ヒューマンドラマ 大人系 ラブストーリー

カノジョの弱みを握ったら【6巻ネタバレ】クズ弁護士の奴隷から抜け出す為に復讐計画を開始!?

カノジョの弱みを握ったら

漫画「カノジョの弱みを握ったら」第6巻をご紹介!

6巻では樹里の行動によって慎太郎が芹那を大きく勘違いしてしまう事へ。なんだか二人の関係性も雲行きが怪しくなっていきます。

そして望月に弄ばれる凛々花。
早く彼の奴隷から脱したい彼女が復讐を決心。自ら慎太郎に協力してもらって作戦を計画する意思を見せていきます。

大きな動きはないですが各々が水面下で次の一手を仕込みだしていく。そんな内容に仕上がっていると思います。もちろん男性に嬉しいお色気描写もあり。今回は望月と凛々花の秘め事が描かれていきます。

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カノジョの弱みを握ったら」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

カノジョの弱みを握ったら
カノジョの弱みを握ったら【5巻ネタバレ】スットキング破かれて大興奮の美女が淫ら過ぎる!?

漫画「カノジョの弱みを握ったら」第5巻をご紹介! 今回は慎太郎の芹菜の過去を探っていったり…美葉に再び誘惑されたり…。彼はハッピーな女性関係を過ごしていきますね! 一方、体調も回復してきた芹菜。 会社 ...

カノジョの弱みを握ったら【6巻】ネタバレ

カノジョの弱みを握ったら

代表から初仕事を依頼を頼まれる芹那。返事はこの場で聞きたいと告げられていく。売春斡旋業者の弁護といった事もあり葛藤が生まれる芹那。

『これは私の意思を聞いているんじゃない…』

代表の胸中を察していく。彼女は自分が担当するのを望んでいると汲み取っていく芹那であった。そして仕事の依頼を承諾する。

『必要な資料は染谷さんに渡しておくわね』

こうして代表は病室から立ち去っていく事へ。
覚悟は決めたがそれでもまだ葛藤が生まれる芹那。自分がビーナスで働いた当時を思い返していく。

(芹那の回想へ)
帽子を目深く被った金髪の男。当時の社長だろうか。芹那は千晶といった女性から紹介を受けてビーナスの嬢として働く事へ。

『キスだけすれば良いんですよね?』

社長の面接を受けて仕事内容を確認する芹那。表向きはキスだけだが…稼ぎたいなら少し突っ込んだサービスをしてあげる事が大切だとレクチャーしていく。

そして源氏名である「セイ」は芹那自身が決めたものではなく社長が適当にあっさりと決めた名前であった事が明かされる。

(芹那の回想、終わり)

芹那は指名してくれた代表の期待に応えたい。その一心で今回の仕事を成功させようと意気込んでいく。

場面は慎太郎へ移動。
通信室にて美葉とセ○クスの最終段階。イキそうになる慎太郎は最後にM体質の美葉に蔑んだ言葉を吐いてお腹へ射精。

彼女を満足させた事で望月の件での取引が成立していく。美葉と入れ違いになって続いて樹里が通信室に顔を出す事へ。

『あなたが東さんですよね?』

不吉な予感を感じる慎太郎。樹里の目的は慎太郎が芹那の胸を見たかどうかの確認。彼女は直球で慎太郎へ尋ねていく。

『確かに見ましたけど…やましい気持ちは一切なく…』

応急手当の一環でしょうがない事だと伝える。樹里は慎太郎の耳元で囁く。エレベーターで見た事は全て忘れて欲しいと。もし言いふらしたら美葉との関係を上層部に告発すると脅していく樹里であった。

納得がいかない慎太郎。
救助を要請してきたのは芹那であって彼女を親身になって助けたのに脅される仕打ちは馬鹿にし過ぎていると。

『あの女…』

樹里が独断で動いている事を知らない慎太郎。芹那が樹里に指示して脅してきていると思いこんでしまう。そして芹那に対して怒りがこみ上げていく。

『やれるもんならやってみろ…俺もタダじゃやられねーぞ』

慎太郎は芹那や樹里の弱点を見つけてやろうと会社の監視カメラにアクセス。まずは樹里に行動を監視しようと企んでいく。

監視カメラの映像をチェックしていると倉庫で望月が凛々花を弄んでいる場面を目撃してしまう。奴隷のように凛々花を乱暴に扱う望月を見て…凛々花が彼に復讐した理由を察していく慎太郎。

『何が何でも凛々花ちゃんの頼みを聞いてあげないと…』

一方、退院した芹那と合流する樹里。
仕事に必要な資料、概要など樹里から説明を受けていく。弁護する人間は売春を斡旋している男。裏世界で彼は「生殖器の支配者」と呼ばれていた。

一通りの説明を受けた後、芹那は樹里に慎太郎と会えるようにスケジュールを調整して欲しいと頼んでいく。エレベーターで助けてもらったお礼がしたかったのだ。

しかし、彼に脅しをかけたばかりの樹里。
接触されると不味いと感じて自分からお礼を伝えたから大丈夫だと誤魔化していく。

場面は凛々花へ。
望月に身体をいいように弄ばれる彼女。

『お前はこの先もずっと俺のモノだ…』

必死で耐える凛々花。その様子にいつもと違う様子を感じていく望月。凛々花の中で復讐心が大きく芽生えていく。

『これ以上…東さんを待ってられないわ…今日こそ計画を練らないと…』

一刻も早く望月の奴隷から抜け出したい凛々花。彼女は慎太郎へメール。仕事が終わったら自宅を教えるので来てほしい事を伝えていく。ここで第6巻は終了。

カノジョの弱みを握ったら【6巻】感想

カノジョの弱みを握ったら

芹那を誤解してしまった慎太郎。
二人の関係が悪化してしまうのか…。ただ、今回は少しだけ慎太郎が気になりだしていく芹那が描かれていきます。やはり過去のビーナスで忘れられない男性は慎太郎のことだったのか。

二人の関係がどう進展していくのかはこの漫画最大の見所ですね。

そして動き出す凛々花。
慎太郎と結託して望月を出し抜く事は出来るのか…彼は既に凛々花の様子が少し違う事に気づいている模様。頭はキレそうな人物なので逆に返り討ちにあわないか心配ですね。

この漫画はエロ要素も豊富にありますが、ヒューマンドラマ部分もしっかりと力を入れている作品。エロ面白い内容なので気になった人は是非、チェック!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カノジョの弱みを握ったら」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

↓↓↓カノジョの弱みを握ったらのネタバレまとめてます↓↓↓
カノジョの弱みを握ったら【全巻ネタバレまとめ】最新巻から最終回まで追いかけて更新中!

-ヒューマンドラマ, 大人系, ラブストーリー

© 2022 スマ漫