スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

ラブストーリー

漫画「これも全部あの夏のせい」ネタバレ!ブサメンが羨まし過ぎる大学生ラブストーリー!

投稿日:

これも全部あの夏のせい

漫画「これも全部あの夏のせい」はBSさんが描くフルカラー漫画。ゴリラ男子的な大学生・宮田大吾のちょっとエッチなラブストーリーが描かれていく作品。

金欠、ブサメン、低スペックな主人公なんだけど読んでいて羨ましい限りの一言。

ただ、大吾以外に登場する人物達が何か隠し事がありそうで気になってきたり、ヤキモキしてきたり…。執筆時点では1巻〜4巻までが配信中。1冊40ページ前後の漫画。配信されている巻を全部読んだので内容をご紹介していきます!

漫画「これも全部あの夏のせい」は電子書籍ストア「eBookJapan」で無料試し読みも可能となっています。

漫画「これも全部あの夏のせい」今すぐ試し読みする

漫画「これも全部あの夏のせい」ネタバレ

冴えない男なのに超絶美人の彼女が…!?

主人公である大吾はゴリラ顔の大学生。ライフセーバーのバイトをするも海辺の美女たちにばかり目がいって仕事中でも勃起(笑)そしてクビ…。

自宅で自慰行為をしていれば親に見つかって「彼女でも作れ」と言わんばかりの一言。まさに典型的な冴えない男なのだが…実は誰もが羨む程の超絶美人な彼女がいたのだった。

彼女の名前はスミレ。
交際歴は1年3ヶ月以上だが結婚するまではお預けの状態。一応、大吾の悶々としたモノは手でヌイてくれるスミレであるが大吾自身はやっぱり不満が残る…。

そんな中、親友でイケメン・金持ちの瑛太からグループ旅行をしてみないか…といった提案。沖縄旅行の開放感からスミレも自分を求めてくるかもしれない…そんな邪な気持ちを持ちながら旅行を承諾する大吾。

派手な女にかき乱されていく欲求…

グループ旅行なので当然、瑛太にも彼女がいる。大吾は瑛太の彼女を見て驚愕。美貌を兼ね備えてはいるが瑛太には似つかわしくない派手な女性だったのだ。名前はさゆり。

沖縄旅行=海水浴となるわけだが面積の小さい水着を着ながら大吾の鍛え抜かれた体を触ってくるさゆり。

性欲MAXな男・大吾は当然ながらここでも勃起。彼女であるスミレの怒りを買いながら幸せな時間が流れていきます。そして大吾の理性を吹き飛ばすような出来事が…。

海水浴も終わり、疲れて部屋で寝てしまう一同。
そんな中、さゆりが大吾を跨ぐ動作。丁度目が覚めてしまった大吾はさゆりはノーパンではないかといった妄想で頭が一杯に…。

大吾はパイパンでノーパンかもしれないさゆりの恥部をどうしても確認したくて彼女が寝ている隙を見計らって行動へ。まさに性欲に満たされたお馬鹿な男子学生といった感じ(笑)

この時はギリギリのところで理性が働いてお馬鹿な行動をやめる大吾。

気になってしまう親友の彼女…!?

この後、4人は「真実か挑戦か」といったゲームを開始していく。対象となった人間に各人が質問。答えられなければ酒を飲まされるといったゲームだ。

ここでは何だか心理合戦ようなやり取りが続いていく。大吾以外は何やら含みを持たせるような返答をしたりして、何か隠し事があるのではないかといった感じで気になってくるのだ。

そして夜。
先に寝てしまったスミレを夜這いしようとする大吾だが思い留まる。悶々とした気持ちの中、瑛太達の部屋を覗くと瑛太とさゆりがお楽しみ中であった。

当然だが悶々としている大吾はお楽しみ中の二人の行為を覗き見。すると覗いている大吾にさゆりが気づくのだ。そして目があってしまうと不敵な笑みを浮かべるさゆり。

翌朝になると瑛太とスミレが仲良い感じに…。嫉妬する大吾。そして瑛太は知り合いから連絡が来て一時離脱する事へ。さゆりの面倒も任される事になる大吾。

翌日となり海辺で遊ぶ大吾、スミレ、さゆり。
夜の覗き見した事が脳裏から離れずさゆりの体にばかり目がいってしまう大吾…。ここで4巻は幕引き。

漫画「これも全部あの夏のせい」感想

これも全部あの夏のせい

淡々と物語が進んでいくのですが大吾以外が含みを持たせたような行動に出たり、発言をしたりでモヤモヤとさせてくれる作品。そして超絶美女がいながら目移りしてしまう大吾の気持ちも男ならわかるはず!

1巻〜4巻まで読みましたが、まだまだ序章といった感じで今後の4人の関係性にどういった変化が訪れるのか非常に気になる作品。そして登場してくる女性陣が綺麗で可愛い!スタイルも良し!

このモヤッとした気持ちを爽快にしてくれる出来事は起こるのか…今後の展開に期待したいです☆彡

これも全部あの夏のせい

これも全部あの夏のせい

漫画「これも全部あの夏のせい」は以下から無料試し読みが可能!

漫画「これも全部あの夏のせい」を今すぐ試し読みする

-ラブストーリー

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.