ヒューマンドラマ ホラー サスペンス

悪魔だった君たちへ【21話ネタバレ】下田が美穂の心の支えであった過去が判明していく!?

悪魔だった君たちへ

漫画「悪魔だった君たちへ」単話版となる第21話をご紹介!

今回の見所は下田と美穂の過去編。倫太郎の暴走。そして復讐者が新たなターゲットを示していきます。

実は高校時代よりもっと前に下田と関係を持っていた美穂。その事実が明かされていく事へ。そして美穂への罰で納得がいかない倫太郎。復讐者も予期せぬ彼の暴走で美穂に危機が訪れていきます。

終盤では下田の覚醒を促進させようとしているのか…復讐者が下田の大切な人を次のターゲットに指定。波乱が巻き起こっていきますよ!

Check!

漫画「悪魔だった君たちへ」は電子書籍ストア「コミックシーモア」で取扱・先行配信中!

漫画「悪魔だった君たちへ」を今すぐ試し読みする

※この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」にて先行配信中。移動先のストア内、検索窓に「悪魔だった君たちへ」と入力して検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

悪魔だった君たちへ
悪魔だった君たちへ【20話ネタバレ】高校時代の事件の全ての黒幕と裏事情が明かされていく!?

漫画「悪魔だった君たちへ」単話版とな第20話をご紹介! 20巻では美穂の本性が暴かれていきます。 高校時代に下田いじめの黒幕だったのは美穂である事が判明。彼女の裏でどう動いていたのか明かされていく事へ ...

悪魔だった君たちへ【21話】ネタバレ

悪魔だった君たちへ

『思いだしたことが…まだあるんだ…』

崩れ行く美穂に問いかける下田。彼は転校する前に美穂と会っているのではないかと投げかけていく。それを聞いてハッとする美穂だったが…飲まされた毒が効いたのか…その場に倒れ込んでしまう。

そして美穂の中学生時代の回想へ。

厳しい家系に生まれた美穂。
周囲からお嬢様扱いされて中々、同級生も寄り付かない状況であった。珍しく遊園地に誘われたが…父親に遊びに行っていいか尋ねると無視されてしまう美穂。

『余計な事は考えるな…お前はお父さんの言う通りにしていればいいんだ』

当時の美穂にとって父親は絶対的な存在。歯向かう事は許されなかった。

ストレスを溜め込んでいた美穂はある日、コンビニで魔が差して万引をしようとしてしまう。そこへ現れたのが下田であった。

彼女の万引を阻止しようとしたのか…わざと聞こえる声で注意を引きつけていく。ビビった美穂は万引せずにコンビニから立ち去っていく事へ。

そしてコンビニから出てきた下田と接触。

『その…魔が…さしたの…あんな事…初めてなの』

美穂は実家が厳しい事をカミングアウト。そんな彼女に下田を伝えていく。誰かに強要される人生に疑問を感じたならそこからが自分の人生になると…。

下田の言葉に感銘を受けて涙を流す美穂。その時の彼の言葉や存在が美穂の心の支えになっていく。

連絡先を交換する二人。
そこからメールでやり取りをし合うようになり、美穂も変わっていく。友人も出来て今までとはまったく違う生活。

しかし、ある日…下田から連絡が入る。

『今まで楽しかったよ…ありがとう』

意味深な下田からのメール。それ以降、彼との連絡が途絶えてしまう美穂。彼の通っていた学校に行って行方を探すと彼は転校していた。

心の支えがなくなった美穂。
父親にも反抗的な態度を見せていく。

『父さんの言う通りに生きなきゃいけないの…そんな人生クソみたい』

ここから父親との関係も悪化。
美穂の心の支えであった下田、そして父親と関係が断たれて彼女は悪い方に歪んでいく。それから彼女はパパ活で身体を売っては心の支えになっていた事が明かされていく。

しかし、高校生になると再び下田と再会。

『ねぇ…どうして急にいなくなったのよ』

しかし、高校生時代の下田は記憶が欠落しており、美穂の事を完全に忘れていた。さらに釜池とのパパ活時…下田の見せた笑顔が馬鹿にされたように感じていた美穂は水面下で下田を嵌める事を計画したと。

場面は現実へ。

『美穂ちゃん…どこから話せば…僕はあの時…本当に美穂ちゃんとの記憶がなかったんだ』

信をチラ見して下田の言葉が本当なのかアイコンタクトする美穂。頷く信。

当時は下田が記憶喪失であった事を知って自分の犯した罪の重さに泣き崩れていく美穂であった。泣きながら下田へ謝罪していく美穂。

同時に下田は美穂へ盛った毒はただのビタミン剤と睡眠薬である事を教えていく。命に別状はないから大丈夫だと。

『何だそれ…』

それを聞いて動き出すのが倫太郎。罰が生温すぎると本当の毒が仕込まれた錠剤を美穂の口の中に押し込んでいく。

反省した美穂に毒を飲ませた倫太郎に殴りかかっていく信。すぐに下田へ救急車を呼ぶように指示。

連絡しようとすると非通知で逆に連絡が入ってしまう。相手は復讐者であった。

『感動のシーンを邪魔しちゃダメだよ…倫太郎君』

今回も復讐者が仕込んでいた事なのかと疑う信。しかし、美穂に毒を飲ませたのは倫太郎の独断であると告げていく。

『勝手なことしないでよ』

復讐者も今回は倫太郎に怒りを見せていく。計画の邪魔をした倫太郎に対してお仕置きをすると伝える復讐者。

彼は寝たきり状態の俊夫の映像を見せていく。

『君の大切なもの…取り上げちゃうよ…』

俊夫が心配になった倫太郎。急いで彼のもとへ向かう事へ。そして復讐者は今回の目的を下田へ伝えていく。

『下田君…君の大切なものに触れたらどうするのか…』

復讐者は下田が働くコンビニの制服を来ていた。そして自分の大切なものが何なのか問う下田。脳裏に現れたのは綾瀬であった。

下田が気づく。
復讐者は綾瀬に接触して何かをしようとしていると。テレビ電話でも復讐者を下田と勘違いして呼び出しにやってくる綾瀬の姿が映し出されていく。ここで第21話は終了。

悪魔だった君たちへ【21話】感想

悪魔だった君たちへ

復讐者の目的は薬で抑え込まれている本当の下田を表面に出すことだったと思うが…下田の大切な人である綾瀬に罰を与えて下田を覚醒させようといった魂胆なのか…。

それにしても未だに謎が明かされない復讐者の正体。実は下田は双子でその片割れが復讐者なのか…。

本当の下田もまだベールに包まれている部分があり、先の読めない展開である。下田は綾瀬を救って復讐者と対立するのか…それとも全ては裏下田の計算の範囲なのか…。

まだまだ解明されていない謎も多く目の離せない展開が続きます!

この漫画をチェック!

悪魔だった君たちへ

漫画「悪魔だった君たちへ」は電子書籍ストア「コミックシーモア」にて取扱・先行配信中!

今すぐ試し読みする

※この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」にて先行配信中。移動先のストア内、検索窓に「悪魔だった君たちへ」と入力して検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

↓↓↓悪魔だった君たちへのネタバレまとめてます↓↓↓
悪魔だった君たちへ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで網羅!

-ヒューマンドラマ, ホラー, サスペンス

© 2022 スマ漫