スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

ヒューマンドラマ

漫画「17歳の塔」ネタバレ!女子校で繰り広げられるカースト頂点の争奪戦!

投稿日:

17歳の塔

10代〜20代の人は共感できて、グイグイと読み進めてしまうお勧めの漫画が「17歳の塔」です。藤沢もやし先生の作品で女子校のスクールカーストを描いた漫画。

この漫画はメインストーリーもありながらオムニバス形式で様々な人物のポジション争いも描かれていきます。

「私はこの女より上 でもこの女よりは下」

「それは死ぬほど どうでもよくて 死ぬほど重要なこと」

この言葉に凄くインパクトがあり、印象に残った漫画でもあります。

ちょっと陰湿なクラスの中で巻き起こっている女子高生達の青春物語。女子高に通っている、通っていた方なら、心当たりがある…昔を思い出す…なんて共感が詰まった作品になること間違いありません!

漫画「17歳の塔」は電子書籍ストア「BookLive!」で無料試し読みも可能となっています。

漫画「17歳の塔」今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「17歳の塔」と検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

漫画「17歳の塔」ネタバレ

オムニバス形式の作品の為、見所がご紹介していきます。

美人とブスのカースト頂点争奪戦

これが作品のメインストーリー。
ヒロインは高瀬理亜といった学校一の美貌を誇る少女。もちろんクラスのカースト頂点に君臨しています。

そんな彼女と仲は良いけどパシリのように扱われる少女、小田島美優。

まずは美優がクラスの視線を理亜から奪い取る行動を起こしてカースト頂点で優越感を得ていた理亜を最底辺まで突き落としていきます。

どんな美人で傲慢でも崩れる時は本当に脆い…そして場の雰囲気に流される少女達が怖い…(笑)

自分の立ち位置だけを守ろうとする少女

理亜に金魚のフンのようについていく少女、沢田がメイン。

クラスの注目が理亜から美優に変わり、美優に取り入ろうとしていく姿が描写されていきます。ただそれなりの苦悩や葛藤があるようで…。

彼女はなんというか衣替えの早く、自分の立ち位置だけを気にして臨機応変に立ち回る術を得ています。

簡単に言ってしまえば世渡り上手な少女のエピソード。

グループ仲を悪くして高みから優越感を得ようとする少女

佳代としのぶといった女子サッカー部に所属する少女達の間になつめといった女性が入ってきます。

なつめはどちらの少女にも取り入る策士。

わざと佳代としのぶを険悪の仲にさして自分は高みから見物することに優越感を感じる少女です。まさに3人グループの1人を脱落させる椅子取り合戦が繰り広げられていきます。

しかし、結果は本性がバレてグループから離脱…。

カースト頂点を脅かすノーマークの少女…

クラスカースト頂点に登り詰めた美優ですが、ポジションを脅かす存在が現れてきます。それは理亜のように容姿端麗な桃原といった少女。

ただ彼女はあまりクラスカーストに興味がなく、自分から頂を目指すのではなく、クラスメイトが勝手に押し上げていく形に。

頂点の座を守りたい美優はドス黒い部分を出しながら桃原の追撃を阻止していきます。これが結構、陰湿。桃原は担任の先生と恋仲ですが、それを学校中にばら撒き、自宅謹慎させるといった強行手段へ。

再び辿り着くカーストの頂!

物語は再び理亜と美優のカースト頂上決戦へ。

ただ、ここに至るまでに理亜は人を見下し傷つける性格から少し脱却して、人を思いやる性格へ変化の兆しを見せています。

自分から美優を押しのけると言うより、クラスメイトが理亜を持ち上げて再び頂点に返り咲かせるといった感じ。

美優は頂点を渡したくない一心が出てしまい、閉まっていたドス黒い部分がクラスメイトにバレて頂点から再び最下層へ落ちていきます。

漫画「17歳の塔」感想

17歳の塔

女子校に通い、スクールカーストを意識する少女達は常日頃から作中にあるような考えを持っているのか…ちょっと怖くなる部分がありました。

ただ、傍から見ればどうでもいいことが、女子高生たちにとっては死ぬほど重要なことなんでしょうね。それはなんとなくわかります(笑)

非常に面白く、キラキラ女子達の社会の縮図を垣間見た気がします(笑)

10代〜20代の女子は本当に共感できる部分が多々ある楽しめる作品です。人気作品なので知っている方も多いかもしれませんが興味があるなら一度は読んでおいて損しない漫画です。是非☆彡

17歳の塔

17歳の塔

漫画「17歳の塔」は以下から無料試し読みが可能!少女たちのカースト頂点争奪戦の行方はいかに!?

漫画「17歳の塔」を今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓にて「17歳の塔」と検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

-ヒューマンドラマ

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.