ヒューマンドラマ

足掻く【7巻ネタバレ】帽子男と未来を予知出来る少年の接点が明かされる!?

足掻く(7巻)

菊池直恵先生の描く漫画「足掻く」第7巻。

今回の見所は秀美がからっぽになった理由が明かされる。そんな彼女が興味を持った人物。未来を予知できる少年。彼も秀美に自分の素性を教えようと彼女を帽子男と対面させていく。

少しずつ明かされる帽子男と少年の関係。今回はそんな登場人物にスポットライトが当たる内容となっています。

まずは試し読み!

漫画「足掻く」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・試し読みあり!

漫画「足掻く」を今すぐ試し読みする

足掻く(6巻)
足掻く【6巻ネタバレ】少年との出会いで少女に何かが芽生える!?

菊池直恵先生の描くヒューマンドラマ漫画「足掻く」6巻。 今回から新たなエピソードが展開されていきます。前巻で人の死を予知できる少年が中学生だった事が判明。6巻はその彼のいる中学校を舞台にストーリーが展 ...

足掻く【7巻】ネタバレ

足掻く(7巻)

いじめっ子達に反抗を示した秀美。そんな彼女に対して逆ギレしていくイジメっ子集団。

『こんな事してタダですむと思ってんのか?先生に言いつけてやるからな!』

『どうぞ』

次から次にどうにか秀美のマウントを取ろうと必死なイジメっ子達。しかし、淡々と好きにしてくれと語る秀美。そして自分から職員室に行こうと言い出す。未来予知少年に証言を願う秀美。

もし職員室に行ったら秀美がイジメられていた事をチクるのではないかと勘ぐるイジメっ子。

『イジメられてた?私が?誰に?』

秀美はイジメっ子達に対する今までの意識を伝えていく。彼女にとって今までの事はいじめだとも思っていなかった。

『私、あなたたちに対してどうでもいい以外の感情を持った事一度もないけど』

『なんなら、教えてあげようか本物を…』

そう言うと秀美はハサミを持ってイジメっ子の一人に向かっていく。覆いかぶさってハサミを振りかぶり顔の数センチ横に突き刺していく。顔面蒼白状態のイジメっ子。

『二度と私に関わらないで』

人間の狂気に初めて触れたのか…だんまりして逃げるように去っていくイジメっ子達。

邪魔者がいなくなったところで秀美は尋ねる。

『あなた何者?』

素性は明かさず秀美の中がからっぽなのはわかると伝える少年。からっぽの理由を見てもいいなら見るよと伝えていく。物分りの良い秀美。今から話すから付き合って欲しいと伝えていく。

『私の母、すごく学歴にこだわる人』

幼少期から現在に至るまでの過程を秀美が明かしていく。所謂、天才少女だった秀美。ふと周りを見渡した時に自分の周りに誰もいない事に気付く。それから虚無に襲われたと。生きる意味を見いだせなかった秀美はそこからわざと落ちぶれた振りをして今に至ると明かす。

全てがどうでも良くて死のうと思った時、少年が現れて言われた言葉である感情が芽生えたと語っていく秀美。

『あなたが何者なのか知りたい』

少年は秀美に伝えていく。
まずは髪をまともにすること。学校では話しかけないこと。聞いた事は誰にも話さないこと。明日の放課後に後をついてくること。これを守れば秀美の知りたい事を教えると伝える少年。

自宅に戻った秀美は母親から美容院代をもらう。

翌日、短髪になった秀美を見て教室がざわつく。先生も驚く。

『先生が心配するような事はもうありませんから、安心して下さい』

その言葉を聞いて安堵する担任。ここで秀美は初めての感情に気付く。

『気付いていないフリしてた奴が一番ムカつく』

放課後、少年の姿に気付いた秀美。後を追う。少年はそのまま繁華街を抜けて駐輪場へ。自転車に乗って移動。辿り着いたのは隠れ家と語るアパート。そして帽子の男である梶原大地が現れる。

自己紹介をする秀美。

『この人だよ…下じきになるはずだったうちの生徒』

それだけ伝えて後は梶原に任すと言って立ち去る少年。取り残されて冷や汗状態の梶原。秀美がここにいる理由を明かす。

『てことは…やっぱり君がキーパーソンなんだな』

改めて自己紹介をする梶原。23歳の大学2年生である事を告げる。そして秀美がどこまで知っているのか訪ねていく。家族の事は知らないが能力の事は少し聞いたと語る。

『そう、あいつは見る事が出来るんだ。ちょっと先のこと、つまり未来がね』

未来を見るといった能力について語っていく梶原。何故、そんなことまで詳しいのか尋ねる秀美。梶原は自分も中学生までは見えていたと明かす。そして少年とでの馴れ初めを語る梶原。

帽子を外すと額に出来た傷跡を見せる梶原。

『3年前、俺はあいつに殺されかけたんだ』

足掻く【7巻】感想

足掻く(7巻)

ようやく帽子男である梶原と未来を予知できる少年の馴れ初め、秘密が明かされていくのか。秀美が作中でどんな役割を持った女性なのか…まったく不明である。キーパーソンである事に変わりはないようだが…。

さらに今回は意外な事実も判明。
梶原は小学5年生だった少年に一度殺されかけている事が明かされる。事故なのか…それとも故意なのか…。色々と気になる部分が出てきた。

漫画「足掻く」は菊池直恵先生の新作漫画。
苦学生、貧困などをテーマに扱った内容の作品。電子コミック限定の漫画です。気になった人は是非、チェックしてみて下さい☆彡

この漫画をチェック!

足掻く(1巻)

漫画「足掻く」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・試し読みあり!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストア検索窓にて「足掻く」と入力して絞り込み検索すると素早く作品を表示して見つけやすいです。

足掻く【8巻ネタバレ】見えていた人間と見える人間が邂逅!

-ヒューマンドラマ

© 2020 スマ漫