ヒューマンドラマ

レンタル妻【4巻ネタバレ】ベストセラー作家の自宅に三日間レンタル…ミユの私生活が垣間見える!?

レンタル妻

漫画「レンタル妻」第4巻をご紹介!

今回はベストセラー作家である海島といった男のレンタル妻をするミユが描かれていく。同時に終盤ではミユの私生活が再び垣間見える内容へ。

甲斐性のない夫の為、身体を売って生活を支えるミユ。

恐らく本当の夫である純一との間に何があったのか…。仕事とは言え他人の妻になるミユに幸せは訪れるのか…!?

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「レンタル妻」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

レンタル妻
レンタル妻【3巻ネタバレ】ブラック企業勤めの男性に勇気を与えて性欲も満たす貸妻が最高!

漫画「レンタル妻」第3巻をご紹介! 今回はブラック企業に勤め…成績最下位の男性がミユに癒やされていくエピソードが描かれていく。 電車への飛び込みまで考えていた男性がたまたま見たレンタル妻の広告を機にミ ...

レンタル妻【4巻】ネタバレ

レンタル妻

冒頭、テレビにてベストセラー作家である海島玄五郎が紹介される。ニュースを見ながらミユ宅へ。そこには彼女の本当の夫なのか…純一が汚い部屋でカップラーメンを啜っていた。

場面転換。
とあるタワーマンションの一室。

そこにはミユに甘える海島の姿。彼はミユをレンタル妻として訪問させていた。もう何度もミユを指名している常連のようで二人の仲は非常に良い雰囲気。

『ミユちゃんの料理は世界一じゃ!』

食事中…しおらしく海島。
自分の正体が本当は色ボケジジイで幻滅してはいないかとミユに尋ねていく。

『夫が妻に本当の姿を見せて何が悪いの…私たちは夫婦なのよ』

ミユの言葉に感謝をする海島。
彼に本当の妻はおらず、今までレンタル妻を利用して妻との疑似生活を楽しんでいた。

場面は食事も終わって夜へ。
お風呂をあがって浴衣姿のミユ。そんな彼女に興奮していく海島。

『おしりばっかり触って…そんなにおしりが好きなら…おしりに敷いちゃうんだから…』

ここからミユと海島の営みが描かれていく。

海島の顔面に下半身を押し付けていくミユ。海島は齢70歳~80歳くらいだろうか…まだまだ股間は元気であった。

しかし、ミユの気持ち良すぎるストロークによって腰がカクカク動いてしまう。そんな時にギックリ腰が発生。

『少しくらい私にも頑張らせて…?』

そのままミユが海島の股間に跨って彼を昇天させていく。その後は腰のマッサージ。

『お陰で楽しい三日間だったよ…ありがとうミユちゃん』

最後の夜。
海島はもらったお酒を振る舞っていく。

そんな中、海島は次回作の案についてミユに語っていく。

『次作はレンタル妻の話を考えておる』

妻は何故…他人の妻になってまで仕事をするのか…そんなテーマで執筆しようと…。

ある程度のストーリーが出来ているらしく設定を語っていく海島。ミユの背景に似ているのか真顔で聞いてしまう。

海島の物語は甲斐性のない夫に代わって妻が他人の妻になって生活を支えるといったものであった。

結末まで考えていた海島。
最後はハッピーか…バッドか…ミユにどちらに転ぶと思うか尋ねていく。

『もちろんハッピーエンドよ!』

夫の為に身体を売ってきたのに最後は不幸だとあまりにも辛すぎると…。どこか引きつった笑顔を見せるミユであった。

そして海島との三日間を終えて自宅に帰るミユ。

彼女を出迎えるのは純一であった。
たった三日間ミユが不在なだけで部屋は荒れ放題。彼はずっと勉強をしていたとミユに伝えていく。

海島から伝えられた感謝の言葉が過ぎっていく。それを糧にしてもう一踏ん張りしていくミユ。

『そうね…ごめんなさい…片付けは私がやっておくから』

純一は悪びれずに自室に戻ってまた寝直してくると自由勝手な生活を送っていく。ここで第4巻は終了。

レンタル妻【4巻】感想

レンタル妻

最後はレンタル妻ではない本当の妻としてのミユの私生活が垣間見える瞬間であった。

どうやら働けない純一の為に身体を売って生活を支えているミユ。

しかし、純一本人は感謝もなく当たり前のように生活をしている。なかなかに闇深い家庭を持っている事が明かされていく。

このままミユは本当の夫に対して愛を失ってしまうのではないか…。そんな事が連想される4巻の終わり。ミユの私生活はハッピーエンドで終わるのか…今後の展開も楽しみな作品です!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「レンタル妻」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

-ヒューマンドラマ

© 2021 スマ漫