ヒューマンドラマ 大人系 ラブストーリー

カノジョの弱みを握ったら【3巻ネタバレ】完璧美女の弱みが露わに…そして憧れ美女の誘惑!?

カノジョの弱みを握ったら

漫画「カノジョの弱みを握ったら」第3巻をご紹介!

今回は芹菜の弱点となる部分が明かされていく事へ。

そして慎太郎から乱暴に扱われた美葉はM体質が覚醒。さらに通信室には受付嬢の美女である凛々花が慎太郎へあるお願いへ。

身体を武器にして慎太郎を誘惑していく凛々花。主人公である慎太郎の理性もパーフェクトボディを見て崩壊。人間ドラマとエロスが絶妙なバランスで描かれていきます!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カノジョの弱みを握ったら」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

カノジョの弱みを握ったら
カノジョの弱みを握ったら【2巻ネタバレ】いじめてきた美女を股間で掌握していく主人公!

漫画「カノジョの弱みを握ったら」第2巻の見所や内容をご紹介! 今回の見所は慎太郎と美葉の濃厚過ぎる秘め事でしょう! 1回目は美葉リードで彼女の思うがままに食われる慎太郎。日を変えて2回目では立場を逆転 ...

カノジョの弱みを握ったら【3巻】ネタバレ

カノジョの弱みを握ったら

芹菜への怒りが脳内で爆発していく慎太郎。その怒りが美葉とのセ○クスでも出てします。髪を掴んで荒々しく腰を振る慎太郎。

『ちょっとこれは何のつもり?』

乱暴に扱われた美葉。
その真意を尋ねていく。冷静になってようやく自分がやらかしてしまった事に気づく。

場面転換。
芹菜の携帯にはあるメッセージを送信されてきていた。

『ヤッホー、セイ?ビーナスの事忘れてないよね?』

ビーナスとは風俗であり…芹菜はその店で過去に働いていた様子が匂わされていく。あの時のことは処理したはずだと頭を悩ませる芹菜。

同時期、会社には染谷樹里といった女性が訪れる。彼女は芹菜の専属秘書であった。

『私…樹里さんが来てくれて本当に良かった…』

対面して喜びのハグをする芹菜。
そして彼女はビーナスの件を知る者からメッセージが入った事を樹里に明かしていく。

落ち込む彼女を見て励ますと同時に犯人探しも行ってみる事を告げる樹里。頼もしい彼女を信用すると同時に事務所内を二人で見学していく事へ。

そんな見学中の二人に目をつけたのは望月であった。

『あの女…どこかで見た気が…』

樹里を見ると心のどこかに引っかかる望月。

場面は慎太郎へ。
美葉が自ら椅子に座って身体を拘束させていた。慎太郎に乱暴に扱われた事で彼女の中で眠っていたM気質の部分が覚醒していたのだ。

自分を乱暴に扱って見て欲しいと訴える美葉。

『正直…俺の趣味じゃないし…取り敢えずさっきみたいに芹菜だと思って…』

汚い言葉で美葉を攻めて股間を舐めさせようとしていく慎太郎。そんな時、通信室の扉がノックされていく。

訪問してきたのは受付嬢である凛々花であった。いつもは慎太郎の挨拶など無視する女性。それが何故、訪ねてきたのか…部屋には全裸で拘束状態の美葉もいる。

取り敢えず美葉をデスク下に隠れるように指示をして対応していく慎太郎。

『いきなり何の用?』

凛々花は美葉の隠れているデスクに腰掛けて本題に入っていく。彼女の用件は望月のパソコンから欲しい資料を奪って欲しいといった内容であった。

場面は望月へ。
彼は仲良くしている芹菜と樹里を尾行。どうしても樹里をどこで見たのか思い出そうとしていた。

『しかも…あの新人弁護士と親しげなのが妙に引っかかる…』

まずは樹里から探りを入れる事にする望月であった。

場面は再び慎太郎へ。
凛々花のお願いに対して困惑。簡単に受けてもらえない事は百も承知であった凛々花。慎太郎を呼び寄せてパンツを脱がして股間を露出。

(チュウッ…チュプ)

凛々花は慎太郎の股間をしゃぶっていく。気持ち良すぎて抗えない慎太郎。彼女は洋服、下着も脱いで彼の前で裸体を見せつけていく。

『遠慮せずに私の事…食べてください』

用件を引き受けてくれるなら私を抱いてもOKだとサインを出していく凛々花。

一方、望月は人事へ掛け合って樹里の人事資料を裏ルートで回してもらう手配をしていた。樹里の弱みを握って彼女を攻略しようといった魂胆であった。

裸体の凛々花を目の前にして理性が崩壊しそうな慎太郎。

彼にとって凛々花は自分の理想の身体付きをした女性であった。しかし、デスク下には隠れている美葉がいる。慎太郎は凛々花を試す言葉を突きつけていく。

『もし俺が断ったら…?』

慎太郎に襲われたと大声をあげると脅す凛々花。慎太郎にとって都合が良かった。脅されて仕方なく抱くしかなかったという言い訳を美葉に作れるからである。

状況が整った段階で遠慮なく凛々花を頂いていく慎太郎。

『ヤバイ!マジで気持ち良すぎる!』

凛々花も望月の魔の手から逃げる為に好きでもない男とエッチする事を耐えていく。そしてキスをおねだりしていく凛々花。

そんな時、ふとデスク下を見遣ると憤怒している美葉が覗いて来ていた。

『すみません…もう止められないんです』

美葉を無視して凛々花との続きを楽しんでいく慎太郎であった。ここで第3巻は終了。

カノジョの弱みを握ったら【3巻】感想

カノジョの弱みを握ったら

完璧な女性に思われた芹菜に対して唯一の弱点が明かされていく第3巻。まだ全容は明かされていないが状況を見ると芹菜は元風俗で働いてた様子が描かれていく。

そして大手弁護士事務所の悪徳弁護士である望月。

彼の呪縛から解き放たれたい凛々花が慎太郎へ協力を要請。身体を使って用件を聞いてもらう事へ。

本当に抱き心地が良さそうな凛々花の身体は男性読者なら必見。全フルカラーで艶のある身体を楽しむ事が出来ます。各々の思惑が交錯し始めていく法律事務所。

今後の展開も楽しみな作品なので是非、チェックしてみてくださいね!

\\ コミックシーモアでこの漫画の先行配信中! //

コミックシーモア公式へ

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カノジョの弱みを握ったら」と検索して絞り込み検索すると素早く作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
カノジョの弱みを握ったら【4巻ネタバレ】記憶頼りに行った風俗店で衝撃の対面が待っていた!?

-ヒューマンドラマ, 大人系, ラブストーリー

© 2021 スマ漫