ラブストーリー

その警察官、ときどき野獣【27話ネタバレ】誘拐犯の娘が彼女…熊野パパは結婚にどう応える!?

その警察官、ときどき野獣!

漫画「その警察官、ときどき野獣」第27話をご紹介!

今回は遂に熊野パパが登場。
熊野は父親へひよりを紹介。息子を支えてくれる彼女に感謝する父であったが…名前を聞いて表情が一変。

誘拐犯の娘といった事実を父親はそう簡単に認めるわけはなく二人の結婚に関しては反対の意思をはっきりと告げる事へ。

想定はしていたがショックを隠しきれない熊野。激しいイチャラブと共に熊野はもう一度父親と話す事を決意。それでもダメなら家を出てひよりとの同棲を考えていきます!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「その警察官」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

その警察官、ときどき野獣!
その警察官、ときどき野獣【26話ネタバレ】誘拐事件の真相や黒幕の特徴が判明する!?

漫画「その警察官、ときどき野獣」第26話をご紹介! 今回はヒヨリ父と対面。 交際の表明や誘拐事件の真相について尋ねていく。共犯者であり事件の首謀者の特徴も明かされていき…事件の裏にある陰謀も覗かれてい ...

その警察官、ときどき野獣【27話】ネタバレ

その警察官、ときどき野獣!

熊野の父親が自宅に帰宅。
息子がイチャラブしている様子を見て頷く。

『式の日取りはいつだ…世話になってる神主に連絡しておこう』

気の早い父親であった。
熊野もそれに乗っかる。神社ではなく教会で挙式をあげたいと。弟達も兄がひよりと結婚する気満々なのでテンションが上がっていく。

『熊野くん…そのご挨拶を…』

ようやく我に返る熊野。
そして父親とかしこまって対面。まずは父親から自己紹介。熊野パパは九真征といったハンドルネームでミステリー作家をしていると熊野征十郎。

大ベストセラー作家でありひよりも存じている大物であった。礼儀正しいひよりに感謝する征十郎。

『ぬ…すまん…名前を聞いていなかったな…』

自身の名前を語り…小牧優一の娘である事を明かす。一瞬にして顔つきが変わる征十郎。

熊野へどういった事か説明を求めていく。

『どういうことも何もない…彼女を愛している…それだけだ』

弟達はまだ理解していなかった。
征十郎が説明していく。ひよりは息子が小さい頃に誘拐され虐待された犯人の娘であると。

初耳だった弟達。彼らも一瞬だが硬直。

『お前達はその犯人の子供と家族になれるか?』

父親からの厳しい言葉が息子達に告げられていく。熊野は弁明。ひよりの父親は自分に何もしていないと。

しかし、誘拐された事実は変わらないと訴える征十郎。

三人の弟がそれぞれ口を開いていく。仁、四葉は兄の考えを尊重。啓吾が良しとするなら賛成派であった。珊瑚だけは意見が違った。兄を傷つけた人間の娘を受け入れるのは無理だと。

『待ってくれ…俺はひよりのお父さんを少しも恨んでいない』

必至に掛け合おうとする熊野。
家族の気持ちをわかっていたひよりが彼を制止させる。当事者より家族の方が許せない事もあると。

ひよりの理解に頷く征十郎。きっぱりと息子を傷つけた血縁を家族に受け入れる事は出来ないと突き放していく。

ひよりも覚悟の上であった。
ただ熊野に抱く愛情は本物。結婚は無理でも交際は許して欲しいと頭を下げていく。

『それに関しては当人たちの自由だろう…認めるわけではないが私が口を出すところではない』

なんとか交際は認めてもらう事に成功。
同時にひよりは熊野家から出ていく事を決意。荷物をまとめて出ていくひより。熊野もこの日は彼女と一緒にホテルへ宿泊する事へ。

仁が追いかけて来てひよりに伝える。
珊瑚は過去の経験で悪い事が許せない人間。それでもひよりの事は大好きだから嫌いにならないで欲しいと懇願。

仁はひよりを家族として認めており、今後も協力する事を誓っていく。

場面はホテルへ。

『熊野くん…いつまでそうしてるの?』

認められず落ち込んでいた熊野。
彼は気を取り直して結婚出来ずともひよりと離れたくない事を告げる。

ひよりとずっと一緒にいたい熊野。彼の愛情と欲望がひよりの身体を求めていく。いつもより激しくひよりを求める熊野。

『もっと俺に夢中になれ…俺から離れられなくなってくれ』

昇天した後…好きすぎて不安になってしまった事をカミングアウト。ひよりも彼に愛情をぶつけていく。そのまま二回戦目へ突入。

終わると明日から家にひよりがいないことを考えて再び落ち込む熊野。

考えてもう一度征十郎と話し合ってみる事を決意。それでも否定された場合…家を出てひよりと一緒に部屋を借りて暮らす事を提案。

『ひより…俺が部屋を借りるから二人で暮らそう』

ここで第27話は終了。

その警察官、ときどき野獣【27話】感想

その警察官、ときどき野獣!

トントン拍子とは行かず…父親に現実を突きつけられる熊野とひより。ただ征十郎は雰囲気的にも話のわかる男。二人が真摯に何度も向き合えば認めてくれそうな匂いはしている。

もう一度、征十郎と話してどんな結果になるのか…熊野が家を出てひよりと同棲を開始するのか…。それとも征十郎が認めて離れで今まで通り生活出来るのか…。

二人にとって局面を迎える場面である。
ちなみに今回のお色気は熊野がいつもより激しくひよりを求めます。いつもより1.5倍は過激な一幕へ!

さらにピロートークでは女性の心鷲掴みにする胸キュン要素も満載ですよ!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「その警察官」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

↓↓↓その警察官、ときどき野獣のネタバレまとめてます↓↓↓
その警察官、ときどき野獣【ネタバレまとめ】最新話から結末まで網羅!

-ラブストーリー