ラブストーリー ラブコメ

隣の席の変な先輩【4巻ネタバレ】風邪の看病で股間同士の触れ合いスタート!?

隣の席の変な先輩

TL漫画「隣の席の変な先輩」第4巻の内容をご紹介。

今回はマユミが明男の風邪の看病をするエピソードが描かれていきます。彼の看病をする事になった経緯から始まり、看病中のハプニングを交えて物語は進行。

エロパートではかなり刺激的で過激な出来事が巻き起こっていきます。何より、今回の朝日向明男はいつもより色っぽく艶っぽいのが魅力ですよ!

\\ まんが王国でこの漫画の試し読み可能! //

今すぐ試し読みする

\\ 過去巻の紹介はこちら! //
隣の席の変な先輩
隣の席の変な先輩【3巻ネタバレ】腹筋を触られて恍惚に感じる朝日向明男!

うすくち先生が描くラブコメ系TL漫画「隣の席の変な先輩」第3巻の内容をご紹介。 今回はマユミが同僚の友人からアドバイスを受けて拗れた恋愛観、表現をする明男を調教しようと張り切っていきます。 最初は順調 ...

隣の席の変な先輩【4巻】ネタバレ

隣の席の変な先輩

マユミは明男宅にいた。
彼はベッドで上でプルプル状態。高熱を出して風邪を引いた状態だったのだ。そして何故、マユミが彼の看病をしている事になっているのか時は遡って語られていく。

場面は昨日へ。
マユミの隣の席である明男。どんよりとして如何にも体調が悪い雰囲気を醸し出していた。

具合悪いなら早退した方が良いと伝えるマユミ。自分の事を心配してくれていると思う拗れた性格を持つ明男。そんな勘違いが腹立たしくて言いたい事をズバッと言ってスッキリしていくマユミ。

仕事を戻るとマユミが担当するはずだった仕事が既に完了していた。

横をチラ見するとソワソワしている明男の姿。彼がマユミの仕事を終わらせていたのだ。褒めてもらいたいのかチラチラ、ソワソワ状態の明男。

『もう~いっつもいつの間にかこうやって仕事しちゃんだから…』

マユミも先程は明男に言い過ぎたかもと少し心の中で反省。そして当日になって明男が風邪で欠勤。それを知った同僚の佐藤がマユミを引き連れて明男のお見舞いに行こうと誘ってきていた。

さらに明男宅の玄関先で佐藤は会社から呼び出しで、とんぼ返り。一人になった所ですかさず明男が出て来て部屋の中に招かれてしまっていた。

『つまり…俺の心配してくれたんだ』

ここへ来た経緯を聞いて喜ぶ明男。そんな彼の表情を見てマユミのイケメンセンサーがビンビンに反応を示していく。

風邪を引いた特有の気だるさが妙に色っぽく明男を映していく。しかも何故か明男は上半身裸。細マッチョの良い体なのである。

しかし、ここでほだされてしまうと彼のペースにハマってしまうと感じたマユミ。毅然とした態度で接する事と構えていく。ちなみに明男の部屋はストーカーばりにマユミの写真がそこらかしこに設置された状態。

『これ…してくれたら大人しく寝てるから…もうわがまま言わないから…』

明男がマユミに頼み込んだのはタオルで体の汗を拭き取ってもらう事であった。

マユミに看病されて嬉しい明男。
モジモジして嬉しいと言葉にしていく。ほださかけるマユミ。潤う明男にドキドキしていくマユミ。自分の中の気持ちと向き合っていく事へ。

『私って朝日向さんのことどう思ってるんだろう…』

もしかしたら実は自分も朝日向さんの事が好きかも…。明男と見つめ合って自然に唇が近づいていく二人。しかし、背後に飾られている無数の自分の写真が見えて来て冷静になっていく。

『いやいやいや…まてまてまて』

冷静になっておかしいと気付くマユミだったが、明男からロックオン状態。抱き寄せられて唇を奪われていく。そのままマユミのお尻をがっつりと鷲掴みしていく明男。

そして非常事態が起こる。
明男は全裸であった。そして下半身がギンギンになっていた。彼の股間はマユミのパンティの中に侵入。下着の中に入ってきて股間同士が直接触れ合う形となっていく。

『このままの状態で動かれたら最悪…入ってしまう…』

状況がわからない明男。見ようとしていた明男の目線を手で塞ぐマユミであった。腰が勝手に動くと言ってマユミの股間を刺激していく明男。本当に入ってしまいそうになる…。

『わかりました!私が動くんで!』

言った後に後悔するマユミ。
動くフリをして下着から明男の股間を抜くことをミッションにしていく。しかし、無駄に大きい明男の股間。次第にマユミも変な気持ちになってきてしまう。

『ああ…もう…無理…』

再び腰を振りだす明男。息を荒くしてマユミの顔が見たいと伝えてくる明男。葛藤するマユミ。そして彼の目線を塞いでいる手をどけようとした時…。

『言うこと聞いてくれなかったら…このまま…ぐっちゃぐちゃにして挿れてやる』

実はどんな状況になっていたのか、わかっていた明男。遂に本心を曝け出していく。これらのド変態発言で一気に現実へ戻されていくマユミ。

マユミは彼の大事な部分をつねっていく。それでもマユミ愛を語る明男。風邪になって最高だと呟いてマユミの唇を奪っていく。

最後…次の日から3日間、風邪で寝込む事になるマユミであった。ここで第4巻は終了。

隣の席の変な先輩【4巻】感想

隣の席の変な先輩

今回も明男に翻弄されまくるマユミ。風邪を引いた男性特有の色っぽさ、艶っぽさが滲み出いている内容。女性なら明男の姿を見てキュン死するかも…(笑)

そして終盤で出てくるデビル明男(笑)
オチも完璧で笑わしてもらいつつ、しっかりとエロ場面では興奮させてくれる内容。

まだまだ二人が結ばれるまでは遠いような気がしますが末永く面白おかしく続けて欲しい漫画ですね☆彡

興味が出た人は是非、全巻試し読み可能な「まんが王国」でチェックしてみて下さいね!

この漫画をチェック!

隣の席の変な先輩

漫画「隣の席の変な先輩」は電子書籍ストア「まんが王国」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

\\ NEXT //
隣の席の変な先輩【5巻ネタバレ】とんでもない性癖を持つライバルが登場!?

-ラブストーリー, ラブコメ

© 2021 スマ漫