ヒューマンドラマ ホラー 怪奇 ミステリー

裏バイト:逃亡禁止【6話ネタバレ】雪山の神様の御馳走は人間だった!?

裏バイト:逃亡禁止

田口翔太郎先生が描くホラー漫画「裏バイト:逃亡禁止」最新話となる第6話。今回、ユメと和美が裏バイトする潜入先は自然保護監視員である。

雪山の立入禁止区域にて実地調査名目で写真を撮ってくる事を任命されていく二人。

そこで得体の知れない化け物に遭遇するユメと和美。裏バイトの依頼者に真の目的を問い詰めていくと意外な事実が判明していく!?

Check!

漫画「裏バイト:逃亡禁止」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・配信中!

漫画「裏バイト:逃亡禁止」を今すぐ試し読みする

※この漫画は移動先のストア内、検索窓に「裏バイト:逃亡禁止」と入力して検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

裏バイト:逃亡禁止
裏バイト:逃亡禁止【5話ネタバレ】人形供養の裏バイトで人格が乗っ取られる!?

田口翔太郎先生が描くホラー漫画「裏バイト:逃亡禁止」第5話。 主役の二人が潜入する今回の裏バイトは人形供養のアルバイトである。その仕事はある一軒家で対象の人形と一緒に暮らす事であった。 ユメと和美に差 ...

裏バイト:逃亡禁止【6話ネタバレ】

裏バイト:逃亡禁止

雪山の裏バイトに訪れていたユメと和美。二人は自然保護監視員として雪山の整備、清掃、案内仕事などを任されていく。ただ、ユメと和美に関しては立入禁止区域の実地調査も任されていた。

初日を終えた二人は他のバイト達と共に暖炉を囲みリーダーである馬岡の怪談話を聞いていく。

白銀神山の怪談と称して山にはしらかみ様と讃えられる神様がいると語りだす馬岡。現在、雪山には「HAKUHGIN」といったホテルが建設されているが、少し前は地元住民に建設を猛反対されていた。

そんな中で事件が起きた事を明かす馬岡。

大きな雪崩が起きてホテル関係者など多くが巻き込まれて全員が死亡。その時の遺体が不自然な状態であったと明かす馬岡。遺体の多くが「中身だけが取られた人間だった」と恐怖の怪談話を伝えていく。

『驚かせ過ぎちゃったかな…冗談だよ!』

笑ってあくまで噂であり根拠のないデタラメの都市伝説だとバイト達に伝えていく。その後、馬岡の部屋に足を運ぶユメと和美。

馬岡はユメと和美だけ裏経由で雇っていた。高額日給の理由は口止め料とトラブルのリスク込みだと明かす。トラブルと聞いて危ない事があるのかと問い詰めていく和美。仕事の真の目的も教えて欲しいと伝えていく。

『リスクは住民に怒られる程度、目的は実地調査さ!』

ただでは終わらない裏バイト…現れるヤバい気配…

明日回るルートを確認して、いざ翌日。
目的地へ向かう途中、地元住民と遭遇してしまうユメ達。ここでユメ達は地元民から以前に大雪崩でホテルの人間が沢山死んでしまった事を聞く。

馬岡の話は冗談ではなかったのと脳裏を過る二人。

そして目的に到着する頃…外は吹雪いていた。前方に何かいる事を発見する和美。

『クッサ…!』

ユメの危険感知センサーが働く。ユメ達の前には得体の知れない化け物が姿を現していく。和美は写真を撮って速攻で逃げる二人。途中、子供が吹雪の中、迷子になっていたので抱っこして施設まで戻っていく二人であった。

一方、地元住民は『Xデーはクリスマスだ!』と称して村をあげての撤退要求デモを計画している事が明らかになっていく。

馬岡のもとに戻ったユメ達。撮影した写真を手渡す前に和美が条件を出していく。

  • 給料の前払い
  • 仕事の本当の目的を教えること

条件を飲まないと撮影したカメラを手渡さないと伝える和美。条件を飲み、仕事の本当の目的を明かしていく。馬岡の真意は大雪崩の真相を明かす事であった。彼が怪談だと言って話した事は全て事実であった。さらに馬岡は何度も裏経由でバイトを雇っていた。

『雇っていた裏バイトの人らはどうなったんですか?』

『失敗した』

裏バイトを雇ってまで大雪崩の真相を解明したい馬岡。その源になっているのは単純に馬岡が研究者だったからである。なんだかんだ納得してカメラを手渡す和美。

馬岡はカメラに映っている写真を見て点と点が線で繋がれていく。

『まさか…いや…そんな…あり得ないよな…でも…もしかしてあの事件の真相は…』

始まるXデーの悲劇!?

バイト料も貰って仕事も終えたユメと和美。今回の仕事はこれで御役御免となる。しかし、せっかく雪山に来たのだから何日か遊んでいく事にする。そして二人はホテルがクリスマスに大きなパーティーを開こうとしていたのでクリスマスまで雪山に滞在する事へ。

クリスマス当日。
ホテル「HAKUGIN」では大規模なクリスマスパーティーが開かれていた。一方、パーティー会場に乗り込む地元住民達。ホテル撤退のデモ運動をしていく。

イベント会場に現れてホテルに入ろうとする和美達。そこでユメの表情が一瞬で曇っていく。クサイを連呼して駆け足でホテルに入るユメ。

『雪崩よぉぉぉぉぉ~~~~~』

必死で忠告していくうユメ。しかし、嫌がらせや仕込みだと勘違いしていくホテルスタッフと地元民達。キ○ガイ扱いされたユメはホテルスタッフに連れられ、追い出されていく事へ。

一方で真相がわかった馬岡は雪山から逃げるように下山しようとしていた。

ホテルからだいぶ下山して避難してきたユメと和美。遠くからホテルが雪崩のようなものに覆い尽くされていくのを確認していく。ただ良く見ると雪崩ではなく「しらかみ様」がホテルを襲っている模様。

翌日、ホテル「HAKUGIN」は全国ニュースとなる。

数百名いた客やスタッフは誰一人見当たらない状況だったのだ。一方、ニュースではユメ達が助けた子供。彼女がインタビューを受けていた。彼女と母親だけがユメの言葉を信じて下山していたのだ。その姿に安堵して涙を流すユメ。

最後は研究者である馬岡が描かれる。
彼は逃げる途中にしらかみ様に捕まった模様。彼の体はしらかみ様に食い尽くされようとしていた…。

最後の今回のバイト帳簿が明かされる。
ユメ達のバイト代は一人一日15万円。出勤数は2日なので30万円も稼いでいた。ここで第6話は終了である。

裏バイト:逃亡禁止【6話の感想】

裏バイト:逃亡禁止

この漫画は「考えるな感じろ!」といったタイプの漫画である。その事象が起こる原因を科学的に解明しようとしても無理だろう。今回も雪崩に見せかけて山の神様が事件を起こしていく。

あと、何故、山の神様が雪崩に見せかけて人間を襲ったのか研究者である馬岡が作中である仮説を立てている。

まぁ人間は美味いってことだ!是非、漫画を見て各々の考察や推測を張り巡らせて欲しい!それでは☆

この漫画をチェック!

裏バイト:逃亡禁止

漫画「裏バイト:逃亡禁止」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・配信中!

今すぐ試し読みする

※この漫画は移動先のストア内、検索窓に「裏バイト:逃亡禁止」と入力して検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

裏バイト:逃亡禁止【ネタバレ関連記事】

-ヒューマンドラマ, ホラー, 怪奇, ミステリー

© 2020 スマ漫