ヒューマンドラマ ホラー サスペンス

悪魔だった君たちへ【22話ネタバレ】拉致される下田…本来の人格が取り戻されていく事態へ!?

悪魔だった君たちへ

漫画「悪魔だった君たちへ」第22話をご紹介!

今回は綾瀬と復讐者の対面。さらに拉致された下田を救出していく綾瀬が描かれていきます。

復讐者の目的である本来の下田の人格を取り戻す計画もいよいよ大詰め。本性の下田は一体どんな人物で何も企んでいるのか…。

新時代のサイコホラー漫画も佳境へ突入といった印象です!

Check!

漫画「悪魔だった君たちへ」は電子書籍ストア「コミックシーモア」で取扱・先行配信中!

漫画「悪魔だった君たちへ」を今すぐ試し読みする

※この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」にて先行配信中。移動先のストア内、検索窓に「悪魔だった君たちへ」と入力して検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

悪魔だった君たちへ
悪魔だった君たちへ【21話ネタバレ】下田が美穂の心の支えであった過去が判明していく!?

漫画「悪魔だった君たちへ」単話版となる第21話をご紹介! 今回の見所は下田と美穂の過去編。倫太郎の暴走。そして復讐者が新たなターゲットを示していきます。 実は高校時代よりもっと前に下田と関係を持ってい ...

悪魔だった君たちへ【22話】ネタバレ

悪魔だった君たちへ

美穂が緊急で搬送されていく。一緒に救急車に乗って付いていく信。

下田は綾瀬が心配で働くコンビニへ急いで向かう。店長に綾瀬の行方を聞くと君と一緒に帰ったじゃないかと…。

すぐに復讐者が綾瀬を連れ出したと察する下田。

『アイツ…綾瀬さんをどうするつもりなんだ…』

人気のない場所で綾瀬に連絡をしようとすると背後から二人組の男に襲われてしまう下田。

綾瀬は下田のなりすましをした復讐者とファミレスに来ていた。

『綾瀬さん…好きです…僕と付き合ってください』

突然の告白。
しかし、綾瀬は白けていた。下田の人格を熟知している綾瀬。下田はこんな風に軽々しく手を握ってきたり…告白などしないと伝えていく。

『あんた…いったい誰なのよ』

フォークを喉元に突きつけられる復讐者。しかし、一歩も引かない。綾瀬からフォークを奪い取って自分の腕に刺していく。

今まで出会った事のない恐ろしい人間である復讐者。彼は下田の友達なら本来の彼を理解したいと意味不明な事を綾瀬に告げていく。

『いまの下田君は本来の下田君じゃない…』

一方、下田は拉致されて港の倉庫に連れて来られていた。

復讐者は下田を拉致した種明かし。
綾瀬の携帯をハッキング。裏社会の部下に下田を拉致するように仕向けていた。

『きっと今頃…君の優秀な部下が下田君をさらってるんじゃないかな…』

助けられるのは綾瀬だけだと告げ、彼女は下田が監禁されているであろう場所を目指していく。

綾瀬も港の倉庫へ到着。
中に入ると部下の二人が揉み合って喧嘩している光景が広がっていく。

『どういうこと…なんでアンタたちが争ってるのよ…』

二人の争いを止めて下田へ近づく綾瀬。しかし、部下の一人から下田は危険だから関わらない方が良いと忠告を受ける。

『危険って…下田のことを言ってるの?』

部下の忠告を無視して下田を信じる事を決意する綾瀬。肩を貸して下田を連れ出そうとしていく。

下田も意識があり、助けに来てくれた綾瀬に感謝の言葉を投げていく。

『本当に…無事でよかった…僕の一番大切な人だから…』

下田の言葉に顔を赤らめていく綾瀬。ここで第22話は終了。

悪魔だった君たちへ【22話】感想

悪魔だった君たちへ

本来の下田を取り戻させる為、綾瀬を利用する復讐者。今回の一件で完全に下田本来の人格が芽生えていくのか…。

人の心を操る事が出来る本来の下田。
綾瀬との関係が気になる部分。そして本来の人格を取り戻した下田に復讐者は何を求めるのか…。

謎が謎を呼ぶ復讐者と下田の関係性。
いよいよ二人の秘密も明かされていきそうな展開になってきましたね!

下田と綾瀬の恋愛フラグもどこで決着をつけるのか今後の大きな見所の一部!目が離せません!

この漫画をチェック!

悪魔だった君たちへ

漫画「悪魔だった君たちへ」は電子書籍ストア「コミックシーモア」にて取扱・先行配信中!

今すぐ試し読みする

※この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」にて先行配信中。移動先のストア内、検索窓に「悪魔だった君たちへ」と入力して検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

\\ NEXT //
悪魔だった君たちへ【23話ネタバレ】守りたい人を前にして自分が傷つく選択をする下田…!?

↓↓↓悪魔だった君たちへのネタバレまとめてます↓↓↓
悪魔だった君たちへ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで網羅!

-ヒューマンドラマ, ホラー, サスペンス

© 2022 スマ漫