ヒューマンドラマ

人妻転落【11巻ネタバレ】夫を利用して混沌を生み出す略奪魔性女!

人妻転落(8巻)

人妻転落・第11巻。
匂わせる女としては第4話になります。

今回の見所はアヤメの裏事情を知って対策を考える佳穂。自分を強く持って航平に本心を伝えて、アヤメとの距離を離していく事に成功。

思い通りにいかない事に腹を立てるアヤメの前に夫が登場。彼女は夫である柘植を利用して再び航平と佳穂の間を引き裂こうと暗躍していきます。

まずは試し読み!

漫画「人妻転落」は電子書籍ストア「eBookJapan」で取扱・試し読みあり!

漫画「人妻転落」を今すぐ試し読みする

人妻転落(8巻)
人妻転落【10巻ネタバレ】匂わせる女の数々の悪行が暴露される!?

人妻転落シリーズ・第10巻。 今回はアヤメの正体を暴く協力者が登場。過去の悪事を知って余計に航平とアヤメの関係が心配になっていく佳穂。 佳穂はアヤメを自宅から必ず追い出すといった覚悟を持っていきます。 ...

人妻転落【11巻】ネタバレ

人妻転落(8巻)

アヤメのフォロワーと連絡を取って彼女の裏事情を聞いた佳穂。フォロワーはアヤメに旦那を寝取られていた。実はアヤメの実態は略奪婚と離婚を繰り返している危険な魔性女。

彼女のターゲットが自分達に向けられている事を認識する佳穂。

SNSでの匂わせ投稿、航平への馴れ馴れしい態度は全て自分達の仲を引き裂いて航平を奪う為だと判断する佳穂はアヤメを追い出す事を決意。

一方のアヤメ。
仕事終わりの航平を合流をしていた。そして航平とアヤメの出会いが明かされていく。

実はアヤメ。
過去に航平の働いている会社に派遣社員として勤務していた時期があったのだ。

仕事で発注ミスをしたアヤメ。そんな時に優しくフォローしてくれたのが航平だった。それ以来、彼女は航平に好意を寄せていた。そして職場で航平に関する様々な情報を集めて現在に至っているのだ。

『邪魔者(佳穂)は出て行った、航平さんはもうすぐ私のもの』

そんな考えが脳内を過ると航平と同じ職場の人間がお疲れの挨拶。すると彼女はアヤメの事を覚えており気付いていく。

『あれっ?白川さん?今、この辺で働いているの?』

同僚からアヤメが過去に自分達の会社で働いていた事を知る航平。アヤメに尋ねる航平。しかし、同僚の勘違いだと称して上手く誤魔化していく。少し彼女に違和感を感じる航平。

自宅に戻ると部屋に明かりがついていた。

佳穂が戻ってきていたのだ。感情的になってしまった事を謝罪しつつ、本心を吐露していく。

『アヤメさんばかり庇うと私もさすがに傷つくってことわかってほしい』

そしてアヤメにもしっかりとケジメをつけさせるべく、佳穂は期限を言い渡していく。半月以内に旦那との事をしっかりと考えて下さいと。航平も佳穂が戻ってきてくれた事が嬉しくアヤメとの距離を離していく。

自分の部屋に戻ったアヤメ。
本性を露わにして狂乱。彼女の心の中でもっと匂わせて二人の反応を楽しみたいといった気持ちが強く芽生えていく。

そんな時、アヤメの夫が部屋に訪れる。魔性女であるアヤメにまだ未練たらたらの夫・柘植(つげ)。アヤメを彼を利用して悪巧みを考えていく。

『お願いきいてくれたら考えてあげる』

場面転換。
仕事を終えてスーパーで買い物しようかと言う場面で佳穂に接触する柘植。航平にも心配をかけたくない事から柘植と接触した事を伝えず、二人は近くのお店へ。

柘植はわざとホテル街から近くの店へ移動。隙を見て、あたかも佳穂がホテル街を歩いているように写真を撮っていく。

そしてアヤメ。
柘植から送られてきた写真を加工して自身で作った裏アカに掲載。それを佳穂に似ていると航平に伝えていく。動揺していく航平。

実はアヤメが柘植に頼んでフェイク画像を作らせていたのだ。

『航平さんはどこまで佳穂さんを信じられるかしら』

ニヤリを微笑むアヤメ。ここで第11巻は終了。

人妻転落【11巻】感想

人妻転落(8巻)

まだまだ続く人妻転落の連載シリーズ。匂わせる女。魔性女であるアヤメも中々、航平を奪うために引き下がろうとしませんね。強い執念を感じます。

新たな誤解が航平の中で生まれてしまい、再び夫婦仲がピンチになっていく佳穂。一度は修復できた溝を再び直す事は出来るのか。

ドロドロした昼ドラのような略奪劇が繰り広げられる今回の人妻転落。気になった人は是非、チェックしてみて下さい。1冊あたりの価格は100円とリーズナブルなのも嬉しい電子漫画です!

この漫画をチェック!

人妻転落(8巻)

漫画「人妻転落」は電子書籍ストア「eBookJapan」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

↓↓↓人妻転落シリーズのネタバレまとめてます↓↓↓
>>人妻転落【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで網羅!

-ヒューマンドラマ

© 2020 スマ漫