ヒューマンドラマ

優劣の檻・マウントガールズアンソロジー【ネタバレ】美容マウント女子がまさかの味方になる!?

優劣の檻【マウントガールズアンソロジー】

漫画「優劣の檻」をご紹介。
この作品はオムニバス作品「マウントガールズアンソロジー」に収録されている一つのエピソードになっています。

優劣の檻を描くのは甘崎水菓先生。
メインで登場してくるキャラクターは佐山と美園といったOLの二人。

ちなみにこの作品「マウントガールズアンソロジー」には全3作品が収録。分冊版となるタイプには収録されている3作品を1作品ずつに切り取ったタイプも配信されています。

価格は合本版が550円。分冊版が各1冊:220円となっているので全エピソードを読んでみたい場合は合本版の方がお得となっていますよ!

まずは試し読み!

優劣の檻【マウントガールズアンソロジー】

漫画「マウントガールズアンソロジー」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・配信中!

漫画「マウントガールズアンソロジー」を今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カラミざかり」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

優劣の檻・マウントガールズアンソロジー【ネタバレ】

優劣の檻【マウントガールズアンソロジー】

冒頭、昼食時間に佐山に接近してパーソナルカラーの話題を振っていく美園。

『素人判断ですけど…佐山さんはイエベ春かなって気がします』

色々と美容に関して佐山に伝えていく美園。自分自身は「ブルベ冬」である事を告げる。

ブルベ冬は日本人には少なく、コスメや服選びも辛いなどと嘆いて立ち去っていく美園。そんな彼女とのやり取りを聞いていた同僚の女性社員。

『ちょっと佐山さん…めっちゃマウント取られたじゃないですか?』

佐山にとってマウントを取られていた気分ではなかったが敏感な同僚女性社員達はすぐに気付いていた。

あれは彼女の自虐風ブルベ自慢のマウントだと。

『うざいよね!美園の美容マウント!』

同僚達は美容マウント全開の美園に対して良い気分ではなかった。

同時に佐山にも忠告。
大人しいから彼女がつけあがってマウントを取ってくるんだと。もっと手厳しい言葉を言ってあげないとダメだと佐山を心配。

『つきましては…そんな優しい佐山さんにお願いが…』

一通り、忠告を終えると同僚は佐山を合コンに誘っていく。人数が足りないのでその穴埋めである。

人が良い佐山は断る事が出来ず、嫌々ながらも参加を承諾。

翌日…会社でお花のお手入れをしていると早速、美園が接触。佐山をお手洗いに誘って始業前のメイク直しをしようと提案。

『佐山さんのポーチって初めてみるかもぉ…中見てみたーい』

あからさまにマウントを取る前提で佐山のポーチを覗いていく美園。

少しキャラに似合わないコスメを見るとマウント&ケチをつけていく美園。

『なるほど…この人…』

佐山が察していく。
そして告げる。美園は毎日綺麗にしているから大丈夫だと。

突然の上から目線に機嫌を損ねる美園。嫌味を伝えてお手洗いから立ち去っていく事へ。

『やっちまった~他人と波風立てず面倒事に触れず平和に暮らすのがモットーだったのに…』

オフィスに戻るといつもの仲良し同僚3人が盛り上がっていた。

彼女達は学生時代の美園の卒アル写真を入手。今と過去の驚きのビフォーアフターに笑っていたのだ。学生時代の美園は現在と違って平たくいえば「ブス」であった。

相当な努力…もしくは整形まで疑われていく。

『これじゃ…相当暗い青春だったよね』

過去の美園を知って彼女の悪口を連呼していく同僚達。美園のSNSのリプに卒アル写真を貼ってみようかと相談。

佐山は流石にそれはやり過ぎだと思わず口に出してしまう。

その後、佐山を残して休憩に向かい同僚3人。次の彼女の悪口ターゲットは佐山であった。彼女は空気が読めないタイプだと。さらに佐山を合コンに誘う理由が明かされていく。

『やっぱさ一人は必要じゃん…引き立て枠』

同僚3人が佐山を合コンに誘う理由が最悪であった。そんな3人の陰口を聞いていたのが美園。

仕事も終わって更衣室で着替え中の佐山。この後は合コンであった。

『佐山さん…顔…貸してもらえますか?』

現れたのは美園。
そして何やら物々しい雰囲気を醸し出していた。美園はメイク道具を広げて佐山の顔にメイクをしていく。

彼女のメイクをしている中…本心を打ち明けていく美園。

『佐山さん見てると自分がみじめになるんです』

トイレでの件も謝罪する美園。回りに振り回されない自分を持った佐山にどこか憧れを抱いていた美園。

佐山はそんな美園を褒めてつつ、誰かと優劣を決める必要はないとアドバイス。自分の過去の努力と美園の優しい言葉に涙を流していく。

そして彼女のメイクが完了。
佐山の顔は可もない不可もなく実は綺麗な顔立ち。化粧映えする顔であった。自分のメイクに自信満々の美園。

そして佐山は遅れて合コン会場へ。
地味子ちゃんから美園の魔法メイクで美女に大変身していた佐山。合コンで男性の心を奪っていった事が明かされる。そして彼女を下に見ていた同僚3人も衝撃を受けていく事へ。

ここでマウントガールズアンソロジーに収録されている「優劣の檻」は終わりとなります。

優劣の檻・マウントガールズアンソロジー【感想】

優劣の檻【マウントガールズアンソロジー】

マウント女子が実は凄く良い人!
この手のマウント女子って最後は主人公にやり返されるのがオチでしたが、この作品は逆に主人公の背中を押してくれるタイプ。

マウント女子にやり返してスッキリ!ではなくて仲良くなるのでほっこりするエピソードを楽しむ事が出来ます。

何て言うんですかね…女同士で真逆のタイプに友情が芽生える瞬間に立ち会える作品。女性漫画のマウント物は相手とギスギスで制裁を加える作品が多い中でこういった予想外の結末を迎えていく作品は新鮮!

後味も良くて読者評価も高い漫画なので気になった人は是非、チェックしてみてくださいね!電子書籍ストア「BookLive」で先行配信されています。

この漫画をチェック!

優劣の檻【マウントガールズアンソロジー】

漫画「マウントガールズアンソロジー」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・試し読みも可能!初めて利用する方は50%OFFクーポン進呈中!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「マウントガールズアンソロジー」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

-ヒューマンドラマ

© 2022 スマ漫