ヒューマンドラマ 大人系 ラブストーリー

カノジョの弱みを握ったら【23巻~24巻ネタバレ】秘書の酷い言動に怒り…限界まで抱き潰す決意を固める!?

カノジョの弱みを握ったら

漫画「カノジョの弱みを握ったら」第23巻~24巻をご紹介!

23巻は再び芹菜と慎太郎を離れさせたい樹里が慎太郎を誘惑していきます!

慎太郎に対して強い当たりを見せてしまう樹里。それが裏目に出てしまって彼の怒りを買う事へ。慎太郎は樹里の望みを叶えると共に彼女を限界まで荒々しく抱き潰す事を決意。

一方、芹菜は凛々花と接触して慎太郎との関係や凛々花が知る慎太郎の人物像を掘り下げようとしていきます。

24巻は濡れ場が連続!
樹里に加えて凛々花とのお色気シーン満載です!特に樹里との濡れ場は態度とは裏腹にお互いが快楽によって内心では別の感情を抱いている場面が面白いので要チェックですよ!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カノジョの弱みを握ったら」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

カノジョの弱みを握ったら
カノジョの弱みを握ったら【21巻~22巻ネタバレ】複雑に絡み合っていく女性関係…あの女性から熱烈求愛!?

漫画「カノジョの弱みを握ったら」第21巻~22巻をご紹介! 21巻は色々と人間模様が絡み合っていきます。 芹菜と凛々花が意外と仲が良くて困惑したり…美葉には求愛されて状況になったり…樹里は遂に望月と二 ...

カノジョの弱みを握ったら【23巻】ネタバレ

カノジョの弱みを握ったら

美葉のお尻を鷲掴みにした感触の余韻に浸っていた変態弁護士・吉村。彼に接触する慎太郎。また女性に馬鹿な真似をしないように静かなる威圧を与えて釘を刺していく。

無事に吉村を黙らせる事に成功した慎太郎は職場の通信室へ。

既に樹里が待ち構えており…対面すると同時に洋服を脱いで慎太郎を誘惑していく樹里であった。

目的は身体を捧げて慎太郎をコントロール。彼が芹菜に近付かないようにさせるのが目的。慎太郎と椎名が繋がっている可能性があると誤解をしていた樹里。

誘惑するが慎太郎は彼女を拒絶。
苛立つ樹里は慎太郎のプライドを傷つけるように見下し、蔑む言葉を投げかけて彼を煽っていく。

口封じに来たのに変な事言われてしらけたわ…カノジョの弱みを握ったら(23巻)

さすがの慎太郎も黙っていたが…堪忍袋の緒が切れて…立ち去ろうとする樹里を引き止めて机に組み伏せていく。

怒りを露わにする慎太郎。
ここまで執着してくる理由として樹里にも芹菜と同じ過去があると察していた。

彼女とは一生交わらない性格だと判断した慎太郎。樹里の望み通り…芹菜には近付かない約束をして荒々しく彼女の身体を堪能する事へ。

誘惑してきたのは彼女から。
どうせなら限界まで樹里を抱き潰してやろうと考える慎太郎。

場面は芹菜へ。
受付の凛々花が弁護士・千葉から威圧されている現場に遭遇。

凛々花を助けると共に彼女は気になっていた事を凛々花へ問う事へ。

東さんの事なんですけど…カノジョの弱みを握ったら(23巻)

芹菜は知りたかった。
凛々花が知っている慎太郎の事を。慎太郎に好意を抱く二人の女性が対峙。凛々花は慎太郎のことをどう答えるのか…ここで第23巻は終了。

カノジョの弱みを握ったら【24巻】ネタバレ

カノジョの弱みを握ったら

24巻は樹里、凛々花との濡れ場がメイン!
樹里に誘惑されて彼女を抱き潰す決意をする慎太郎。抱かれても蔑む言葉ばかり彼女が吐くのでパンティを咥えさせてお口にチャックしていく。

慎太郎のアソコが良すぎて態度とは裏腹に快楽で身体が支配されそうになってしまう樹里。同じく慎太郎も彼女を悶えさせるはずだったが…想像以上に気持ち良く…お互いに感情を押し殺していく。

途中…喘ぎ声が漏れそうになってしまう樹里。
必至で抑える為…慎太郎にキスして口を塞ぐ事へ。最後は欲望に忠実となって慎太郎の体液をお口で受け止めていく樹里であった。

同時に約束は守ってほしいと訴える。
約束は約束なので…慎太郎は芹菜に近付かない事を誓っていく。

その後、凛々花と合流して一緒にシャワーを浴びる慎太郎。
アソコを綺麗にして上げると訴える凛々花はしゃがんでお口でご奉仕を開始。気持ち良いが美葉、樹里と相手にしてきたので中々、反応を示さない。

もう私に飽きたの?カノジョの弱みを握ったら(24巻)

少し激しめにご奉仕をさせると気持ちが込み上げて興奮。この日…三発目を達成して凛々花に怪しまれる事もなかった。

同時にここまで奉仕してくれる凛々花がいるんだから芹菜と距離を置くべきだと捉える事にした慎太郎。

場面は変わって樹里。
慎太郎と椎名が繋がっていなかった事を察して…レニを探ってみようと思い連絡。

しかし…レニの隣には望月。
蜘蛛の巣に絡んできた樹里をどう調理しようか企む望月であった。

一方、芹菜。
彼女は慎太郎と凛々花の関係が気になっており、直接慎太郎に関係性を聞こうと通信室の前へ。

部屋の中から物音が聞こえたので慎太郎がまだ居ると思って通信室の中に入ろうとしていく。ここで第24巻は終了。

カノジョの弱みを握ったら【23巻~24巻】感想

カノジョの弱みを握ったら

23巻では樹里の望みを受け入れる決意をする慎太郎。
もう芹菜と本当に関わる事は止めるのか…。今後、望月達の魔の手が樹里や芹菜に及ぶ事は明白。

そして慎太郎に好意を寄せる凛々花と樹里。芹菜の方から関係性や人物像を探る言葉を投げかけていきます。様々な思惑が交錯していく状況。

主人公である慎太郎は芹菜の救世主になれるのか…。もう少しでさらなる局面に向かいそうなので目が離せません!

24巻では安定のお色気シーンと共に…樹里は望月の毒牙にかかりそう。芹菜は通信室に入って行こうとしますが…中にいるのは慎太郎ではない雰囲気。

何か本筋のストーリーに大きな動きが出てきそうです!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カノジョの弱みを握ったら」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

↓↓↓カノジョの弱みを握ったらのネタバレまとめてます↓↓↓
カノジョの弱みを握ったら【全巻ネタバレまとめ】最新巻から最終回まで追いかけて更新中!

-ヒューマンドラマ, 大人系, ラブストーリー