スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

ラブストーリー

漫画「これも全部あの夏のせい」16巻〜17巻ネタバレ!彼女と親友の衝撃事実を告げられる!?

投稿日:

これも全部あの夏のせい(16巻〜17巻)

BSさんの描く漫画「これも全部あの夏のせい」マイクロ版最新刊となる第16巻〜17巻の配信が開始。沖縄旅行編が終了。そしてスミレのお預けが解禁。からの倦怠期へ突入してしまった大吾。

打開策として元セフレである舞に相談をしていく事になりますが、ここで二人はホテルへ。そして積極的に大吾を誘う舞。ガス抜きをする事で彼女をさらに大事にできると諭される大吾。今回はその続きから。そして舞台は1年が経過して再び夏となります。

ここで1年振りに瑛太とさゆりの二人に再会を果たしていく事になる大吾。しかし、何やら大吾の知らない場所で複雑な人間模様になっている印象。不穏な雰囲気を漂わせながら新たな局面へ入ろうとしていきます。

漫画「これも全部あの夏のせい」最新刊となる第16巻〜17巻は電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信中!

漫画「これも全部あの夏のせい」16巻〜17巻を今すぐ試し読みする

これも全部あの夏のせい
漫画「これも全部あの夏のせい」14巻〜15巻ネタバレ!お預け解禁から一気に倦怠期へ突入!?

漫画「これも全部あの夏のせい」マイクロ版の最新刊となる第14巻〜15巻が配信開始。今回の内容は主に大吾、スミレの関係が大きくクローズアップされていきます。沖縄旅行編が終了して変化が訪れる大吾とスミレの ...

続きを見る

漫画「これも全部あの夏のせい」16巻〜17巻ネタバレ

舞と体を交わせるか否かで揺れていく大吾。ガス抜きすれば彼女をもっと大事にできる…その言葉の誘惑に負けてしまう大吾は舞と体を重ね合わせていく事へ。

しかし、終わった後、空しさと後悔を滲ませていく事へ。同時にスミレの事をより大事にしようと決心する大吾。只、夜の方は変化を出したかったので、いつもと違うプレイを誘ってみますが、怒りを買う事へ(笑)

体の相性といった面ではさゆりの方が良かったのか…時折、さゆりの事を脳裏に思い浮かべていく大吾。連絡も来ないし、取っていないのでネットでSNSなどをチェックして少しばかり、さゆりの事が恋しくなっていきます。

1年振りに親友と食事へ…!?

そんな事を考えながらもスミレを大事にしていき、月日が経過。舞台は再び夏へ。沖縄旅行編から約1年が経過した事になります。スミレとの交際は順調。

友人との飲み会では少し不安になる事を言われますが、疑い過ぎだと自身に言い聞かせて平静を保つ大吾。

そんな中、約1年振りに親友である瑛太から連絡が入ります。久しぶりに会って食事でもしようと誘われる事へ。瑛太は彼女であるさゆりを連れていくから、大吾もスミレを連れて来いと伝えられます。

スミレの承諾も得て1年振りに4人で集まる事へ。

そして当日。
大吾とスミレが待ち合わせ場所に到着すると現れたのは瑛太一人でした。どうやら直前でさゆりは行きたくないと我儘を言ったので置いてきた模様。

大吾の知らない場所で交錯し合う人間模様!?

さゆりは来なかったので3人で食事へ。
久しぶりのさゆりとの再会で心を踊らせていた大吾は少しショック。食事中もさゆりの事を考えていきます。他愛もない会話をしていると大吾のスマホにさゆりからメールが…。

メールを受け取って読んだ大吾は母親からの連絡だと偽り、レストランの外へ。さゆりからは「外に出たら電話して欲しい」といった旨のメールが届いていました。

一方、店内に残ったスミレと瑛太。
何やら背景がわからない意味深なやり取りをしていきます。同時にスミレは瑛太に冷たい視線。

屋外に出てさゆりへ連絡する大吾。
すると瑛太が嘘をついていた事を知ります。そもそも瑛太は今回、大吾達と食事する事をさゆりに伝えていなかったのです。さゆりは久しぶりに会おうと大吾を誘っていく事へ。

食事が終了後、帰路へ着く大吾達。この日はスミレも送らなくていい。大吾も実家に帰りなさいと伝える事へ。難なくさゆりと会える状況になった大吾。1年振りにさゆりと対面を果たしていきます。

相変わらず魅力的な女性であったさゆり。
しかし、大吾はさゆりとの関係にケジメをつける為、普通の友人関係に戻ろうと伝えていきます。それを聞いたさゆりは大吾にある衝撃的な事実を告げていく事へ。

実は沖縄旅行以降、スミレと瑛太は二人で会っている事を伝えていきます。実際にさゆりは現場も目撃していると…。自身に尽くしてくれるスミレが瑛太と浮気しているはずがない…そう考える大吾。

しかし、舞の一言が脳裏を過っていきます。
『多くの人は外でガス抜きした後、また相手に尽くしている』

さゆりの言葉が自身の中で少しだけ信憑性を帯びてくる大吾。しかし、大吾はさゆりの言葉を否定してスミレを信じると強い意志を見せていきます。ここで幕引き。

漫画「これも全部あの夏のせい」16巻〜17巻の感想

これも全部あの夏のせい(16巻〜17巻)

スミレと瑛太が会っているなら、やっぱり沖縄旅行の時に何かあった事は確実。只、そこの描写は未だに明かされていないので二人の関係性は不明。ただ、スミレの態度を見るに瑛太の事をそんなに良くは思っていないようにも見えます。

衝撃的な事実を知った大吾…それでもスミレを信じる事を決心しますが、気持ちが揺れたりブレやすい大吾なので今後、心配な面もありますね。

少しずつ、大吾以外の背景が明かされてきたので面白さは増してきましたが、中々核心に迫らないので歯痒い印象。4人の男女の関係性が逆転するのか…。それとも浮気性の大吾だけ痛い目を見る事になるのか…。

今後の展開にさらなる期待が高まっていきます!

これも全部あの夏のせい

これも全部あの夏のせい

漫画「これも全部あの夏のせい」最新刊となる第16巻〜17巻は電子書籍ストア「まんが王国」にて先行配信中です!

漫画「これも全部あの夏のせい」16巻〜17巻を今すぐ試し読みする

-ラブストーリー

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.