ヒューマンドラマ ラブストーリー

大蛇に嫁いだ娘【4話ネタバレ】蛇の夫に苛立つ人間に新しい友達が出来る!?

大蛇に嫁いだ娘

漫画「大蛇に嫁いだ娘」単話版の第4話をご紹介!

今回は新キャラが登場。
ミヨと親交を深めて彼女の話し相手になってくれる事へ。

そのキャラだが狸である(笑)
結構、愛着の湧く喋れる狸キャラなので必見。さらに今回は狸とミヨが窮地に立たされていく。

二人の前に現れる自然界の脅威。死を覚悟する事になるが…そこは大蛇様の出番である。ハラハラ・ドキドキ&ほんわかエピソードが第4話でも繰り広げられていきます!

大蛇に嫁いだ娘

\\ コミックシーモアでこの漫画の配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「大蛇に嫁いだ娘」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

大蛇に嫁いだ娘
大蛇に嫁いだ娘【3話ネタバレ】大蛇の異変に気持ちの変化…大蛇の様子がおかしかった真相に衝撃!?

漫画「大蛇に嫁いだ娘」単話版の第3話をご紹介! 今回…ミヨが大蛇の異変に気付いて心配をしていきます。食欲がなく目が白く濁っていく大蛇。その姿に大好きだったおじいちゃんを重ねて心配していくミヨ。 大蛇が ...

大蛇に嫁いだ娘【4話】ネタバレ

大蛇に嫁いだ娘

昼食後…山菜採りに出掛けるミヨ。
しかし、彼女は大蛇に怒っていた。その理由は大蛇の無自覚な行動の数々であった。

要はだらしない夫に対する不満や愚痴が溜まっていた。

『誰か…私の話聞いてよ…』

山菜採りを終える帰ろうとすると背後に狸が現れる。額に似たような傷があったので親近感が湧くミヨ。

『ふふっ…私とお揃いだ…』

話しかけると狸も言葉を喋っていく。お前と一緒にするなと。狸の名前は「八兵衛」既に80年も生きている長寿の狸であった。

この世界で長寿の生き物は会話をする事ができるらしい。

ミヨの事を大蛇の嫁だと認識している八兵衛。彼は大蛇に対する愚痴をミヨに溢していく。

『あいつは俺たち狸を食うんだぜ』

愚痴る中…大蛇に嫁いだミヨを変わり者だと称する八兵衛。訳を話そうとすると聞かず立ち去ろうとしていく。

話し相手が見つかった事で狸を尾行してしまうミヨ。今まで大蛇しか喋り相手もいなかったので八兵衛との会話が新鮮だったのだ。

逃げようとする八兵衛を追いかけて捕まえて話し相手になって欲しいと懇願していくミヨ。

騒いでいると二人の前にとんでもない生物が息荒く登場。

『く…熊…』

大きな腕を振りかぶる熊。腰が抜けてしまって動けない八兵衛。そんな彼を庇おうと身を挺していくミヨ。

死を覚悟した瞬間…大蛇が横から現れて熊を一瞬で喰っていく。

『熊をまるごと…どんだけ腹すかせてやがったんだ…』

大蛇に恐怖を感じる八兵衛だったがミヨはまったく違っていた。大蛇は食事を済ませてお腹は満たしているはずだと。

大蛇にビビってすぐに逃げ去っていく八兵衛。しかし、身を挺して庇おうとしてくれたミヨに少し興味を抱いていく。

『あの大蛇様…ありがとうございます』

ミヨにはわかっていた。
大蛇がただ助けに来てくれた事を。ミヨが無事で良かったと安堵する大蛇。

後日…。
ミヨには友達が一人できていた。八兵衛である。なんだかんだ言いながらミヨに懐く八兵衛。彼がミヨの話し相手になってミヨの精神状態も安定しいていく事へ。ここで第4話は終了。

大蛇に嫁いだ娘【4話】感想

大蛇に嫁いだ娘

今回はホームシックになったミヨに対して新たなキャラが登場。親交を深めていく内容になっている。

それが狸の八兵衛である。
ミヨに面倒くささを感じるものの…なんだかんだ助けて貰った感謝もあるので友人関係へ発展。

ほんわか話で心温まるエピソードである。そして熊からミヨ達を守った大蛇のシーンは大迫力なので是非、読んでみて欲しい。

人間では友達がいないミヨ。こうして自然の中で動物達と友好関係を気付いていくのか。ちなみにミヨには一人だけ弟がいる事が今回は最後に明かされていく。

背景の広がりも見せてきたので今後の展開も楽しみである。大蛇と人間の夫婦。どんな形で結末を迎えていくのかも興味を抱く部分である。

是非、興味が出た人はチェックしてみて欲しいイチ推し作品です!

大蛇に嫁いだ娘

\\ コミックシーモアでこの漫画の配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「大蛇に嫁いだ娘」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
大蛇に嫁いだ娘【5話ネタバレ】大蛇の発情に恐怖を覚えて怯えるヒロイン…大蛇を探す僧侶も登場!?

↓↓↓大蛇に嫁いだ娘のネタバレまとめてます↓↓↓
大蛇に嫁いだ娘【全話ネタバレまとめ】最新話から最終回まで追いかけて更新中!

-ヒューマンドラマ, ラブストーリー

© 2022 スマ漫