スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

ヒューマンドラマ

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私(港区会デビュー)」6話ネタバレ!超人気フォトスタグラマー降臨!

更新日:

ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー(6)

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー」最新話が掲載された電子コミック雑誌「ワケあり女子白書vol.15」が配信スタート。早速購入して読んでみました。

第6話は会社の同僚や先輩達の本心…ヒロインであるサヤが憧れ続けているフォトスタグラマー「misaki」が遂にベールを脱いでいきます。そして彼女はもっともっと深みへハマっていくことに…。

もう関係する全ての人物から見放されていくサヤは何を希望に生きていくのでしょうか。波乱の展開づくしで楽しめる最新話となっています!

ワケあり女子白書(15)

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編の第6話は電子コミック誌「ワケあり女子白書 vol.15」で第6話が連載中。単体で電子化されるまで待てない方は「ワケあり女子白書」をチェック!

漫画「ワケあり女子白書 vol.15」今すぐ試し読みする

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私(港区会デビュー)」6話ネタバレ

港区公衆便所扱いのヒロイン…

misakiを追いかけて辿り着いた先は会社の同僚達がサヤに内緒でVIPパーティーを開いていました。誘われていないサヤは動揺。そこへ同じ部署の先輩である詩織が出てきてサヤの扱いや本心を語っていきます。

サヤは金持ちおじ様達を喜ばせる為のヤラセ要員。上手い具合に詩織の手の平で転がされていたのです。そして同僚たちの間でサヤは「港区公衆便所」といったあだ名で裏で笑われていました。

さらに詩織はサヤに対する個人的な恨みも語っていき、サヤを陥れる為に派遣社員であった中山泉を階段から突き落とした事も告白。

実は利用されて都合のいい女だったサヤ…裏背景を知って逆上して詩織に襲いかかっていきます。しかし、場所はVIPなホテルバー。セキュリティがサヤを抑えて外へ連れ出される形へ。

憧れのあの人が登場するも波乱…!?

外に放り出されて跪き、落ち込んでいると高級リムジンが停車。そしてリムジンから降りてきた人物の名前を聞いて希望の眼差しで見ます…。

しかし…

リムジンから降りてきたのはサヤが憧れ続けていたフォトスタグラマー「misaki」でした。しかし、彼女の顔を確認するとサヤに旋律と共に悲鳴が…。

misakiの正体はサヤがよく知る人物…派遣社員の中山泉だったのです。彼女にはフィアンセがおり、結婚後は父の会社を継ぐため、色々な会社で経験を積むべく、派遣社員をしていたのです。

まさか会社で憎むべき相手が憧れの人だった…。しかし、泉がmisakiだと知ったサヤはいきなり手のひら返しで泉にゴマすりしていきます。女子会に連れて行って欲しい…親友になろう…。

憧れの人から容赦ない突き放し!

ゴマすりしてきたサヤを可哀想な人と言い放ち…サヤの核心を突く言葉を並べていく中山泉。

サヤが握ってきた手をそっと包み込み、突き放していきます。

そして泉がサヤを見下すような表情をしながら、強烈で格が違う言葉を放ち、サヤを見放していきます。尻もちついて驚く表情のサヤ…これにて第6話は幕引き。

漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私(港区会デビュー)」6話の感想

ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー(6)

中山泉を突き落とした犯人、憧れのフォトスタグラマーとベールに包まれていた人物の正体が明かされた第6話。盛り上がりをみせています。

そして人生、下降しかしてないサヤ。堕ちる所まで落ちたと思いましたが底なし沼状態でさらに深みへとハマっていきます(笑)

もう彼女を陥れるネタはないでしょう〜なんて気持ちで読んでいますがあと一つだけ問題があったんですよね。それはサヤにつき纏うストーカーがいること。

ストーカーの正体が明かされて物語は終盤へ向かっていくんでしょうかね。どちらにせよ、転落してもしたりない程の落ち目を向かえていくサヤさん…。ここから再びキラキラ女子に返り咲いたら胸熱なんですが、どうなるのか展開のわからない状態が続いています!

「ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー」の最新話となる第6話は電子コミック雑誌「ワケあり女子白書 vol.15」にて掲載されています。是非、チェックしてみてください!

ワケあり女子白書 vol.15

ワケあり女子白書(15)

ゴミ屋敷とトイプードルと私【続編】第6話が掲載されている電子コミック雑誌「ワケあり女子白書 vol.15」は以下から試し読み、購入が可能です。

漫画「ワケあり女子白書 vol.15」を今すぐ試し読みする

-ヒューマンドラマ

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.