ヒューマンドラマ サスペンス ミステリー

私の夫は冷凍庫に眠っている【ネタバレ】殺した夫が蘇る…究極のラブサスペンス開幕!?

私の夫は冷凍庫に眠っている

漫画「私の夫は冷凍庫に眠っている」は高良百先生、八月美咲先生のタッグで描かれるミステリーラブサスペンス漫画。

結婚して豹変した夫・亮の暴力に耐え続けてきた夏奈。ある日、彼女は夫を殺す。そして冷凍庫へと死体を保管する事へ。誰にも縛られない自由な新しい人生が待っているはずだった夏奈の前に衝撃的な出来事が巻き起こっていく。

この漫画は小説投稿サイト「エブリスタ」にて話題となった作品をコミカライズした漫画。真相が不明な得体の知れない出来事に読者は恐怖すること、間違いなし!

まずは試し読み!

漫画「私の夫は冷凍庫に眠っている」は電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信中!

漫画「私の夫は冷凍庫に眠っている」を今すぐ試し読みする

私の夫は冷凍庫に眠っている 登場人物

漫画の登場人物は非常に明快である。
主役の夏奈。そして夏奈の夫である亮。現在、配信されている第1話~4話では基本的にこの二人がメインである。途中、隣家の派手な洋服を着ているおばさん(通称、孔雀おばさん)が登場してくる程度である。

私の夫は冷凍庫に眠っている ネタバレ

私の夫は冷凍庫に眠っている

この漫画は執筆時点で電子書籍ストア「まんが王国」で先行配信中。他ストアで配信されたら追記していくが、早くこの作品に触れてみたい人は是非、まんが王国を利用してみて欲しい。

※まんが王国では9月16日まで第1話が無料で読めるキャンペーンを開催している!

1話ネタバレ

夏祭りの夜に夏奈は夫を殺す。
夫である亮とは出会ってから5年。結婚生活は4年であった事が明かされる。人を殺したのに淡々としている夏奈。

夫の死体処理を考えていく。

庭に埋める事を考える夏奈はシャベルを探しに庭先に出ると気づく。今日が夏祭りの日で家の前の通りは人通りが多い事に。

この状態で穴を掘っていたら完全に怪しまれる。しかし、部屋に置いておくと死体が腐って異臭を放ってしまう。

そして思い出す。
庭にある物置の中には祖父が大事にしていた業務用の冷蔵庫があると。電源を入れると稼働したので夏奈は冷凍庫の中へ一時的に亮の死体を保管する事へ。

『恨まないでね…あなたが悪いのよ…』

そう言い残して冷凍庫へ。彼から暴力を受けてきた日々を思い出す夏奈。そして夏祭りの盆踊り会場へ足を運ぶ。

『これで自由だ…自由』

人目をはばからず雄叫びをあげて楽しそうにダンスしていく夏奈。そして翌朝。起床は10時。昨夜の残りカレーが不満だった為、新しく朝食を作っていく。

嬉々と朝食を作る中、玄関の扉が突如、開いていく。

『ただいま~~~夏奈、朝ごはん何?』

帰ってきて夏奈の前に現れたのは殺したはずの夫・亮であった。

2話ネタバレ

昨夜、夏奈は間違いなく夫である亮を殺した。そして一夜明けて朝。殺したはずの夫が現れた事で理解が追いつかない。

死体の確認をしようと物置に向かおうとする夏奈であったが亮に呼び止められて、先に朝食の準備。そして同じ食卓で朝ごはんを食べていく。

何故、彼が生きているのか?
あらゆる事を考察していく夏奈。目の前にいる人間が本当に亮なのか…。夏奈は二人の間でしか、わからないような事柄を複数質問していく。

目の前にいる男は紛れもない亮であった。
最終的に今いる亮は幽霊であると考えていく夏奈。そんな彼女の背後に近寄って胸をまさぐっていく亮。彼に陵辱された思い出が蘇って拒絶。

トイレに駆け込んでいく夏奈は亮が幽霊なんかじゃなかった事に困惑を覚えていく。

『夏奈、大丈夫?悪いけどちょっとコンビニ行ってくるよ』

亮が家から出ていった。
チャンスだと捉えた夏奈は物置の中にある冷凍庫をチェックする。昨日殺した亮の死体は間違いなく保管されていた。

考えても理解が追いつかない状況。夏奈は決心する。

『もう一度殺すしかない』

ブツブツと呟きながら物置から出てくる夏奈。すると隣家の通称・孔雀おばさんが現れて一言。

『何が計画的なのかしら?』

彼女に見られた、聞これた…勘ぐっていく夏奈。

3話ネタバレ

隣家の孔雀おばさんが接触してくる。
もしかしたら昨夜の行動、言動が見られた、聞かれたかもしれないと勘ぐってしまう夏奈。

『あ…いや、片付けをしてて…』

目線を動かす孔雀おばさんは倉庫の近くに生えているナツダイダイ(夏みかん)を見遣っていく。みかんが欲しいのかと判断した夏奈。孔雀おばさんに後でおすそ分けにしていくと伝えていく。

『夏奈さんはお忙しいからね、旦那だんでいいわよ』

ここでタイミング良く亮が帰ってくる。そして事情を説明すると亮が夏みかんを孔雀おばさんの家に持っていく事へ。

そして夏奈は二人目の亮を殺したら、どこに死体を埋めるの考えていく。物置部屋になっている和室の床下に埋める事を考えていく夏奈。とりあえず部屋の片付けをする事へ。

部屋が暑くて襖を開けると目の前は孔雀おばさんの家から丸見え状態であった。そして気づく。孔雀おばさんの二階から女のあえぎ声と男の声が聞こえる事に…。

脳裏で亮と孔雀おばさんがお楽しみの様子を再生していく夏奈。いきなり孔雀おばさんの悲鳴のような声が聞こえてきて咄嗟に部屋へ逃げ帰っていく。

1回だけ夏奈は亮のスマホを見たことを思い出していく。亮のスマホは出会い系アプリばかりであり、出掛けた時は疑う毎日であった事を思い出す。

そして孔雀ともそういった関係なのかと呆れていく夏奈。しかし、頭痛が始まってしまい、気がつくと昼寝していた。亮に起こされる。時間は既に夕方になっていた。

『お隣さんから悲鳴みたいなのが聞こえて気がして…大丈夫?』

『ああ、ゴキブリ退治した』

亮は夏奈に抱きついて、そのまま彼女を求めていく。今回は拒絶できなく亮に抱かれていく夏奈。そんな時に思う。

『この亮にあの亮を食べさせてみようか…』

4話ネタバレ

亮と暮らし始めた当初から現在に至るまでを回顧していく夏奈。

一緒に暮らし始めた当初は幸せであった事が明かされる。しかし、亮が仕事へ行かなくなってから次第に彼が荒々しくなって暴力を振るい始めていく。

DV夫特有のアメとムチによる生活が続いた事が描かれていき、場面は現実へ。

二人目の亮は以前と違って真面目に仕事に行くようになっていた。そして家事も率先して手伝ってくれる状況。「いつまで続くか…」そんな事を胸に思う夏奈。

インターホンが鳴る。
対応する亮。届いたのは冷凍食品専用の包丁であった。注文したのは夏奈。理由をつけて購入した事を亮に伝えていく。

動揺する素振りを見せず、冷静を装って対処する夏奈。そして深夜。彼女は物置へ。冷凍庫に入れている亮を取り出して右肩へ包丁の切っ先を刺していく。

作業も終わって深夜3時手前。
夏奈はハンバーグを作っていた。そして朝。仕事に出掛ける亮に手作り弁当を作ったと手渡していく。

『うわ、すっげぇ楽しみ!ありがとう、行ってくる!』

夏奈は亮が昼休みにハンバーグを食べる姿を想像してえずいていく。

私の夫は冷凍庫に眠っている 感想

私の夫は冷凍庫に眠っている

1話からそうだが設定が斬新かつ、真相が不明な点がグイグイと読者を物語に引き込んでくれる漫画になっています。どんな設定で夏奈の前に亮が現れたのでしょうか。

夏奈の精神病的な何かで幻覚が見えているのか…。それとも実はSF混じりの漫画なのか…。もしくは亮は双子で一方が暴力的、一方が優しい亮なのか…。

不気味だけど面白いから止まらない漫画です。

この漫画は現在、まんが王国のみで先行配信中。ミステリー×サスペンス×ラブを混ぜた不気味な作品。興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡

この漫画をチェック!

私の夫は冷凍庫に眠っている

漫画「私の夫は冷凍庫に眠っている」は電子書籍ストア「まんが王国」にて先行配信中です!

今すぐ試し読みする

-ヒューマンドラマ, サスペンス, ミステリー

© 2020 スマ漫