ヒューマンドラマ 学園モノ 青春

カラミざかり青年版【42話ネタバレ】男は放り出され…女は車で青年に求められる…窮地を救えるのか!?

カラミざかり

漫画「カラミざかり」連載版の第42話をご紹介!

里帆の我儘に付き合って星を見に来た二人。
そこで青年二人に宿のある場所まで送ってもらう事へ。

しかし、青年二人の目的は厚意ではなく…里帆の身体であった。人気のない場所で降ろされてしまう高成。青年達は車の中で里帆の身体を弄ぼうと求める。

里帆を助ける為…今回は高成が男を見せていきます!同時に終盤では遂に高成が自分の正直な気持ちに気付く展開へ!

まずは試し読み!

漫画「カラミざかり~ボクのほんとと君の嘘~」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・配信中!

漫画「カラミざかり~ボクのほんとと君の嘘~」を今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カラミざかり」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

カラミざかり
カラミざかり青年版【41話ネタバレ】真夜中の厚意…下心満載な青年二人の目的は里帆の身体!?

漫画「カラミざかり」連載版の第41話をご紹介! 茜谷を突き放して里帆の元へ向かった高成。 今回は二人で行き先もなく電車に乗って出掛けていく。 そんな中…電車の宙吊り広告の告知場所に行きたいと言い出す里 ...

カラミざかり青年版【42話】ネタバレ

カラミざかり

車持ちの青年二人に街中まで送ってもらう事になった高成と里帆。

後部座席では青年の一人が里帆の太ももに手を伸ばして弄ろうとしていた。

そんな事に気付かず運転席の青年と楽しそうに会話する高成。運転席の男はバックミラー越しに連れが里帆に手を出そうとしている事に気付く。

んっ…カラミざかり(42話)

背後から里帆の声が聞こえたので振り向く高成。

特に変わった様子はなかったが少しモジモジしていた里帆。青年がトイレに行きたがっていると答える。

車は街中ではなく人気のない場所へ辿り着く。

降りて…カラミざかり(42話)

何もなかったが指示通りに降りる高成。里帆も降りようとするが…。

高成だけ外に取り残された状態で車のドアを閉められてしまう。後部座席にて里帆を真ん中にして青年二人が彼女の身体を求めようとする。

ようやく事態を察した高成。
車の窓ガラスを叩いて青年達の計画を阻止しようとする。

ちょっと借りるだけだからさ…おとなしく待っててくれる?カラミざかり(42話)

外でうるさく邪魔してくる高成の腹を殴打する青年の一人。

再び車に戻って続きを開始。警察へ連絡しようとするが…運悪く充電が切れてしまっていた状態。

車内で身体を弄られる里帆。
高成は傍にあった岩を拾って車のガラスを割って里帆を救出しようする。

青年が車から出てきて彼を殴打。それでも立ち上がって自分の気持ちを訴えていく。里帆だけは見逃して欲しいと伝える高成。

何やってんだ…お前ら!カラミざかり(42話)

必至で里帆を解放するように乞う高成。
そんな時、土地の所有者が現れる。警察沙汰になってはマズイと踏んだ青年二人。里帆も車から降ろして逃げるように立ち去っていく。

里帆の無事を確認すると緊張の糸が切れて意識を失ってしまう高成であった。

目覚めると民宿の一部屋。
助けてくれたおじさんが宿まで運んでくれていた。

飯田に怪我はないか尋ねる。彼の頬にそっと手を添えて一言。

あ…りがと…カラミざかり(42話)

この時…高成は遂に自分の気持ちを認識する。自分は茜谷の存在があっても結局は里帆の事が好きなんだと…。ここで第42話は終了。

カラミざかり青年版【42話】感想

カラミざかり

予想はしていたが案の定、高成だけ取り残されて青年二人が里帆を弄ぼうとする展開へ発展。

私有地の所有者が助けに来てくれて事なきを得る状況。
そして高成も遂に自分の正直な気持ちに気づいていく。このまま里帆と交際へ発展するのか…それとも違った形で青春が終わっていくのか…。

取り敢えず民宿に泊まる事になると思うのでどんな夜が訪れるのか…高校生達の淡い性春を描く作品。

桂あいり先生が描く本家「カラミざかり」よりもお色気はだいぶマイルドになってキャラクターの心情や心理描写が描かれる御池慧先生版の作品となっています。

この漫画をチェック!

カラミざかり

漫画「カラミざかり(青年版)」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・試し読みも可能!初めて利用する方は50%OFFクーポン進呈中!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カラミざかり」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

↓↓↓カラミざかり青年版のネタバレまとめてます↓↓↓
カラミざかり【ネタバレまとめ】最新巻から最終回まで更新中!

-ヒューマンドラマ, 学園モノ, 青春