ヒューマンドラマ ミステリー

アオの死、僕の後悔【ネタバレ】元恋人の死の真相を探るミステリードラマ始動!

アオの死、僕の後悔

葛城かなで先生の描く漫画「アオの死、僕の後悔」第1巻の内容をご紹介していきます。

物語の主人公は北島といった男子高校生。ある日、学校で緊急集会。教師から告げられた言葉は2年B組の玉城碧(たまきあおい)といった生徒が亡くなった事であった。

耳を疑う北島。

彼は1週間前まで碧と恋人関係にあったのだ。

元彼女が突然の死。しかも噂を聞きつけると自殺だと知る事になる北島。もしかしたら自分が碧に別れを告げたせいで彼女は自殺を…責任を感じて悩んでいく北島であったが、ある生徒との出会いで知らなかった碧の背景が垣間見えていく。

何故、玉城碧は死んだのか…彼女の死の真相に近づいていくちょっとミステリーチックなヒューマンドラマ作品となっています。

まずは試し読み!

漫画「アオの死、僕の後悔」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・先行配信中!

漫画「アオの死、僕の後悔」を今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「アオの死、僕の後悔」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

アオの死、僕の後悔【ネタバレ】

アオの死、僕の後悔

1話ネタバレ

年末に突然の緊急集会で呼び出される生徒たち。教師から告げられた言葉は2年B組の生徒であった玉城碧が亡くなった事であった。この言葉に耳を疑ったのが碧の元恋人であった北島。

彼女との出会いが明かされていく。
北島が碧の事を知ったのは入学式。新入生代表の挨拶をした碧。北島は彼女の笑顔に一目惚れしていく。そして1年生の時は同じクラスで隣の席。碧と親交を深めていき、交際へ発展していた北島。

廊下を歩いていると女子達が碧の死について噂話をしていた。

『自殺らしいよ』

再び耳を疑う北島。
彼女との思い出を振り返りながら玉城碧宅で行われている葬儀を遠目から見ていく北島。学校へ戻り、彼女が描いた絵画を見ながら物思いにふけっていると…。

『バカな子…本当に愚かだわ』

2話ネタバレ

才色兼備と言った言葉が似合う碧の事を『バカ』と呟く女子生徒に驚く北島。彼女は大木瑠衣。北島は1年の時に同じクラスであった。

そして瑠衣が碧の合格祈願のお守りを持っていた為、突如、何故持っているのか問い詰めていく北島。いざこざの中、彼女の体に触れた北島は脳内に不思議な意識が流れ込んでいく。

それは碧のものであり、知らない一面が垣間見えた。

何が起こったのか理解が追いつかない北島。ただ周りから見ると2人が喧嘩しているように見えた為、瑠衣は北島の手を引っ張り、人気のいない場所へ。

落ち着いた北島は再び先ほどの現象と碧の死の真相を知っているか瑠衣に問いただしていく。

『私、あの子とそんなに仲良かったように見える?』

そして瑠衣は北島も他の生徒と一緒で碧が美人だから色々と知りたい口の人か…と揶揄していく。怒りながら否定する北島。瑠衣は彼が玉城碧を呼び捨てしている事から交際していた事を察知。

そして北島は抱く悩みを瑠衣に語っていく。

『俺から別れようって彼女をふった』

北島はそれが彼女を傷付けて自殺に追い込んだのではないかと責任を感じていたのだ。

3話ネタバレ

北島が碧に別れを告げた時の状況が明かされていく。2人の気持ちが「好き」である受験を理由に北島は碧をふっていた。責任を感じている北島を見て口を開いていく瑠衣。

『何か玉城からもらったものとかある?』

しかし、何も持っていなかった北島。
瑠衣はしょうがなく自身が持っているお守りをベースにして先程の過去を見れる状況を作ろうとしていく。

『手を貸して』

瑠衣の手に触れると意識の中に流れ込んでくる碧の過去。お守りを作りながら北島の事について一人で呟いていた。実は彼女もまた北島と同じように別れる事を考えていたのだ。

そんな事を考えつつも涙を流していた碧。

『私本当は好きなのに別れるだなんてしたくないよ…北島くん』

碧の過去と本当の気持ちを見た北島。複雑な心境と共に別れる前から碧が死ぬと決めていた事を知る。何故、彼女は死ぬ必要があったのか…。いっそう碧がわからなくなり、死の真相が知りたくなっていく北島。

瑠衣の力で原因を突き止めようと懇願していくが…。

『嫌よ…私があの子を嫌いだからよ』

碧の過去…死の真相を知る事への拒絶をされていく北島。

4話ネタバレ

瑠衣は北島に告げていく『あの子はあなたが思うほどいい子じゃない』この意味深な言葉の真意を知りたい北島。去ろうとする瑠衣を引き止めていく。

一人で熱くなっていく北島。
瑠衣に対して酷い言葉を投げてしまう。北島の言葉が癪に障った瑠衣。熱くなる彼にビンタ。

『あなたと一緒にしないで』

何故、瑠衣は碧のことを嫌っているのか…彼女に碧が何をしたのか…碧のことがより知りたくなっていく北島。その後、北島は碧と接点のあった生徒に聞き込みや探りを入れていく。

最初は碧と同じクラスだった上野といった男子生徒。彼も碧は自殺ではないかと…いった噂は聞きつけていた。しかし、部外者があまり詮索しない方が良いと釘を刺されてしまう。彼女は自分達では手の届かない雲の上の存在だったと語る上野。

収穫のなかった北島。
取り敢えず、受験勉強の為に赤本を借りに行くとタイミングよく瑠衣と遭遇してしまう。

5話ネタバレ

先日、喧嘩した2人であったが何事もなかったかのように応対していく2人。これを機会に以前のことを謝ろうとする北島。すると先に瑠衣から殴った事の謝罪が飛び出していく。

しかし…
『でも、あなたのことを許したりしないわ』

瑠衣は持っていた赤本を北島に渡して去っていく。彼女の力を借りて碧の真相に迫りたかった北島であるが去っていく彼女を見失ってしまう。諦めて帰路についていると酔っぱらいサラリーマンに絡まれている瑠衣を発見。

彼女に苛立ちを感じていた北島。
関わらないように素通りしようとするが目があってしまう。北島の脳裏に過る碧からの言葉。北島は瑠衣を助ける事へ。

彼女を腕を引っ張り、酔っぱらいから逃げていく2人。

瑠衣の脳裏には碧との思い出が蘇っていた。2人は幼少期から接点があり、過去に瑠衣が碧を守ると約束した事が明かされていく。

6話ネタバレ

酔っぱらいから逃げ切る2人。
北島は瑠衣を助けた理由を明かしていく。無関心で人が傷つく場面を見たくないと伝える。

助けられたが素っ気ない態度で立ち去ろうとする瑠衣。

そんな彼女に碧の死を考えて自分に何が出来たのか…何が出来なかったのか…知りたいと伝えていく北島。同時に盛大なくしゃみをして格好がつかない北島。

笑う瑠衣。
場の空気が和やかになりつつも碧と正反対の性格をしている瑠衣を苦手に感じていく北島。そんな彼女だが最後は感謝の言葉を述べていく。指先が震えており、本当は酔っ払いが怖かった事を察知する北島。

そして助けてもらったお礼として碧の事について協力する意思を見せていく瑠衣。ただ、忠告として碧の真相を知って自分の無力さを痛感させられる事になるかもしれないよ…と北島に伝えていく。

『ああ』

覚悟を決めた表情で瑠衣に協力を仰ぐ北島。

7話ネタバレ

北島は碧の想いがこもっている品物を入手すべく、碧の友達3人に接触していく。訳はそれがないと瑠衣の能力が発揮できない為である。

碧の元友達に接触していくと彼女の意外な一面を聞かされていく北島。

友達3人衆は碧が亡くなる前から碧を無視し続けていた。理由はミカといった友人の彼氏・タケシに碧が手を出したからだと語る。

碧が友達の彼氏と浮気…。
北島にとっては耳を疑う言葉であった。碧がそんな事するはずないと困惑していく北島。

『ホント男ってしょーもない…あの子が一度に何人の男に手ェ出してたと思う?』

その言葉を聞いて元彼氏だった北島は碧と会っていた日の事を思いだしていく。基本、2人が会っていたのは部活がない日だけである。友達3人衆は碧が部活と嘘をついて男と会っていた事実も明かしていく。

『…そんな訳ないだろ…』

否定する北島であったが証拠写真を見せつけられていく。碧に似た後ろ姿の女性。彼がタケシとキスをしている写真を友人達は持っていた。

碧の友達から知り得た情報を瑠衣に共有していく北島。碧は軽い子ではないと頑なに否定する北島。

『いつまで死んだ彼女に夢見てんのよ』

浮気…さらにキスの証拠写真まであるのに碧を庇い、正当化しようとする北島に辛辣な言葉を投げかけていく瑠衣。そして学校へ到着するとキスの証拠写真に映っていたタケシと遭遇。

圧倒的な顔面偏差値であったタケシ。
それを見て瑠衣は北島をからかっていく。

『よく玉城はあなたと付き合ったわね…』

『付き合ってるって思ってたのは案外、北島くんだけだったのかもね』

ここで第1巻は終了。次巻へ続く。

アオの死、僕の後悔【感想】

アオの死、僕の後悔

サブヒロインキャラ的な位置づけである瑠衣がかなり刺々しい女子である。一歩間違えればマジで性格の悪い女である。北島の心にグサッと刺さるであろうと言葉を何度も投げかけていく(笑)

ただ彼女には対象の想いがこもった品物を触れる事で過去を見通す事が出来ると言った能力を持っている。

元彼女である碧にはどんな過去が隠されているのか…。
友人達が語るように本当に男たらしビッチ女が本性だったのか…それとも誰かが彼女を嵌めていたのか…。

真相に近づくまでまだまだですが、今後の展開に期待できる作品が登場。興味が出た人は是非、チェックしてみくださいね☆彡

この漫画をチェック!

アオの死、僕の後悔

漫画「アオの死、僕の後悔」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・先行配信中!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「アオの死、僕の後悔」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

-ヒューマンドラマ, ミステリー

© 2020 スマ漫