大人系 ラブコメ

秘密の授業【13巻ネタバレ】寝ていても本能で女を求めていく主人公!?

秘密の授業

漫画「秘密の授業」第13巻をご紹介!

第13巻は絡み合いの連続。
前巻からの続きであるつかさとの絡みに続いて…遂に真理子と俊太が一線を超える場面が描かれていきます。

寝ていても本能で女性の身体を求めていく俊太。妖艶な義母である真理子と一緒に寝た事で本能が反応。彼女の身体を寝ていながらにして求めていきますよ!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「秘密の授業」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

\\ 過去巻の紹介はこちら! //
秘密の授業
秘密の授業【12巻ネタバレ】義姉のアへ顔…トロ顔が満載!成長しまくる19歳の青年!?

漫画「秘密の授業」最新巻となる第12巻。 今回も俊太と飛鳥の濃厚過ぎる絡み合いがメインで描かれていく内容。飛鳥ファンの読者は必見となっている。そしてエッチの方のテクニックが飛躍的に成長していく俊太。 ...

秘密の授業【13巻】ネタバレ

秘密の授業

カレンダーの日付を見て思う真理子。今日は特別な日であった。急いで支度を開始していく。

場面は変わる。
森林の中で俊太とつかさ。

チュウチュウといった擬音が鳴り響く。つかさが俊太の股間を一生懸命に吸い込んでいたのだ。

『凄く気持ちいいです…』

木霊する俊太の声。つかさのバキュームの終わらないのでイキそうになってしまう俊太は制止させていく。

『初めてとは思えないぐらい気持ち良かったです…』

そう伝えるとつかさは欲しがるポーズを取っていく。

後ろを向いて木に手をつける。そして俊太の方へお尻を突き出していくつかさ。その姿を見て辛抱たまらなくなる俊太。

つかさの股間が濡れているのを確認後…自分の股間を擦り付けて突き刺していく。

『つかささんのお尻を見てるだけで早く突きたくて…我慢出来ませんから…』

つかさは自ら腰を深く入れていく。
早く動いて欲しいとおねだりするつかさ。俊太もガチモードに入ってガン突き。つかさの服を脱がして胸を撫で回しながら腰を振っていく。

最後は対面しながらキスして腰を振る俊太。

『めっちゃ良いです!』

立ったままの対面でイキ果てる二人。スッキリして最高の一日になる俊太であった。

夕方前に自宅へ戻ると真理子がケーキを準備して待っていた。

この日は俊太が結城家の家族になった記念日。真理子はドレスアップして彼を祝おうと張り切っていた。

照れる俊太。
義父である正。義姉である葉月や飛鳥は東京旅行だったので二人でお祝い。嬉しさのあまり真理子に抱きつく俊太であった。

『俊太は私達が支えないと…これからもずっと大事な家族なんだから…』

美味しく夕食を頂いた後…いつもより家族が少ないので静寂になる自宅。真理子は少し寂しい気持ちを感じていく。

そんな彼女は自室へ戻るとセクシーランジェリーを着用。まだまだ自分が女であることを自覚。

『おばさん…』

そんな時である…俊太が枕を持って部屋にやってくる。彼もニ階が静かで寂しいと…。一緒に寝ても良いか尋ねる。

断ったら傷つけるかもしれないと思って承諾する真理子。

取り敢えずセクシーランジェリーを着替えようとするが俊太は綺麗だからその姿が良いと告げていく。照れる真理子。セクシーランジェリーをつけたまま俊太と一緒に寝る事へ。

緊張して寝付けない真理子。逆に俊太はすぐに就寝。しかし、眠りながら無意識に真理子の身体を撫で回していく俊太。

『あっ…はっ…』

俊太の手は真理子の敏感な部分をピンポイントで刺激。駄目だとわかっていながら快感で抵抗が出来ない真理子であった。

一方、東京旅行中の家族。
買い物を終えてホテルへ。まだ起きていた飛鳥へ早く寝た方が良いと伝える正。自分の父親をどこか怪しんでいる様子の飛鳥であった。

『もしもし…今日は駄目そうだ…娘達と一緒だと大変だな…』

廊下に出て誰かに連絡していく正であった。
飛鳥は就寝前…俊太が寂しがっているのではないかと思っていく。

場面は自宅。
寝ぼける俊太に身体を撫で回されている真理子。俊太が手を伸ばしてくる部分がエスカレートしていく。

『へへ…肉…肉…』

寝言を言いながら真理子もお尻や股間を刺激する俊太。気持ちよさそうに寝ている俊太を起こすのが可哀想だった真理子。

寝ていながらも俊太の股間はバキバキ。硬いモノが真理子の股間に押し当てられていく。

『下着の上からだから…俊太はセ○クスのやり方を知らないから…心配ないわ』

自分が我慢すれば良いと思う真理子であったが…。

寝ながらにして自分のパンツを脱ぎ捨てる俊太。本能で真理子の中へ突き刺していく。

『嘘でしょ…入って来た…確実に入ってるわ…』

これ以上は駄目だと思いながら抵抗できない真理子。感じてしまってそれどころではなかった。

ようやく股間に違和感を感じて起き上がる俊太。

『今…何してるんですか…おばさん…どうなってるんですか?』

状況が理解できない俊太。そんな彼の方を振り向いて状況を説明しようとする真理子であった。ここで第13巻は終了。

秘密の授業【13巻】感想

秘密の授業

積極的に淫れる女になっていくつかさ。そして色っぽい義母も遂に俊太と一線を超える形へ。

次巻で真理子がこのまま俊太を受け入れるのか…それとも注意をしていくのか…持ち越しになりますが、今回は男性読者興奮の描写ばかりとなっています!

今まで性を知らなかった俊太の成長過程が凄まじい作品。

このまま結城家の女性陣は俊太の股間の虜になっていくのか…今まで真理子とはギリギリで一線を超えなかった状況でしたが…今回はそれを超える貴重な内容。

是非、興味が出た人はチェックしてみてくださいね!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「秘密の授業」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

↓↓↓秘密の授業のネタバレまとめてます↓↓↓
秘密の授業【ネタバレまとめ】最新話から最終回・結末まで更新中!

-大人系, ラブコメ

© 2021 スマ漫