ヒューマンドラマ ラブストーリー

イチゴ哀歌【全巻ネタバレ】親の再婚で出会う二人の破茶滅茶なお色気ラブストーリーが面白い!

イチゴ哀歌

青年漫画「イチゴ哀歌~雑で生イキな妹と割り切れない兄~」をご紹介!

表紙だけ見るとラブコメ風の漫画に見えるが…しっかりとお色気も満載な作品である。主人公は表紙に写る男性の高村光太。父親が再婚。義母となる女性には娘がいて、それが表紙に写る女性側の子である。

貞操観念ゆるゆるの妹が出来て光太にとって地獄の新生活が開始。最初は犬猿の仲だった二人ですが…次第に惹かれ合っていくお色気満載のラブストーリー展開へ!?

※この作品は電子書籍ストア「コミックシーモア」にて先行配信されています。

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「イチゴ哀歌」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

イチゴ哀歌【登場人物】

イチゴ哀歌

登場人物

  • 高村光太
  • 藍花

イチゴ哀歌【あらすじ】

イチゴ哀歌

「よろしくおなしゃーす―♪」…頭悪そう! 綺麗な子だなという第一印象は一瞬で崩れた。父の再婚で義妹になったのは、いかにもイマドキな貞操観念ゆるゆるのビッチギャル!? いろんな男をとっかえひっかえ家に連れ込んでは、妹のエッチな声が筒抜けで聞こえてくる地獄の新生活がスタートした…。親には「よい子」、私生活は「ダメな子」のメンドクセー思春期妹のアイカ。そんな妹を持ってしまった屁理屈男のコータ。ここに顔を合わせれば罵詈雑言がとまらない関係最悪なクソッタレ兄妹が爆誕した――! しかし、兄の性分なのか、なんだかんだ面倒見のいいコータを、アイカは徐々に気になりはじめ…!?

イチゴ哀歌【ネタバレ】

イチゴ哀歌

1巻ネタバレ

父親が再婚する事になって相手方と初の顔合わせをする高校生の光太。

相手の女性には娘がいてイマドキの女子高生であった。名前は藍花。
光太は知的な男子高校生だが…藍花は一瞬で光太に頭が悪そうな印象を与えていく。

初対面からお互いの印象は最悪。こうして父親は再婚を果たし…藍花と家族になって一つ屋根の下へ住む事になる光太。

一緒に住み始めてわかった事は…親の留守中になると藍花は男を連れ込んでセ○クスに明け暮れていた。壁が薄いので隣の部屋にいる光太へ丸聞こえ。

聞こえてくる声で相手の男がゴム無しでヤろうとしている事を知る光太。

面倒だと思いながらも光太は席を立ち…藍花の部屋をノック。連れ込んだ男へ義兄として一喝していく。

おい…そこのお前…何かあったときお前は責任取れんのか?イチゴ哀歌(1巻)

自らコンビニへ出向いて二人の為にゴムを買う光太。
既に男はおらず…取り敢えず光太はもっと自分を大事にしろと藍花へ告げていく。犬猿の仲である二人だが…一ヶ月が経過。

親のいる前だと藍花は家族想いの良き女子高生を演じていた。それを見て藍花の男遊びや素行の悪さは両親へ絶対に知られてはいけないと使命のようなものを感じる光太であった。

夏のある日…買い物から帰宅してきた光太は汗だく。シャワーを浴びようと浴室へ行くと…ちょうどお風呂から出てくる藍花と対面。ここで口論になる二人。藍花が光太を煽って裸で姿を見せて一言。

口先男がイキってんじゃねぇ…距離つめてこいよイチゴ哀歌(1巻)

頭の悪い妹に舐められて光太も憤りを抱いていく。

2巻ネタバレ

藍花に罵られる光太であったが…人を馬鹿にした態度はいつか痛い目を見るぞと怒りの忠告。

そんな中…買い物から母親が帰宅してしまう事態。
この状況を何とかしようと浴室に光太を連れ込む藍花。お風呂に入っている体で誤魔化して難を切り抜ける事へ。

一方の光太は目の前にメロンが二つ。彼の脳裏に藍花の胸が刻み込まれていく。

昼間の件が脳内から離れず…股間がもぞついてしまう光太。何とか理性を保って藍花でヌク事を自制していく。

藍花の方も光太が今までにないパターンの男で少し嬉しそうな表情を浮かべる。そして深夜。腹が減った光太は即席のカップラーメン作りへ。

同じく腹の減っていた藍花もリビングへ登場。
口論になりつつも…この時は意外にも素直だった藍花にカップラーメンを譲る事へ。同時に藍花のトゲが少しまろやかになったように感じる光太であった。

翌日…セフレである高橋を部屋に連れ込んでいた藍花。
呼んだは良いが…どうにもスる気分ではなかった。求愛してくる高橋を拒絶する藍花。

しかし、自分から誘っておいて…ヤラせてくれない藍花に怒りがこみ上げていく高橋。力付くで身体を求めようとしていく高橋であった。ここで第2巻は終了。

3巻ネタバレ

高橋に無理やり犯されそうになる藍花。
一方、光太は藍花の部屋がいきなり静かになったので嫌な予感を抱く。

気になったので藍花の部屋を尋ねるが応答無し。
光太は力付くで部屋の扉を破壊して中へ。状況を見て直ぐに察する光太。

高橋を叩き潰して追い返していく。ひとまず扉をどうするか考えながら藍花を心配。一緒に言い訳を考えるが親に真実は伝えられない。

その事をわかっていた光太。
一方、光太を今までにないタイプの男だと思って興味が湧き出す藍花。

私のこと…ぎゅっとしてよイチゴ哀歌(3巻)

まさかの言葉に動揺。
一度、制服を着直して改めて抱きしめて欲しいと訴える藍花。

流れで藍花を抱きしめる事になる光太。緊張しつつ…直感で自分が正解だと思う行動に出ていく。彼女へキス。そして胸に手を伸ばして人生初の女子の胸を揉んでいく光太。

理性が抑えられず…彼女を押し倒して二人の雰囲気は完全にエッチモード。しかし、扉が壊れている状態で廊下から丸見え。まだママは帰ってこないから続きを懇願する藍花。

光太もまさか藍花と肉体関係になるとは思っていなかったが…雰囲気や勢いで挿入しようと瞬間…まさかの藍花ママが帰宅。しかも既に二階に昇ってきており…壊れた扉を見て廊下で怒っていく。まさかの状況に硬直する二人…。

4巻ネタバレ

ひっそりと帰宅してきた藍花ママ。
部屋の扉が壊れている事に驚愕。藍花に事情を聞こうとするが部屋の中に光太の姿。

さらに床にパンティが落ちていたのでひっそりとベッドの下に隠す光太であった。光太も居たので怒るに怒れず…気を遣って父親が帰ってきたら話を聞くと告げて立ち去る藍花ママ。

藍花ママの表情を見て申し訳無さと罪悪感が募る光太。もうそういった状況でなかったので今回はお預けへ。後で怒られる事がわかっていても軽いノリの藍花を見て風のように自由な女だなと思う光太であった。

そして父親が帰宅。
二人への追求が始まる。言い訳を考えていなかった光太。逆に藍花が苦し紛れの嘘だとわかる言い訳で対応。

あまりの無茶苦茶な言い訳に笑っってしまう光太。一方、父親は久しぶりに光太が大笑いしている表情を見て不安は払拭。追求はせず不問にする事へ。

今は子供達が笑顔でいてくれる…僕はいい家族を持てたイチゴ哀歌(4巻)

翌日。
両親は食事へお出掛け。二人きりになったので藍花は昨日の続きをシようと誘惑。

恥ずかしげもなく胸を曝け出し…揉ませていく。光太も我慢出来ず藍花の胸に貪りついていく。そろそろ挿入をしようとおねだりする藍花だったが…なし崩し的な流れでシたくないと直前で日和る光太。

彼は自分の正直な気持ちを藍花へ伝えていく。
もっと藍花を知りたい。もっと好きになってから最後までシたいと…。最後に自分は恐らく藍花が好きになっていると言葉に出す光太。

その言葉を聞いて納得する藍花。これから覚悟をしとくようにと小悪魔的な笑顔を見せていく。

イチゴ哀歌【感想】

イチゴ哀歌

この仲の悪い義兄妹の距離が近づいて…肉体関係にまで発展するのか…。
二人の今後の展開が凄く楽しみになっていく作品。優等生の光太とビッチギャルな藍花。

対照的な二人が結ばれていく展開だったら激アツですね!
二人の掛け合いだったり、ヒューマンドラマも凄く面白い作品なのでエロスだけではない楽しみも見いだせる作品に仕上がっています!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「イチゴ哀歌」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

-ヒューマンドラマ, ラブストーリー