美から姉が巫女になった聞いた事を打ち明ける優。
巫女の席は長年、空位であったが巫女が居らずとも島の伝統行事は無事に遂行されると告げる加賀美。

結局、美沙が巫女なのかどうかははぐらかされて何もわからずじまい。

それでも仮面を被った女性が必ず美沙だと確信を得ていた京平。深夜になると一人で外に出て美沙の探索へ。立入禁止区域に入って探索していると何者かに追われる事態。

逃げる先に小屋を発見する京平。
入って身を隠す。小屋の中で息子である純にあげたはずの玩具が転がっていた。さらに小屋の扉が開く事態。開けたのは日下部であった。

立入禁止区域に入った京平を島民に密告しようとする日下部。彼を制止させる為…島に来た本当の目的を明かす事へ。

その話を聞いた日下部は無言で小屋の奥の壁を押す。そこには地下に続く階段が現れた。偶然見つけたと語る日下部。同時に彼はこの島の事はもっと用心した方が良いと忠告。

島の裏事情を一言で伝える日下部であった。

6話ネタバレ

新貝島は人体実験を行っている島だと明かす日下部。
小屋の地下には無数の骸骨が散乱していた。そして日下部も島に来た本当に理由を明かす。

彼もまた失踪した幼馴染を探す為、島に訪れていた。
日下部から境遇は同じなので協力しないかと提案。葛藤が生まれる中…返事は今で無くても良いと。

一先ず長居は無用と小屋と立入禁止区域から出る二人。そんな二人の前に島の医者である宮城が姿を現す。日下部は宮城が人体実験に関わっていると推測していた。

二人を怪しむ宮城。島民を呼びつけて二人を囲んで追求する。正直に言えば大事にはならないと告げる宮城。答えを間違えれば罰を与えられるかもしれない…焦りと緊張が京平達に走っていく。

7話ネタバレ

島の医者である宮城に夜中出歩いている事を追求される京平と日下部。
優と喧嘩をしてしまって日下部に相談をしていたと明かす。

納得したかに見えた宮城。
しかし、優をここへ連れて来て欲しいと疑いはまったく晴れていなかった。

宮城の取り巻きが優を連れて来ようと宿へ向かっていく。そんな時…加賀美が登場。宮城は事情を説明。加賀美は騒動を収めてくれて一件落着かに見えたが…。

加賀美も優の話を聞きたいと結局、優は京平達の元へ連れて来られるハメに。

優に察してもらうしかないと判断した京平。
優が現れると突然、彼女へキレだしていく。宮城が仲裁して何故、京平が夜中に外に出たのか理由を優に尋ねる宮城。

優は京平の意図を察したのか…京平と同じノリで彼の悪口を吐き捨て…喧嘩している体裁を公の前で見せていく。

疑いは晴れそうになるが…加賀美だけはまだ納得していなかった。まだ怪しまれている事を察した優。京平に近づいていき…突然彼にキスをする行動へ。

8話ネタバレ

舌を絡める濃厚なキス。
これで機嫌を直して欲しいと訴える優。お騒がせした事を加賀美達へ謝罪。

目の前で熱いキスを見せられた加賀美や宮城は取り敢えず納得。今夜は解散する事へ。解放される事に京平達だったが…立ち去る前に加賀美が京平の耳元で何かを伝えていく。それを聞いて表情が曇る京平。

宿へ戻る道中…優からカミングアウトを受ける。
実は本当に京平の事が好きなんだと。姉より前から京平に好意を持っていたと明かす優。

その後、立入禁止区域で純が持っていた玩具。日下部の境遇など知った事を優に明かす京平であった。小屋には地下があって骸骨も大量にあった事を明かすと同時に立ちションすると伝えて再び単独行動に出ていく京平。

彼が向かった先は島の聖火台。
待ち受けていたのは加賀美であった。実は耳打ちされた内容は彼からの呼び出しであった。

9話ネタバレ

加賀美は島の事情。
さらに自分達は鬼を産む一族の呪いにかけられていると訳のわからない事を伝える。

同時に明日から始まる祭りの儀式はくれぐれも邪魔だけはしないように忠告する加賀美。

そうすればきっと奇跡は起こる…あなたの妻や子供が見つかるようなね失踪島(9話)

加賀美は自分の裏事情や美沙達の事を絶対に知っていると確信する京平。問い詰めるが信じれば奇跡は起こると伝えて立ち去っていく加賀美であった。

翌日の朝。
この日は朝食を村全員で一緒に食べる事になっていた。これも祭りの一部の儀式だと思って従う京平達。

仮面で覆いかぶされた料理を開けて見ると中身はスープ。しかし、人の指のような肉が入っていた。食する事に戸惑う京平と日下部だったが…島民達は一斉に京平達に視線を注いでいた。我慢して食べる事へ。

その後、小さな屋敷から鬼の仮面を被った人間が複数出てくる。それを確認すると島民達も仮面を被って出迎えていく事態へ。理解が追いつかない京平であった。

10話ネタバレ

小さな屋敷から出てきた人間達の中に美沙の特徴を持つ女性を捉える京平。堪らず名前を叫んでしまう。

一瞬反応する美沙であったが歩を進め、京平は仮面を付けるように忠告。
聖火台の前に立つ鬼の仮面を被る一行。そして仮面を取ると…京平の予想通り…一人は美沙であった。

聖火台の前で何かを唱え…儀式を遂行。
突然、聖火台から火が灯る事態。原理がまったくわからない京平達。

そして火を木に灯し…従者へ燃える木の先端を手に押し当てていく。普通なら火傷する状況であるが…従者の手に負傷などはなかった。

オニガミ様の火で間違いありません失踪島(10話)

最初の儀式を終えて立ち去ろうとする美沙を呼び止めようとする京平だったが…突然苦しくなって声が出せない状況へ。それを見て不敵な笑みを浮かべる加賀美。

失踪島【感想】

失踪島

カルトサスペンス的な要素が含まれており…作品の陰湿な雰囲気が徐々に楽しさを倍増させてくれる内容!

登場キャラクターも各々が秘密を抱えていたり、含みを持っていたりと謎を含む要素が盛り沢山!

主人公である京平は失踪した妻と息子を見つけて…島から脱走させる事が出来るのか…恐怖と緊張感漂うストーリーと描写が読者を楽しませてくれますよ!

\\ DMMブックスでこの漫画を独占配信中! //

DMMブックス 公式へ

※『DMMブックス 公式へ』をタップする事でこの作品のサンプルを試し読みする事が可能です!

-ヒューマンドラマ, ホラー, サスペンス