ヒューマンドラマ サスペンス

サイソウフレンズ【10話~11話ネタバレ】最悪事件を回避したが未来は変わらず!?

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描く学園系タイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ」最新話となる第10話~11話をご紹介。

今回は黒井雪が最も酷い嫌がらせを受ける「あの日」の前後が描かれていく形へ。止められない薊の怒りは体育倉庫で黒井を閉じ込め、男子生徒を呼び出し陵辱させる行為へ。

黒井雪の身体に乗り移っている未来の薊は「あの日」の出来事を回避して、黒井の死を遠ざける事は出来るのか…。注目の内容が10話~11話では繰り広げられていきます。

さらに過去で黒井の命を狙っている謎の人物…未来の薊にも悪意ある人間の魔の手が差し迫っていきます。

まずは試し読み!

漫画「サイソウフレンズ」は電子書籍ストア「BookLive」で取扱・先行配信中!

漫画「サイソウフレンズ」を今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「サイソウフレンズ」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ
サイソウフレンズ【9話ネタバレ】明らかになる過去と共に確信する宿命!?

江唯みじ子先生が描く手に汗握るタイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ」最新話となる第9話。 今回はベールの包まれていた黒井雪の過去や両親についてが明かされていきます。さらに薊は過去に戻り、黒井の ...

サイソウフレンズ【10話~11話ネタバレ】

サイソウフレンズ

10話ネタバレ

自分が過去にタイムスリップして来ているのは黒井を救う為だと思えるようになった未来の薊。そして高校時代の記憶を蘇らしていき、黒井に最も過酷ないじめをした「あの日」の出来事を思い出していきます。

最初は体育倉庫に閉じ込めていただけですが、まったくへこたれない黒井を見て逆上する薊。男子生徒も呼び出して黒井を陵辱していきます。

その事件後、数日して黒井がこの世から命を絶っていきます。自分が主犯となって巻き起こした過去の悍ましい出来事を思い返しながら未来の薊は高校時代の薊の企みを阻止する為に奔走する決意を抱きます。

「あの日」を阻止する事が黒井の死を阻止する事に繋がると信じて…。

一方、薊の怒りが黒井に向けられているので学校を休んでほしいと伝える自由太。また幽体化した黒井雪は自分の身体に入っている未来の薊に伝えます。

『明日真くんを巻き込まないで…お願い』

必死にお願いしてくる黒井に根負けした薊。自由太に冷たく当たって関わらないように仕向けていきます。

学校では黒井が登校して来ないのでご立腹の薊。そんな中、自由太が遅刻してきた事を心配する瑠衣。彼女と親しげにしている自由太を見て嫉妬する春名といった男子生徒。

自由太に近づき、瑠衣に手を出したら痛い目を見せると脅していきます。

一方、遅刻して登校してくる黒井。先生にも見つかって教室へ連れて行かれる事へ。ノリコも登校してきた黒井を心配。タイムリミットは放課後まで。

そこで体育倉庫の鍵を先に奪ってしまえば閉じ込められる事はないと判断した薊。高校時代の薊より先に鍵を奪う事を企みます。しかし、放課後を昼休みに変更する高校時代の薊。

先手を打つはずが逆に窮地に陥ってしまう状況へ。

『さっさと体育館連れてこ』

薊の指示に従おうとするクラスメイト達。しかし、ここで自由太が瑠衣の腕を掴み、突然のキス。これに怒りを露わにしたのが春名でした。問答無用で自由太を暴行。

薊が他男子達に春名を止めるように指示。騒ぎを聞きつけた教師も駆けつけて来て場は騒然。

黒井を見てはにかむ自由太。
黒井の中の薊は理解します。自由太が表立って黒井を助けない理由が…。それは矢面に立ち、黒井を守ると高校時代の薊はさらに酷い仕打ちをすると判断していたからでした。

自分自身の事だからこそわかる薊。

取り敢えず自由太のおかげで「あの日」を回避する事が出来た状況へ。しかし「あの日」は形を変えてすぐに再来する事が10話の最後に示唆されていきます。

11話ネタバレ

「あの日」を回避した薊は黒井雪の身体から剥がされて未来へと戻っていきます。未来は大きく変わっていると淡い期待を込めながら…。

目を開くと目の前には同窓会のメンバーが睨んできていました。場面はタイムリープする前の時間軸。前回の続きであり、薊は未来がまったく変わっていない事を判断していきます。

「あの日」を回避したのに未来が変わっていない事に絶望を感じていく薊。

場面は変わって高校時代へ。
薊と中身が入れ替わり、自分の身体に戻った黒井雪。

彼女は自由太との思い出を振り返っていきます。実は自由太が何かを背負っていると感じていた黒井。これ以上、彼に重荷を背負わせてはいけないと感じており、それが彼を拒絶する理由だった事が明かされます。

しかし、自由太を今回巻き込んでしまった事で自分の不甲斐なさを痛感していく黒井。

再び場面転換で未来。
変化が起きなかった理由について考察していく薊。

結論は「あの日」の回避は自由太のおかげであり、過去で自分が何も行動していなかったので未来が変わらなかったと判断。

過去で自分が起こした行動だけが未来を変える糸口になっていると解釈していきます。

『黒井を救えるのは私だけなんてさ』

同時に何者かに背中を押されて階段から転げ落ちていく薊。背後を見ますが影で顔はよく見えず…。

『このひきょうものおー!』

場面は高校時代へ。
薊や瑠衣は怪我をした自由太のお見舞い。しかし、面会を拒絶する自由太。続いてプリンをお土産にお見舞いが届きます。中の手紙を見て相手が黒井だとわかった自由太は急いで追いかける事へ。

久しぶりの対面を果たす二人。

黒井は泣きながら自由太を巻き込んでしまった事を謝罪。そして二人の少し話しをする事へ。黒井が気遣って遠ざけていた事をわかっていた自由太。

しかし、自由太は母のお見舞い時に黒井に助けられていた事を明かし、次は俺が力になりたい事を明かしていきます。彼の優しい言葉に涙を見せていく黒井。

また黒井の雰囲気が戻った事で安心していく自由太。

『話しておきたい事があるの』

場面転換。
階段から突き落とされた薊。過去へタイムリープして黒井の身体に再び乗り移っていきます。

黒井に確認すると入れ替わってからすでに10日間が経過。こちらの薊からは何もされていない報告を受けていきます。そして自由太と対面。

しかし、再び雰囲気の変わった薊を見て素っ気ない態度を取るようになっていく自由太。一方、薊は自由太に尋ねていきます。

『階段から落とされた日に誰かうちのクラスの人を見なかった?』

思い出した自由太。
その時、階段の側には春名の姿をあった事を明かしていきます。

『男の中で一番いじめに積極的に参加したくせに黒井の死を嘆くかのように私を責めてきた』

『ありがとっ自由太』

黒井に転生中の薊。
春名に対して制裁を加える決心をしていきます。

一方、驚く表情を見せる自由太。彼は黒井雪から未来の薊と身体が入れ替わっている現象が起こっている事を自由太に打ち明けていたのでした。

黒井は自由太とは呼ばずに明日真くんと呼びます。半信半疑だった事が一気に確信を帯びるようになった自由太。

『…本当に薊…!?』

この異常な現象を唯一知る人物となった自由太。ここで11話は終了。

サイソウフレンズ【10話~11話の感想】

サイソウフレンズ

自由太に入れ替わりがバレてしまった薊。ただ、バレていた方が作戦を立てやすいと思いますが、本心では薊を憎んでいる自由太。彼女に協力をしていくのでしょうか。

二人の関係がどう変化していくのか…今後の楽しみが増えましたね。

そして黒井や薊の命を狙う謎の人物。未来でも黒井の死に言及した薊を始末しようと悪意を覗かせていきます。犯人は春名なのか…それとも別の人物なのか…。

今後は様々な思惑も絡みながら物語が進展していきそうですね。タイムリープ×ミステリー×サスペンスを混ぜた作品。ヒロインである薊が未来を…黒井を助ける為に奮闘するサスペンス漫画です。是非☆彡

この漫画をチェック!

サイソウフレンズ

漫画「サイソウフレンズ」は電子書籍ストア「BookLive」にて取扱・先行配信中!

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「サイソウフレンズ」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ
サイソウフレンズ【12話~13話ネタバレ】より凶暴化する自分自身に仰天!?

サイソウフレンズ最新話となる第12話~13話が配信開始。内容をご紹介していきます。今回は黒井雪の中に未来の薊がいる事に気がついていく自由太。また未来の薊が黒井を階段から突き落としたと疑っていた春名の疑 ...

↓↓↓サイソウフレンズのネタバレまとめてます↓↓↓
>>サイソウフレンズ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで網羅!

-ヒューマンドラマ, サスペンス

© 2020 スマ漫