スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

サスペンス

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」3巻ネタバレ!魔性女の本命男…実はクズ男だった!?

更新日:

ヤバい女に恋した僕の結末(3巻)

主人公であるマモルがヤバい女(叶奏)に翻弄されまくる作品『ヤバい女に恋した僕の結末』第3巻の内容をご紹介。今回はヒロインである叶奏の過去が少しだけ明かされたり、本命の男であった鷹野の裏の顔が明かされていく事へ。

そして、この作品の良心でもある美波が鷹野に狙われる場面も…。

エログロなラブサスペンスが繰り広げられる沖田龍児先生の漫画。試し読みも可能なので気になった人は是非、チェックしてみて下さい☆彡

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」は電子書籍ストア「eBookJapan」で無料試し読みも可能となっています。

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」今すぐ試し読みする

ヤバい女に恋する僕の結末(2巻)
漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」2巻ネタバレ!共犯・秘密の共有で魔性女の気持ちに変化が…!?

異常過ぎる恋愛模様が描かれていく沖田龍児先生の漫画『ヤバい女に恋した僕の結末』第2巻の内容をご紹介。 とにかく主人公であるマモルがチョロ過ぎる事…魔性女の叶奏にとことん振り回される展開。 ただ、終盤で ...

続きを見る

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」3巻ネタバレ

過去の家庭環境の夢を見て魘される中、目覚める叶奏。マモルと一緒に遊園地デートに来ていた。坂下殺害事件の後、共犯となり秘密を共有する事になったマモル。そして叶奏にとっても大切な男になったマモル。

遊園地デートを楽しむ中、脳裏から鷹野の事が離れない叶奏。

迷子になった子供を突き放す母親に怒りを露わにしたり…実は同じ遊園地に鷹野、妻、子供も訪れていた事も明かされていく。まぁ、平和な日常デートパートが描かれた後、坂下の事件に関与したマモルは夢に坂下が出てくるように…。罪悪感もまだあり魘される事へ。

一方の叶奏は本命である鷹野との出会いを思い返していたり、もし裏切った場合は……邪な思いを馳せいたり…。

魔性女が惚れた男はクズ男だった…!?

場面は転換されて美波。
彼女はエステで働いているが、そこの経営者が鷹野であった。初めて社長である鷹野と顔を合わせた美波。焦って怪我をした美波を介抱する中、鷹野は美波の事が気に入ったのかアプローチを開始していく事へ。

鷹野の美波に対するアプローチは徐々にあからさまになっていく。そして鷹野、美波、部下の水野を連れてバーへ。酔ってしまった美波は鷹野が介護してホテルへ連れていかれる事へ。

鷹野が美波を抱こうとすると目の覚める美波。思いもよらない状況に突如、鷹野の顔をビンタする美波(笑)

ここで鷹野は自身の恋愛観を語っていきます。その中で鷹野には5人の愛人がいる事が発覚。叶奏も含まれていました。そして叶奏は性欲の捌け口である肉体だけを求める女であった事が明かされていく事へ。

ここへ来て、叶奏の本命男がどうしようもないクズ男であった事が判明。一方の叶奏は夫である智広の術中にハマる状況に陥っていきます。

狂気夫の監視下に置かれる魔性女…

クレジットカードが停止されている事に気がついた叶奏。銀行のカードなら使えるはずと夫である智広が自宅にいない時間を見計らって戻ります。しかし、自宅で叶奏が帰ってくるのは待ちわびていた智広。

彼女の足首にGPS機能付きの外すことができないリングを装着。智広から究極の束縛を受ける事になった叶奏。我慢ができず意を決して別れて欲しい(離婚)旨を伝えていきます。しかし、そんな事は許すはずのない智広。

どこへ行っても逃げられない状況になってしまった叶奏。どこに出掛けても居場所がわかるのでストーカーのように付き纏う智広を殺害しようといった思考が張り巡らされる事へ。

そして智広の就寝中に手を掛けようと画策する叶奏。ここで3巻は幕引きへ。

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」3巻の感想

ヤバい女に恋した僕の結末(3巻)

紳士的に見えていた鷹野も当然のようにクズ男が判明した第3巻。この作品に登場する男は全員がクズ男もしくはダメ男(笑)また今回で叶奏の過去の悲惨な家庭環境も垣間見える形となりました。

歪み過ぎた男と女が織りなすラブサスペンス。唯一の天使と言えるのがマモルの妹分でもある美波のみ。

ヤバい女に恋したマモルの恋の結末はどのようになっていくのか…。かなり尖った内容になっており、キワモノ漫画が好きな人にはお勧めできる作品なので気になった人は是非、チェックしてみて下さい☆彡

ヤバい女に恋した僕の結末

ヤバい女に恋した僕の結末

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」は以下から無料試し読みが可能!魔性の女に翻弄される男たちが見所!

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」を今すぐ試し読みする

-サスペンス

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.