サスペンス ミステリー

パレニアル【2巻ネタバレ】1つの事件の終結と新たな事件の勃発!?

パレニアル(2巻)

群青ピズ先生が描くサスペンスミステリー漫画「パレニアル」第2巻。今回は第7話〜第13話までが収録。

2巻ではベールに包まれていた万座茉莉の特殊な体質も明らかとなっていく。物語の進展としては水道事業部と茉莉の関係。柴崎が絡む事件の集結。そして新たに新良水市(あらみし)で巻き起こる奇怪な事件が描かれていきます。

個人的に万座茉莉の特殊体質が斜め上をいっていたの驚きつつ、この不穏な街にどのような結末が訪れていくのか…また茉莉と百瀬にどのような決着が訪れていくのかグッと興味が湧く展開となりました!

まずは試し読み!

漫画「パレニアル」は電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信中!

漫画「パレニアル」を今すぐ試し読みする

パレニアル
パレニアル【ネタバレ】復讐・快楽・謎が入り乱れる新感覚サスペンス漫画!

漫画「パレニアル」は群青ビズ先生が描くサスペンスミステリー漫画。執筆時点で電子単行本が電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信中。 この漫画の物語は怪奇的である。 主人公は刑事の百瀬(ももせ)といった男 ...

パレニアル【2巻ネタバレ】

パレニアル(2巻)

7話ネタバレ

柴崎の人を殺す動機に怒りを露わにしていく百瀬。そして水道事業部にて柴崎が行ってきた数々の『仕事』が明かされていく。また茉莉の特殊能力についても柴崎の口から明らかになっていく。

誰からも必要とされなくなった柴崎に生きる糧を与えたのは十島であった。彼は茉莉が殺した遺体の処理を柴崎に依頼していた。茉莉が人を殺す度、処理班として暗躍していく柴崎。

そして彼が自ら罪を被った背景が明かされていく。

『死体が浮いてしまったの私の責任…お嬢の精神操作が必要なら甘んじて受けよう』

茉莉の特殊能力を受ける柴崎。
そして彼は警察に自主。1巻から続く一連の事件は全て自分一人でやったと供述していく。

この事件に関わる百瀬、その他刑事も柴崎から共犯に繋がる供述が取れなく打つ手なし。最後は留置所内で自殺を図っていく柴崎が描かれていく。

8話ネタバレ

死体遺棄事件の容疑者として捕まり、留置所内で自殺した柴崎。これにて茉莉の起こした殺人は闇に葬りさられていく。

百瀬は真相に近づく事が出来ず、公園にて凹む。そこへ夏目が現れて一喝。署内に戻って事件を振り返っていく百瀬達。一人の刑事が柴崎の異常性を指摘していく。

それは人間関係の痕跡がまったく出なかったのだ。それを彼は「異様」だと百瀬達に伝えていく。柴崎の孤独の闇の実態が回想として描かれていく。

一方、市内浄水場にて茉莉と十島。
茉莉は『自分が犯人である』『全て話した後自殺する』といった暗示を柴崎にかけたが、後者の方はわざとかけるのを止めたと十島に伝えていく。

それでも柴崎が自殺した事を受けて十島にも人の心を蹂躙して死に至らしめる力があるのでは…と十島を少しおちょくるような言葉をかけていく。

特別編ネタバレ

十島視点で語られるエピソード。
ここで万座茉莉の特殊体質について明かされていく。

茉莉は常人とは違う肺胞持ち、水中からしか酸素を取り込めない事が明かされる。そして茉莉の細胞を体内に取り入れると不老の効果がある事が判明。

そこに目をつけたのが水道事業部であることが明かされる。

舞台となる新良水市(あらみし)では上水道に茉莉のタンパク質を混入させており、不老に関する実験の場とされていた。新良水市(あらみし)に住む住人は10年以上も平均寿命が伸びていた。

しかし、不老の効果と引き換え…副作用として茉莉のタンパク質が入った上水道を飲んだ人間は茉莉が精神操作する事が可能になっている事が明かされていく。

9話ネタバレ

9話から新たな事件が描かれていく。
あるアパートの一室で大学生が不可解な殺され方をする事件が発生。現場へ急行していく百瀬と夏目。被害者は山形一徳といった21歳の男性。

彼は室内で磔(はりつけ)状態で殺されていた。
胸部にはシャワーヘッドが突き刺されており、シャワーヘッドを通して滴る血は床で血の花を咲かせていた。

この事件の裏にも茉莉が絡むような描写が描かれていく。

10話ネタバレ

死んだ山形は生前、ある少女のストーカーをしていた事が捜査で判明していく。

山形がストーカー行為を行っていた人物は藤堂緑(とうどうゆか)といった少女である事が判明。1年程前から警察に被害相談をしていたようだが、警察は役に立たず、自分で殺害したのでは…そんな憶測が署内で飛び交っていく。

しかし、捜査員の手一杯で藤堂緑の捜査が出来ず、百瀬と夏目のペアが緑の捜査を任される事へ。

2人は緑宅を訪問。
話を伺おうとすると部屋の奥から茉莉が現れてくる。茉莉と緑は友人関係であった。

百瀬に声をかけていく茉莉。
彼女の言葉で百瀬が揺らぎ、自身は皮膚の下からざわつく感じを覚えていく夏目。

一方、緑は百瀬達との聴取に茉莉を同行させていく。

11話ネタバレ

山形の死に関わっていない事を主張していく緑。百瀬も犯人は緑だと思っていないが捜査の一環であると丸め込んでいく。

そして茉莉に背中を押されて山形に何をされてきたのか明かしていく緑。

エスカレートしていく山形のストーカー行為が明らかになっていく。そして山形が死んで心から安心している事を告げていく緑。山形に対して怨み節を語る緑。

精神的におかしくなる緑を前に百瀬は牧師のような発言で彼女が心に抱える罪を解放していく。そんな中で夏目はある違和感を百瀬に語っていく。花といった言葉に対する緑の反応であった。

花から連想される人物を解き明かす2人。幼気な少女に花…イメージを膨らまして恋人か肉親に辿りついていく。

12話ネタバレ

捜査で夏目は山形殺害時に使われたパイプをホームセンターで購入していた男を発見する。

男の正体はすぐに判明する。
藤堂緑の生き別れの父、堺俊三(さかいとしみつ)といった人物であった。そして堺は現在、新良水市に住んでいる事も判明していく。百瀬と夏目は重要人物として捜査に本腰を入れていく。

緑は実の父を「足長おじさん」と認識していた。そして花の言葉を聞いて、山形を殺してくれたのも足長おじさんであると確信を得ていた。

一方、検針作業中であった堺。
彼は十島と対面。『今後について詰めておきたく…』と意味深な言葉をかける十島。

場面は変わって緑。
彼女は足長おじさん=実の父である事をわかっていた。過去の父親の思い出を振り返り、父親への愛情を茉莉に語っていく緑。

そんな彼女の背中を押していく茉莉。

13話ネタバレ

百瀬や夏目達は会議の中で藤堂緑の父親である堺が犯人である事が濃厚だと説明していく。

『堺には山形を殺す動機もあり、覚悟もあったと考えます』

夏目の強い主張。
上司達も納得して堺に目星をつけていく。しかし、証拠がない。ひとまず警察は堺を任意同行すると結論を出していく。

一方、茉莉に精神捜査されたのか…。
緑は父親に感謝の言葉を伝える為、父親を探そうと街を駆け巡っていく。そして堺も娘・緑に会って一言、感謝を伝えたいと思っていた。

パレニアル【2巻の感想】

パレニアル(2巻)

不老長寿の街とされる新良水市で繰り広げられる人の恨みや悲しみが関わる事件の数々。その黒幕は水道事業部と特殊体質を持つ万座茉莉。

事件を起こす人間の闇や背景に迫りながら、少しずつ新良水市の秘密に迫っていく物語。また主人公である百瀬と黒幕である茉莉は現在、親しげな関係ですが、百瀬の闇に茉莉が大きく関係している事が判明しています。

街で起こる事件を解決しつつ、街の闇の核心に迫っていく刑事達。どんな哀しい結末が待つのか…ミステリーサスペンス×濃厚な人間ドラマが交わる一押し漫画となっています。是非☆彡

この漫画をチェック!

パレニアル

漫画「パレニアル」は電子書籍ストア「まんが王国」にて先行配信中です!

今すぐ試し読みする

パレニアル【過去巻・過去話】

パレニアル
パレニアル【ネタバレ】復讐・快楽・謎が入り乱れる新感覚サスペンス漫画!

漫画「パレニアル」は群青ビズ先生が描くサスペンスミステリー漫画。執筆時点で電子単行本が電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信中。 この漫画の物語は怪奇的である。 主人公は刑事の百瀬(ももせ)といった男 ...

-サスペンス, ミステリー

Copyright© スマ漫 , 2020 All Rights Reserved.