スマホで読める漫画のあらすじ・感想サイト

スマ漫

ヒューマンドラマ

漫画「毒親を持った子供たち〜お母さん寒いよここにいて〜」ネタバレ!壮絶過ぎる毒親オムニバス漫画!

投稿日:

毒親を持った子供たち(2)

この漫画「女たちのサスペンス」である『毒親を持った子供たち』シリーズの2巻に値する作品。以前の作品は『毒親を持った子供たち〜幸せを呼ぶ赤ちゃんポスト〜』でした。

今回は以前にも増して毒親と子の心理を強く描いた作品。また表題作である「お母さん寒いよここにいて」はどうやら実話ベースでコミカライズした作品に仕上がっている模様。

この作品では毒親の生態、毒親に育てられる子供の壮絶な心理描写が魅力の一つ。内容は3人の作家さんが一つずつエピソードを描いており、全3作品が収録。バッドエンドもあれば親が改心してハッピーエンドで終わる内容もあり。

ではでは、収録されている3作品の内容を簡単にご紹介していきます!

漫画「毒親を持った子供たち〜お母さん寒いよここにいて〜」は電子書籍ストア「BookLive!」で先行配信中!無料試し読みも可能となっています。

漫画「毒親を持った子供たち〜お母さん寒いよここにいて〜」今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストア内の検索窓にて「毒親を持った子供たち」と入力して検索することで素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

漫画「毒親を持った子供たち〜お母さん寒いよここにいて〜」ネタバレ

お母さん寒いよここにいて

子供、親、児童相談所職員といった3名の視点から児童虐待を描いた実話ベースのエピソード。子供である「ルイ」は享年16歳。そこに至るまでの過程、心理などが子供と親とエピソードを別にして描かれていきます。

ルイは幼少期から16歳となる高校2年生まで虐待や満足な食事を与えてもらえず、育っていく。最後は高校生にもなって生理が来ないことを児童相談所の職員に指摘、アドバイスされて病院へ行きたいと母親に懇願するが浴室に閉じ込められてしまい…。

母親である祥子視点からでは、何故、自分の娘に愛情を注ぐことができなかったのか…。また彼女も過去に児童虐待の経験があった事など明かされていく。

祥子がルイを産んだのは20歳の時。しかし、望まずに産んだ子供だった。もともと子供に興味のなかった祥子であったが当時付き合っていた男性から出産をそそのかされて子供を授かることに。

しかし、その後、男は別の女と浮気して失踪。祥子からしてみれば望まない子供だったので愛情を注ぐ事ができず、また育児も上手に行えない事から虐待であったり、放置といった問題へ。

無責任過ぎる親への怒りと胸が痛くなるエピソードに仕上がっています。

マザーコンプレックス〜ただ、愛してほしかった〜

こちらは容姿端麗で産まれた我が子を小遣い稼ぎのネタにする親のエピソード。親となる飯田…彼女もまた昔から自分の親に愛されずに育ってきた1人。

母子家庭ながらバイトして生活を支える飯田だが、やはりバイトだけでは生活が苦しいのか自分の娘である聖羅を利用してポルノ写真をネットで販売。マニア達に売れて良いお小遣い稼ぎをしていく。

そんな中、バイト仲間でもある永山トモがやたらと飯田家族に親身となっていき、徐々に飯田の心にも変化が現れてくる内容。

最終局面は多額のお小遣い欲しさに娘を出汁にした写真撮影会を開催。ロリコン男達に弄ばれる娘を見て、娘への愛情や親心が芽生えて必死で聖羅を守る姿が…。

毒親から子を愛する真っ当な親へ改心するハッピーエンドな物語。

32本の動く針

ヒロインは「はるか」
冒頭で彼女に妹が誕生。しかし、妹が産まれてからはるかは姉妹格差を痛烈に感じるように。母親は妹ばかりに愛情を注いで、姉であるはるかにはまったく見向きもせず。

中学生になるとはるかは衝撃の事実を知ることに。妹が修学旅行でパスポートを取得する際、戸籍謄本を確認すると自分達が異母姉妹であった事が判明。はるかはようやく母親だと思っていた女が何故、自分に冷淡だったのか納得する事に。

そして成長するに連れて身体に原因不明の痛みを伴うようになっていくはるか。そして高校2年生の時、あまりの激痛に気を失って学校で倒れてしまう事に。

検査の結果…はるかの身体には大量の針が体内に埋め込まれている事が判明。はるかは直感で自分の身体に針を仕込んだのは義母だと確信を得ていきます。

そして幼少期から何かと、はるかの事を心配して登場してくるおばさん。はるかの入院中もどこから聞きつけたのか、何度もお見舞いにやってきます。おばさんが居る時に父親も入ってきて謎が解明。

実は昔からはるかを心配していたおばさんこそ、実のはるかの母親だったのです。

はるかの手術は成功。
同時に実母は義母がはるかに針を刺していて証拠を探し出して義母は逮捕。

退院後のはるかは実母と同居することにして幸せな日々を送っていく衝撃的だけど最後はハッピーエンドに繋がる物語となっています。

漫画「毒親を持った子供たち〜お母さん寒いよここにいて〜」感想

毒親を持った子供たち(2)

毒親と子の心理、関係性を如実に描いていく衝撃作品「毒親を持った子供たち」シリーズ。2巻に値する今巻ではエグく強烈なエピソードが多数収録。

親から愛されなかった子は親になると子を愛させないのか…難しいテーマをネタに各々の作家さんが描く毒親が衝撃的な作品でした。

作中の親を反面教師に出来たり、毒親の実態を垣間見ることができるシリーズ。胸が痛む場面もありながら、作中で暖かさを兼ね備えたエピソードもあり。興味が出た人は試し読みも可能なので是非、チェックしてみてください☆彡

毒親を持った子供たち(2)

毒親を持った子供たち(2)

漫画「毒親を持った子供たち〜お母さん寒いよここにいて〜」は電子書籍ストア「BookLive!」にて先行配信中!試し読みも可能です。

漫画「毒親を持った子供たち〜お母さん寒いよここにいて〜」を今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストア内の検索窓にて「毒親を持った子供たち」と入力して検索することで素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

-ヒューマンドラマ

Copyright© スマ漫 , 2019 AllRights Reserved.