ヒューマンドラマ 学園モノ 青春

カラミざかり青年版【8話ネタバレ】二人きりでカラオケルーム…飛び出すビッチ発言!?

カラミざかり

御池慧先生が描く漫画「カラミざかり」最新話となる第8話の内容をご紹介していく!

今回の見所は里帆の気持ちに探りを入れようとしていく高成。カラオケルームで里帆と二人きりになることへ。会話していると里帆を改めて天使だと感じる高成。

しかし、8話終盤で里帆の口から超ビッチ発言が飛び出していく。純粋な少女だと思っていた子から突然の言葉。高成はどんなリアクションを取っていくのか!?

桂あいり先生が描く原作「カラミざかり」にはないオリジナルストーリーが描かれていきます!

まずは試し読み!

漫画「カラミざかり~ボクのほんとと君の嘘~」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・配信中!

漫画「カラミざかり~ボクのほんとと君の嘘~」を今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カラミざかり」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

カラミざかり
カラミざかり青年版【7話ネタバレ】誤った解釈でぼっちになっていく主人公!?

御池慧先生が描く「カラミざかり」最新話となる第7話をご紹介。 7話の内容は原作である桂あいり先生の「カラミざかり」には描かれない完全に御池慧版のオリジナルストーリー。主人公である高成の悩みや葛藤が色濃 ...

カラミざかり青年版【8話】ネタバレ

カラミざかり

『このあと…時間ある?』

書店で遭遇した里帆に尋ねる高成。里帆は笑顔で時間はあると承諾。高成はちょっと二人で話がしたいと伝えていく。静かになれる場所を探す高成。ネカフェへ3店舗回るが3連敗を喫していく。

最終的に目に止まったのはカラオケ店。里帆へカラオケでも良いか承諾を取る。

『全然どこでもいいよ』

カラオケといった密室空間で二人きり。里帆はどんな話をしたいのか尋ねていく。脳裏で聞きたい事が過ぎっていく高成。

貴史とヤッたこと…自分を拒んだこと…貴史に対する気持ち…ヤリマンなのか…。里帆の気持ちや本質に探りを入れたい高成。

しかし、緊張して切り出せない。
取り敢えず里帆はお手洗いと同時に飲み物を取ってきてくれることへ。

部屋で一人待つ高成。
歌おうと思って端末を手にする。しかし、恐怖から手が震えてしまっていた。

里帆の口から何を言われても喜べない気がすると感じていく高成。勇気を出して里帆を呼び止めた事に後悔を感じ始めていた。

『おまたせー山岸くん…顔色悪いけどへーき?』

里帆が作ってくれたジュースをまずは飲む。そして口から吐き出してしまう高成。想像を絶する不味さであった。

ジュースが腐ってるのではないかと慌てふためく高成。

『ごめん私だ…』

里帆は紅茶、オレンジジュース、ジンジャーエールを混ぜたジュースが好みであった。それを聞いた高成。お世辞で美味いと伝えて一気飲みをしていく。そんな彼の姿を見て笑みがこぼれていく里帆。

『ふふっ…そんな嘘つかなくていいのに』

彼女の笑顔を見て自分の気持ちを再認識する高成。やっぱり自分は里帆が好きだと。こんな可愛い子が誰とでも寝るような子ではないと解釈していく。

そして、やっぱり里帆は貴史の事が好きで自分のことは好きではなかったから拒んだと解釈。

自分の中で結論を出したので昨日のことだけを謝って帰ろうと考える高成。

そして里帆の方をチラ見していく。
彼女も高成を見つめていた。どこか艶っぽい表情。戸惑って硬直してしまう高成。二人の間に微妙な空気が流れていく。

そして固まったままの高成に尋ねていく里帆。

『あれ…しないの?』

ビッチ発言が飛び出してくる里帆。ここで第8話は終了。

カラミざかり青年版【8話】感想

カラミざかり

里帆から飛び出したビッチ発言にどんなリアクションを高成が見せていくのか次巻が気になる!原作を描く桂あいり先生のカラミざかりでは高成と里帆がカラオケで一緒になる場面などはありません。

御池慧先生が描くカラミざかりのオリジナルストーリーとなっています。

今回のカラオケルームで気持ちが吹っ切れていくのか…。原作の方の里帆はセ○クス大好き女子です。こちらもその本質は間違いなく引き継いでいるので彼女がこれからどんな姿を見せていくのか個人的に楽しみ!

この漫画をチェック!

カラミざかり

漫画「カラミざかり(青年版)」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・試し読みも可能!初めて利用する方は50%OFFクーポン進呈中!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カラミざかり」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
カラミざかり青年版【9話ネタバレ】葛藤の末…好きな女子とのロマンスを求める奥手な男子高校生!?

-ヒューマンドラマ, 学園モノ, 青春

© 2021 スマ漫